海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

特別コラム&記事

特別コラム&記事(新着一覧)

2017.01.06
【コラム】内藤忍氏/ 為替レートが海外投資の成果を左右する1年に

column-80 明けましておめでとうございます。本年も、本コラムをどうぞよろしくお願いいたします。 新春ということで、2017年のマーケットに関する予想がメディアで出回っています。海外不動産投資に興味を持っている本コラムの読者の皆さまにとって...[記事全文]

2016.12.22
【コラム】内藤忍氏/ 新たな展開に入る新興国不動産投資

column-79 新興国不動産投資は、投資対象国が広がると同時に、完成前のプレビルド物件だけではなく、完成して賃貸が始まっている中古物件も増えてきて、新たなステージに入ってきたと言えます。 マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジアといったアジア...[記事全文]

2016.12.09
【コラム】内藤忍氏/ アメリカの利上げの新興国への影響

column-78 アメリカの利上げの可能性が高まってきました。12月2日に発表された11月米雇用統計では、非農業部門の雇用者数が前月比17万8000人増え、失業率は前月から0.3ポイント低い4.6%と、2007年8月以来の低水準となり、雇用情勢の好調...[記事全文]

2016.11.25
【コラム】通年7%成長に現実味!新政権移行後も絶好調のフィリピン経済

column-77 フィリピン統計庁(PSA)が今月17日に発表した2016年第3四半期(7~9月)の実質GDP成長率(速報値)は、前年同期比7.1%増となりました。事前の市場予想では、5月の大統領選挙に伴う特需(公共投資の前倒し等)の効果が剥落するこ...[記事全文]

2016.11.21
【コラム】内藤忍氏/ 現地に行くとリアルに見える!新興国不動産の投資環境

column-76 先月(2016年10月)プノンペンに行って、不動産物件を視察してきました。約1年ぶりに行ってみて感じたことは、街のあちこちがスタイリッシュに変化していることです。 「プノンペンの表参道」と私が勝手に名付けているボンケンコンワン...[記事全文]

2016.11.04
【コラム】内藤忍氏/ ドゥテルテ新比大統領の「等距離外交」

column-75 ドゥテルテ新大統領の外交政策がフィリピンの将来のリスクになる可能性について、私はどうやら見立てを少し修正する必要があると考えています。 ドゥテルテ大統領は10月下旬に中国を訪問し、その後続けて今度は日本を訪問。来日時には安倍首...[記事全文]

2016.10.19
【コラム】イスカンダル・プテリで無料シャトルバスが運行開始

johor-map-image01 マレーシア南部ジョホール州で進む壮大な都市開発プロジェクト「イスカンダル計画」。その旗艦エリアとして、高級コンドミニアムや国際金融センターを目指したオフィス街、世界各国の教育機関が集まる教育ハブなど様々な施設の開発が進む「イスカンダ...[記事全文]

2016.10.07
【コラム】内藤忍氏/ 海外不動産を国内融資で購入する方法

column-74 海外不動産はキャッシュを使って投資するものというのが今までの常識でしたが、それが非常識になりつつあります。日銀のマイナス金利政策によって運用難が続く金融機関。新しいマーケットの拡大を目指し、海外不動産への融資を始める動きが出てきてい...[記事全文]

2016.09.16
【コラム】大学進学者が増加するフィリピン、学生向け物件への投資に注目

column-73 経済成長に伴う所得の拡大や、海外出稼ぎ労働者(OFW)からの仕送りの増加で金銭的に余裕のある世帯が増えてきているほか、就職する上で「大卒」を最低条件としている企業も増えていることから、フィリピンでは大学進学者の増加が以前よりも顕著になっ...[記事全文]

2016.09.06
【コラム】不透明な外部環境も関係なし!好調さ際立つフィリピン経済

column-72 フィリピン統計庁(PSA)が発表した2016年第2四半期(4~6月)の実質国内総生産(GDP)成長率は、前年同期比で7.0%の増加と四半期ベースでは3年ぶりの高水準を記録。GDPの7割を占める個人消費が7.3%と高い伸びを示すなど、引き...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索