海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(タイ)

2017.01.20 NEW
シラチャにデジタルパーク開発へ、税制優遇を付与

タイのピチェート・デジタル経済社会相は19日、政府が東部チョンブリ県シラチャで開発を計画しているハイテク・IT企業向けの工業団地「デジタル・パーク・タイランド」への企業誘致促進を目的として、税制優遇策を検討していると明らかにした。 デ...[記事全文]

2017.01.19 NEW
タイの住宅開発大手AP、需要拡大を見込み年内に20件を開発へ

タイの住宅開発大手APのアヌポン最高経営責任者(CEO)は、景気回復に伴う住宅需要の拡大を見込み、年内に20件の新規事業に着手する計画であることを明らかにした。販売総額は350億バーツ(約1,120億円)となる。 内訳は、低層住宅が1...[記事全文]

2017.01.19 NEW
タイの小売り大手ビッグC、年内にコンビニを800店に倍増へ

タイの大手財閥TCCグループの総合商社バーリ・ユッカー傘下で、ハイパーマーケット(大型小売店)などを展開する小売り大手ビッグCスーパーセンターは今年、新規出店に約100億バーツ(約320億円)を投じる計画を明らかにした。 最も重点的に...[記事全文]

2017.01.18 NEW
富士重工業がタイに工場を開設へ、19年に現地生産開始

「スバル」ブランドで自動車を製造・販売している富士重工業は17日、提携先のタンチョン・グループとタイに合弁会社を設立し、2019年に自動車の組立工場を稼働すると発表した。 富士重工業とタンチョンは現在、東南アジア諸国連合(ASEAN)...[記事全文]

2017.01.13
格安航空ピーチが那覇~バンコク線を就航へ、初の東南アジア路線

全日本空輸などが出資する格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションは12日、那覇~バンコク(スワンナプーム国際空港)線の運航を来月19日から開始すると発表した。同社にとって東南アジアに乗り入れる路線は初となる。 週7便の運航で、往...[記事全文]

2017.01.12
17年のタイGDP成長率見通しを大幅に上方修正、世界銀行

世界銀行は10日に発表した最新の世界経済見通しの中で、タイの2017年GDP成長率を3.2%と予測。16年6月時点の2.6%から大幅に上方修正した。上方修正の理由として、消費者信頼感の改善や金融緩和、公共インフラ投資などを挙げている。また、...[記事全文]

2017.01.10
バンコク首都圏の商業施設、17年は14軒が新規開業の見通し

米系不動産コンサルタントのコリアーズ・インターナショナル・タイランドによると、今年はバンコク首都圏で14軒の商業施設が開業する見通し。年内に開業する14軒のうち、5軒が大型ショッピングモール、7軒が小規模モール(コミュニティーモール)、1軒...[記事全文]

2017.01.10
タイでモノレールの新設を計画、プーケットやチェンマイなど3県で

タイのスウィット首相府相は、北部チェンマイ、東北部コンケン、南部プーケットの3県でモノレールを建設する計画を明らかにした。渋滞緩和や観光振興、地方経済の活性化などが目的で、地方18県の「産業クラスター政策」の一環として実施する。 プー...[記事全文]

2017.01.06
17年の訪タイ外国人旅行者数は目標3430万人、観光庁

タイ政府観光庁(TAT)は4日、2017年の旅行者数と観光収入の目標を発表。タイを訪れる外国人旅行者は前年比5.5%増の3,430万人、タイ人の国内旅行者数は6.2%増の1,540万人、観光収入は10%増の2兆7,700億バーツ(約9兆円)...[記事全文]

2017.01.05
タイ財務局、バンコク東郊に高齢者向け複合施設を開発へ

タイ財務省財務局のチャクリット局長は、バンコク東郊サムットプラカン県バンプリー郡で高齢者向けの複合施設を開発する計画を進めていることを明らかにした。70ライ(11.2ヘクタール)以上の国有地を活用し、高齢者向け住宅や医療施設などを建設。医療...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索