海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(カンボジア)

2018.01.15
プノンペン郊外に新国際空港を建設へ、観光客の増加に対応

カンボジア政府は、首都プノンペン郊外のカンダル州タカマオ市にある2600ヘクタールの敷地に、新たな国際空港を建設すると発表した。投資額は15億ドル(約1,650億円)程度を想定しており、空港の規模としては世界遺産アンコールワット近くのシェム...[記事全文]

2018.01.12
カンボジア中銀、18年のGDP成長率を6.9%と予測

カンボジア中央銀行はマクロ経済の安定や構造改革の進展などを背景に、2018年のGDP成長率が6.9%と高水準を維持するとの予測を示した。カンボジアの主要産業である縫製業で、欧米の一般特恵関税制度(GSP)の利用や、日本・カナダへの輸出増を通...[記事全文]

2017.12.07
カンボジアの行政都市開発エリアに高さ600mの超高層ビル建設へ

カンボジア建設省は、同国の首都プノンペン郊外で進められる行政都市開発プロジェクト「サムデク・テチョ・フン・セン・ドラゴンシティー」の一環として、高さ600mに上る超高層ビルの建設を検討していることを明らかにした。同ビルの建設が実現すれば、東...[記事全文]

2017.12.05
プノンペン近郊の衛星都市計画、第4期開発がスタート

カンボジアの首都プノンペン北西部で衛星都市開発計画「グランド・プノンペン・インターナショナル・シティー(GPPIC)」が進む中、第4期開発の一環としてフラット式住宅など300戸の建設が今月2日に開始された。第4期開発では住宅のほか、プールや...[記事全文]

2017.11.17
アスコット、カンボジアに初のサービスレジデンスを開業

シンガポール政府系不動産開発会社キャピタランド傘下のサービスアパート運営大手アスコットは、カンボジアの首都プノンペンの新興開発地区であるダイヤモンド島に、サービスレジデンス「CASA Meridian Residence」を開業した。35階...[記事全文]

2017.11.06
プノンペン中心部に78階建て高層ビルの開発計画が浮上

不動産デベロッパーのユエンチャン・カンボジアは、首都プノンペン中心部のチャムカーモン地区に78階建ての高層商業ビル「グローリー」を建設する計画を明らかにした。総事業費は約2億ドル(約230億円)で、2018年末の着工、2023~24年の完成...[記事全文]

2017.10.31
プノンペンの新カジノ施設「ナガワールド2」が一部開業

カンボジアでカジノ施設「ナガワールド」を運営する香港の金界控股(ナガコープ)は29日、ナガワールド近くに建設した新カジノ施設「ナガワールド2」を一部開業した。投資額は3億6,900万ドル(約419億円)で、賭博設備が500台、ホテルの客室が...[記事全文]

2017.10.12
シェムリアップに大型商業施設を開業へ、18年初めにも

カンボジア北西部シェムリアップ州で、大型商業施設「ザ・ヘリテージ・ウォーク」が来年初めに一部開業する見通し。同施設は国道6号線とオウム・チャイ通りの交差点付近に位置し、世界遺産のアンコール遺跡郡や繁華街からも近い。敷地面積は約1ヘクタール、...[記事全文]

2017.09.11
リンガーハット、カンボジア1号店をプノンペンに開業

外食チェーン大手のリンガーハットは8日、カンボジアの首都プノンペンにあるイオンモール内に1号店を開業した。めんやスープ、餃子などは日本から輸入するものの、売価は上げない方針で、主力の「長崎ちゃんぽん」は小サイズで3.6ドル、餃子は2.9ドル...[記事全文]

2017.09.01
カンボジアに不動産専門家の育成校を設立へ、2019年開校を目指す

カンボジア不動産鑑定士・不動産業者協会(CVEAA)は、不動産業界の専門家育成校の設立に向け、マレーシア工科大学(UTM)と提携した。2019年初めの開校を目指す。UTMが作成したカリキュラムを使用し、まず幹部クラスを育成。その後、育成した...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索