海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(カンボジア)

2017.01.17 NEW
カンボジアで空港新設が加速、航空需要の拡大に対応

カンボジア民間航空局(SSCA)は、国内の複数ヵ所で新空港の建設を加速させる方針。将来的な国際線発着枠の拡大に伴う就航便の増加や、日本や中国などからの観光客増加に対応する狙い。 カンボジア政府は、首都プノンペンの中心部から30~40k...[記事全文]

2017.01.16 NEW
17年も7%成長維持を予測、カンボジア中銀

カンボジア中央銀行は11日発表した最新の経済レポートの中で、2017年のGDP成長率が約7%になると予測し、過去6年間と同水準の成長を維持するとの見方を示した。 堅調な経済成長が続く要因としては、「包括的な構造改革」、「東南アジア域内...[記事全文]

2017.01.04
カンボジア中銀、17年のGDP成長率を約7%と予測

カンボジア中央銀行は、最新の報告書「マクロ経済の進展・2016年の金融業界・2017年予測」の中で、17年のGDP成長率が前年の伸び率と同様の約7%を維持すると予測した。16年の海外からの直接投資額はGDPの約10%を占めた一方で、消費者物...[記事全文]

2016.12.27
イオンがカンボジアに小型スーパーを展開、19年末に26店舗体制へ

小売り大手イオンは、2017年2月頃をめどにカンボジアの首都プノンペン北部で小型スーパー「マックスバリュ・エクスプレス」の1号店を開業する。場所は、首都中心部のボンケンコン地区に次いで、中間所得層や外国人が多く住むトゥールコック地区。生鮮食...[記事全文]

2016.12.21
中国企業16社、カンボジアに旅行用品工場の設置を検討

カンボジア縫製協会(GMAC)のカイン・モニカ事務次長は、かばんなど旅行用品を製造する中国企業16社がカンボジア進出を検討していることを明らかにした。同氏によると、すでに各社は工場建設に向けた調査の最終段階に入っているという。 中国企...[記事全文]

2016.12.19
米ホテル運営大手マリオット、カンボジアでのホテル運営に参入へ

米ホテル運営大手マリオット・インターナショナルは、2017年4月にもカンボジアの観光都市シェムリアップに5つ星ホテル「コートヤード・バイ・マリオット・シェムリアップ・リゾート」(客室数233室)を開業し、同国でのホテル運営に参入する。 ...[記事全文]

2016.12.19
プノンペン中心部で地下モール建設へ、事業化調査を開始

カンボジア・プノンペンの中心部にあるフリーダムパーク(民主の広場)近くで、地下ショッピングモールの建設に向け、事業化調査が実施されていることが明らかとなった。マレーシアの駐車場運営会社の子会社エディシジュタ・カンボジアが提案している同プロジ...[記事全文]

2016.12.12
プノンペンの高層ビル「エクスチェンジ・スクエア」が17年1~3月に開業へ

不動産開発・投資を手掛ける香港ランドがカンボジアの首都プノンペンで開発を進めている高層ビル「エクスチェンジ・スクエア」(延べ床面積1万8,000㎡)が、2017年1~3月にも開業する見通し。 同物件は、仏教寺院「ワット・プノン」やアメ...[記事全文]

2016.12.02
中古品販売のハードオフ、カンボジア1号店をプノンペンにオープン

ハードオフコーポレーションは9日、カンボジアの首都プノンペンに中古品販売店「モッタイナイワールド エコタウン ノースブリッジ店」を出店する。同国での店舗展開は初となる。売り場面積は560㎡で、古着や食器、雑貨、家具、スポーツ用品などを取り扱...[記事全文]

2016.12.01
プノンペンの新興都市開発、第1期がまもなく完工

カンボジアの複合企業オーバーシーズ・カンボジア・インベストメント(OCIC)は、首都プノンペンのルセイケオ区で開発を進める新興都市「クロイ・チャングバー・サテライト・シティー」の第1期工事が近く完了することを明らかにした。同プロジェクトでは...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索