海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(米国本土)

2018.06.14
米FRBが利上げを決定、年内の利上げ予測を計4回に上方修正

米連邦準備理事会(FRB)は13日まで開催した連邦公開市場委員会(FOMC)で、政策金利となるフェデラル・ファンド・レート(FFレート)の誘導目標を0.25ポイント引き上げ、1.75~2.00%にすることを決定した。利上げは3ヵ月ぶりで、2...[記事全文]

2018.03.12
2月米雇用統計、非農業部門就業者が1年7ヵ月ぶりの大幅な伸び

米労働省が9日に発表した2月の雇用統計は、景気動向を敏感に映す非農業部門就業者数が前月比31万3,000人増となり、2016年7月以来、1年7ヵ月ぶりの大幅な伸びを示した。その他、失業率は前月比横ばいの4.1%と17年ぶりの低水準を維持した...[記事全文]

2018.02.05
1月の米雇用統計、賃金が2009年6月以来の高い伸び

米労働省が2日に発表した1月の雇用統計は、景気動向を敏感に映す非農業部門就業者数が前月比20万人増となり、市場予想の18万人増を上回った。また、失業率は前月と変わらず4.1%で、17年ぶりの低水準を維持した。 その他、FRB(連邦準備...[記事全文]

2018.02.02
全米で最も資産価値の高いモールにアラモアナセンターが選出

米リサーチ会社Boenning&Scattergoodの調査によると、ハワイ州にある「アラモアナ・センター」の資産価値は57億4000万ドルとなり、全米で最も資産価値の高い不動産投資信託(REIT)所有のモールとなったことが分かった。以下、...[記事全文]

2018.01.26
10月の米S&Pケースシラー住宅価格指数は6.4%上昇、14年7月以来の伸び

米S&Pダウ・ジョーンズ・インディシーズが発表した10月のS&Pコアロジック・ケース・シラー住宅価格指数(主要20都市)は、前年同月比6.4%上昇した。指数は20都市全てで上昇しており、上昇率が最も高かったのはシアトルの12.7%だった。販...[記事全文]

2017.12.28
11月の米中古住宅販売保留、11月は雇用改善を追い風に0.2%上昇

全米リアルター協会(NAR)が公表した11月の米中古住宅販売保留は、前月比0.2%増の109.5となった。堅調な経済を背景に雇用改善が続く中、事前予想のマイナス0.4%を上回る結果となった。 中古住宅販売保留とは、売買契約は成立してい...[記事全文]

2017.12.27
10月の米ケースシラー住宅価格指数は6.4%上昇、14年7月以来の高い伸び

米S&Pダウ・ジョーンズ・インディシーズによると、10月のS&Pコアロジック・ケース・シラー住宅価格指数(主要20都市)は、前年同月比6.4%上昇し、2014年7月以降で最大の伸びとなった。指数は20都市全てで上昇し、上昇率はシアトルの12...[記事全文]

2017.12.20
米住宅着工件数、11月は1年1ヵ月ぶりの高水準

米商務省が19日に発表した11月の住宅着工件数は、年率換算で前月比3.3%増の129万7000戸(季節調整済み)となり、2016年10月以来、1年1ヵ月ぶりの高水準となった。内訳を見ると、米不動産市場で最も大きなシェアを誇る一戸建て住宅の着...[記事全文]

2017.10.26
米新築戸建て住宅販売、9月は18.9%増加し10年ぶりの高水準

米商務省が公表した9月の新築一戸建て住宅販売件数(季節調整済み、年率換算)は前月比18.9%増の66万7,000戸となり、2007年10月以来約10年ぶりの高水準となった。北東部が約9年半ぶりの高水準、南部が2007年7月以来の高水準となる...[記事全文]

2017.09.21
米FRBが保有資産の縮小を決定、10月から段階的に

米連邦準備理事会(FRB)は20日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、2008年の金融危機後に導入した量的緩和政策を完全に終了し、保有資産の縮小に踏み出すことを決定した。08~14年に購入した米国債などの保有量を10月から段階的に減らして...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索