海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(タイ)

2018.06.21 NEW
スワンナプーム国際空港、2021年にも第2ターミナルを開設へ

タイ国営の空港運営企業エアポーツ・オブ・タイランド(AOT)は20日の理事会で、バンコク郊外にあるスワンナプーム国際空港に第2ターミナルを建設するための、約420億バーツの投資予算を承認した。第2ターミナルは2021年の完成見込んでおり、完...[記事全文]

2018.06.19 NEW
タイ、土地建物税の導入を2020年に延期へ

タイの国家立法議会(NLA)は、来年に予定していた固定資産税に相当する土地建物税法案の施行を、2020年に延期するよう政府に提案する見通し。軍事政権が来年2月に民政移管に向けた総選挙を実施する方針を示している中、現政権内でも重要法案の施行は...[記事全文]

2018.06.14
スターバックス、バンコクの商業施設に国内最大の旗艦店を開業

スターバックス・コーヒーは、タイ進出20周年を記念し、バンコク中心部の大型商業施設「セントラル・ワールド」に国内最大の旗艦店「スターバックス・リザーブ・バー」を開業した。店舗面積760m2、席数230席の新店舗では、通常メニューのほか、全米...[記事全文]

2018.06.13
積水化学工業、タイの一戸建て分譲事業に参入へ

積水化学工業は12日、タイの住宅開発大手プロパティー・パーフェクト(PF)と合弁会社「PF-Sekisui JV Co., Ltd.」を設立し、同国の一戸建て分譲事業に参入することを明らかにした。土地情報収集力が高く、分譲地開発・販売ノウハ...[記事全文]

2018.05.30
大林組、バンコク都心でオフィスビル建設へ

ゼネコン大手・大林組のタイ現地法人であるタイ大林は、約300億円を投じてバンコクのクロントイ地区にオフィスビルを建設すると発表した。完成は2021年を見込んでいる。 高架鉄道(BTS)の駅と直結する同ビルは、地上29階、地下4階、延べ...[記事全文]

2018.05.28
JALUX、バンコク初の日本産食材卸売市場を6月9日に開業へ

双日や日本航空(JAL)が出資する商社「JALUX」は6月9日、タイに設立した合弁会社を通じ、同国初となる日本産食材の卸売市場「トンロー日本市場」をバンコクのソイ・トンロー13にある日本村モール内で開業する。専有面積700m2の市場では、日...[記事全文]

2018.05.25
バンコクのコンド価格上昇率、トンロー地区が過去5年で最大

タイの不動産コンサルタント会社「Nexus Property Marketing Co.」の調査によると、過去5年間でトンロー地区とスクンビット・ソイ39のコンドミニアム価格は、1m2当たり183,000バーツから255,000バーツへと4...[記事全文]

2018.05.22
18年第1四半期のタイGDP成長率は4.8%、5年ぶりの高水準

タイ国家経済社会開発委員会(NESDBによると、2018年第1四半期(1~3月)の実質GDP成長率は前年同期比4.8%増となり、過去20四半期で最も高い伸び率となった。輸出や民間消費が引き続き堅調だったほか、農業生産や投資の回復も追い風とな...[記事全文]

2018.04.25
タイ小売り大手セントラル、国内初の本格アウトレットモールを開業へ

タイの小売り大手セントラル・グループの不動産開発会社セントラル・パタナーは、バンコク東郊のスワンナプーム国際空港近くに、国内初の本格的なアウトレットモール「セントラル・ビレッジ」を開発する計画を明らかにした。 16ヘクタールの敷地に売...[記事全文]

2018.03.13
バンコク都心のオフィス賃料が過去最高、入居率は9割超で高止まり

米系不動産仲介大手CBREタイランドが発表した2017年第4四半期(10~12月)のオフィス市況レポートによると、中心業務地区(CBD)のグレードA(最上級)の1m2当たり月額平均賃料は、前年同期比4.3%増の994バーツ(約3,380円)...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索