海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(フィリピン)

2017.11.17 NEW
フィリピンのGDP成長率、7~9月は6.9%に加速

フィリピン統計庁(PSA)が16日に発表した今年第3四半期(7~9月)の実質GDP成長率(速報値)は、前年同期比6.9%となり、前期の6.7%(改定値)から0.2ポイント加速した。半導体関連を中心に輸出が好調で、輸出から輸入を差し引いた純輸...[記事全文]

2017.11.16 NEW
比財閥系JGサミット、セブで大型複合開発を計画

セブ市のオスメーニャ市長は、財閥ゴコンウェイ・グループの持ち株会社JGサミット・ホールディングスが、南部の埋め立て地「サウス・ロード・プロパティーズ(SRP)」での複合開発事業を市政府に打診していると明らかにした。事業費は180億ペソ(約3...[記事全文]

2017.11.16 NEW
中国政府、フィリピンのインフラ整備などに73億ドルを支援

フィリピンの財務省は14日、中国政府がインフラ整備の優先事業などへの約73億4,000万ドル(約8,291億円)の借款と無償資金協力を確約したと明らかにした。フィリピン政府のインフラ開発10事業に71億9,000万ドルの借款、マニラ首都圏の...[記事全文]

2017.11.10
フィリピン中銀が25会合連続で政策金利を据え置き

フィリピン中央銀行は9日、金融委員会の政策決定会合で翌日物貸出金利(OLF)を3.5%、翌日物借入金利(RRP)を3.0%、翌日物預金金利(ODF)を2.5%に据え置いた。据え置きは14年9月以来、25会合連続となる。また、預金準備率も現行...[記事全文]

2017.11.10
フィリピンの財閥DMCI、1~9月は2桁増益

フィリピンの財閥コンスンジ系DMCIホールディングスが発表した2017年1~9月期の連結決算は、純利益が前年同期比19%増の117億ペソ(約259億円)だった。発電・石炭、不動産、建設、ニッケル採掘が好調だった。 部門別の純利益は、発...[記事全文]

2017.11.10
韓国ODA、比インフラ整備に17億ドルを融資

フィリピン財務省は8日、韓国からインフラ整備事業への政府開発援助(ODA)として17億ドル(約1,935億円)の融資と700万ドルの無償支援を取り付けたと発表した。来週にフィリピンで開催される東南アジア諸国連合(ASEAN)の首脳会議に合わ...[記事全文]

2017.11.09
比不動産大手3社は増収増益、賃貸・販売ともに好調

フィリピンの不動産大手3社の1~9月期決算が出そろい、各社ともに不動産開発、商業施設の賃貸など主力事業が好調なことが示された。最大手のアヤラ・ランド(ALI)は、売上高が前年同期比16%増の989億ペソ、純利益が18%増の178億ペソだった...[記事全文]

2017.11.08
米BPO企業iQorがフィリピン事業を拡大、2拠点を開所

米ビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)企業のiQorはこのほど、フィリピン事業を拡大するため、ラグナ州サンタロサ市、西ネグロス州バコロド市に新たなコンタクトセンターを開設した。同社は、フィリピンが世界有数の英語圏で、識字率が高く、...[記事全文]

2017.11.07
マニラ首都圏のNAIA高速道、BGCまで延伸へ

フィリピンの財閥サンミゲル・コーポレーション(SMC)はこのほど、マニラ首都圏で運営する高速道路4本の延伸計画を道路料金統制委員会(TRB)に提出した。SMCのラモン・アン社長兼最高執行責任者(COO)によると、延伸を予定しているニノイ・ア...[記事全文]

2017.11.02
マニラ首都圏の地下鉄計画、1000億円の円借款供与を事前通報

安倍晋三首相とフィリピンのドゥテルテ大統領は10月30日に官邸で会談し、マニラ首都圏の地下鉄計画(フェーズ1)の第1期など2案件の円借款供与(合計限度額1,139億2,900万円)について事前通報を行った。両国政府は、今月中旬に予定される安...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索