海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(フィリピン)

2017.02.22 NEW
フィリピン不動産大手SMプライム、16年は2桁の増収増益

フィリピンの不動産開発大手SMプライム・ホールディングスが21日発表した2016年通期の連結決算は、売上高が前年比12%増の798億ペソ(約1,791億円)、経常利益が同14%増の238億ペソとなった。モール部門や住宅部門など主力事業が好調...[記事全文]

2017.02.21 NEW
16年のフィリピン昇給率は5%、一律昇給からボーナスに軸

米系人事・財務コンサルティング大手のウイリス・タワーズワトソン(WTW)によると、フィリピンにおける平均昇給率の昨年実績は、当初見込みの6.0%を下回る5.0%となった。能力ベースの給与やボーナスが従業員のパフォーマンスを上げると考える企業...[記事全文]

2017.02.17
比不動産大手アヤラ、販売・賃貸共に好調で2桁の増収増益

フィリピンの不動産開発大手アヤラ・ランド(ALI)が発表した2016年通期決算は、売上高が前年比16%増の1,246億ペソ(約2,836億円)、純利益が同19%増の209億ペソとなった。複合開発による住宅やオフィスの販売、賃貸が共に堅調に推...[記事全文]

2017.02.17
ネット広告のフルスピード、セブに現地法人を設立

インターネット広告事業などを手掛けるフルスピードは16日、セブ州に現地法人を設立したと発表した。エンジニアが豊富なセブで人材を確保し、事業拡大につなげたい考えで、同拠点では主力事業であるアドテクノロジー(オンライン広告での配信や広告流通の技...[記事全文]

2017.02.16
SMモール、20年までにミンダナオ地方で5軒を開業へ

フィリピンの財閥SMグループ傘下の不動産開発・ショッピングモール運営大手SMプライム・ホールディングスは、2020年までにミンダナオ地方に5軒のショッピングモールを開業する考えであることを明らかにした。 SMプライムは、18年までに国...[記事全文]

2017.02.16
23年までに日本の地デジ全面導入へ、フィリピン政府方針

フィリピンの情報通信技術省は、2023年までに地上デジタル放送を全面導入する方針を示した。国の基準として採用している日本方式(ISDB-T方式)を通じて、テレビを所有する1,400万以上の世帯を地デジへ移行させる。 日本方式の採用で画...[記事全文]

2017.02.16
16年12月の在外フィリピン人送金額、過去最高の25.6億ドル

フィリピン中央銀行は15日、2016年12月のフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)を含む在外フィリピン人からの送金額(銀行経由のみ)が、前年同月比3.6%増の25億5,900万ドル(約2,930億円)だったと発表。世界経済の回復を背景に、...[記事全文]

2017.02.16
マニラ首都圏のオフィス賃料、今年はオンラインカジノの増加で7%超上昇も

米系不動産サービス大手コリアーズ・インターナショナルによると、IT・ビジネス・プロセス・マネジメント(BPM)企業に加え、昨年第4四半期(10~12月)からオンライン・カジノ運営会社による需要が急増。オンライン・カジノ運営会社は高額の賃料を...[記事全文]

2017.02.15
フィリピン国民の生活楽観度、高水準を維持

フィリピンの民間調査会社ソーシャル・ウェザー・ステーション(SWS)は14日、昨年12月に実施した国民の暮らし向きに関する調査で、向こう1年間の生活楽観度指数が45だったと発表。前回(昨年9月)の43を上回り、高水準を維持した。 同調...[記事全文]

2017.02.15
マニラ首都圏のコンドミニアム販売、16年は25%増

米系不動産サービス大手のコリアーズ・インターナショナル・フィリピンによると、2016年のマニラ首都圏のコンドミニアムの販売戸数は、国民所得の拡大や低金利に支えられ、前年比25%増の約3万8,800戸に拡大した。 販売の好調を受けて価格...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索