海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(金融・経済)

2017.11.22 NEW
マレーシア経済研究所、今年の成長率予想を5.6%に上方修正

政府系シンクタンクのマレーシア経済研究所(MIER)は21日、マレーシアの今年の実質GDP成長率予測を先月の発表から0.2ポイント上方修正し、5.6%とした。7~9月の成長率が、予想を上回る6.2%だったことを反映した。ザカリア・アブドゥル...[記事全文]

2017.11.22 NEW
10月の訪タイ外国人旅行者は20.9%増、今年最高の伸び

タイ観光・スポーツ省は20日、10月にタイを訪れた外国人旅行者数が前年同月比20.9%増の272万3,971人だったと発表した。プラス成長は8ヵ月連続で、伸び率は今年最高となった。外国人旅行者数を国・地域別にみると、中国が69.8%増の80...[記事全文]

2017.11.21 NEW
7~9月のタイGDP成長率は4.3%、4年半ぶり高成長

タイ国家経済社会開発委員会(NESDB)が20日発表した2017年第3四半期(7~9月)のGDP成長率は、実質ベースで前年同期比4.3%増加した。成長率が4%を超えるのは、13年第1四半期(5.2%)以来、4年半ぶりとなる。需要面では輸出の...[記事全文]

2017.11.20 NEW
7~9月マレーシアGDP成長率は6.2%、約3年ぶりの高水準

マレーシア中央銀行が17日に発表した、2017年7~9月期(第3四半期)のGDP成長率は、物価変動の影響を除いた実質で前年同期比6.2%となり、14年第2四半期以降、約3年ぶりの高成長を記録した。中銀のムハンマド総裁は会見で、高い成長率を達...[記事全文]

2017.11.17
フィリピンのGDP成長率、7~9月は6.9%に加速

フィリピン統計庁(PSA)が16日に発表した今年第3四半期(7~9月)の実質GDP成長率(速報値)は、前年同期比6.9%となり、前期の6.7%(改定値)から0.2ポイント加速した。半導体関連を中心に輸出が好調で、輸出から輸入を差し引いた純輸...[記事全文]

2017.11.14
マレーシア企業の18年昇給率、管理職は平均5.53%の見通し

マレーシア経営者連盟(MEF)が10日に発表した調査結果によると、2018年に会員企業が見込む平均昇給率は、管理職が5.53%、非管理職が5.42%となった。また、18年の賞与額の見通しをみると、管理職が平均2.14ヵ月分で、17年の2.0...[記事全文]

2017.11.13
シンガポール富裕層人口、16年は6%増の11万人で過去最高

仏コンサルティング大手キャップジェミニが発表した「アジア太平洋資産報告書2017」によると、投資可能資産を100万ドル(約1億1,400万円)以上保有するシンガポールの個人富裕層の人口は、2016年に前年比6.0%増の10万9,800人とな...[記事全文]

2017.11.10
フィリピン中銀が25会合連続で政策金利を据え置き

フィリピン中央銀行は9日、金融委員会の政策決定会合で翌日物貸出金利(OLF)を3.5%、翌日物借入金利(RRP)を3.0%、翌日物預金金利(ODF)を2.5%に据え置いた。据え置きは14年9月以来、25会合連続となる。また、預金準備率も現行...[記事全文]

2017.11.10
韓国ODA、比インフラ整備に17億ドルを融資

フィリピン財務省は8日、韓国からインフラ整備事業への政府開発援助(ODA)として17億ドル(約1,935億円)の融資と700万ドルの無償支援を取り付けたと発表した。来週にフィリピンで開催される東南アジア諸国連合(ASEAN)の首脳会議に合わ...[記事全文]

2017.11.10
マレーシア中銀、政策金利を据え置くも先行きの利上げには含み

マレーシア中央銀行は9日に開いた金融政策会合で、翌日物政策金利(OPR)を3.00%に据え置いた。中銀は声明で、世界経済は堅調に推移していると指摘。先進諸国では経済活動の鈍化が解消し、アジア諸国では国内活動と強い外需による成長が見込まれると...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索