海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(新着一覧)

2017.01.18 NEW
17年のフィリピン経済成長予測を6.8%に上方修正、IMF

国際通貨基金(IMF)は16日に発表した最新の世界経済見通しの中で、2017年におけるフィリピンのGDP成長率を6.8%と予想し、前回予想(16年10月)から0.1ポイント引き上げた。 IMFフィリピン代表のシャナカ・ペイリス氏は、フ...[記事全文]

2017.01.18 NEW
11月の在外フィリピン人送金額、18%増の22億ドル

フィリピン中央銀行によると、2016年11月のフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)を含む在外フィリピン人からの送金額(銀行経由のみ)は、前年同月比18.5%増の22億1,700万ドル(約2,532億円)となった。ホリデーシーズンを前に、ア...[記事全文]

2017.01.18 NEW
10月の訪比外国人旅行者は7%増の44.3万人、欧米客が堅調

フィリピン観光省によると、2016年10月に同国を訪れた外国人(在外フィリピン人を含む)旅行者数は、前年同月比7.5%増の44万3,025人だった。上位10ヵ国・地域をみると、韓国が前年同月比10.2%増の11万2,508人で最多となった。...[記事全文]

2017.01.18 NEW
富士重工業がタイに工場を開設へ、19年に現地生産開始

「スバル」ブランドで自動車を製造・販売している富士重工業は17日、提携先のタンチョン・グループとタイに合弁会社を設立し、2019年に自動車の組立工場を稼働すると発表した。 富士重工業とタンチョンは現在、東南アジア諸国連合(ASEAN)...[記事全文]

2017.01.17
16年1~11月の訪星外国人旅行者数は7.9%増の1,489万人、中国がけん引

シンガポール政府観光局(STB)が発表した2016年1~11月期の観光統計によると、外国人旅行者数は前年同期比7.9%増の1,489万4,559人だった。国・地域別では、中国が36.1%増の263万7,240人で首位。2位はインドネシアで5...[記事全文]

2017.01.17
カンボジアで空港新設が加速、航空需要の拡大に対応

カンボジア民間航空局(SSCA)は、国内の複数ヵ所で新空港の建設を加速させる方針。将来的な国際線発着枠の拡大に伴う就航便の増加や、日本や中国などからの観光客増加に対応する狙い。 カンボジア政府は、首都プノンペンの中心部から30~40k...[記事全文]

2017.01.16
英金融大手HSBC、フィリピンの17年GDP成長率予想を上方修正

英金融大手HSBCはこのほど発表したレポートで、2017年におけるフィリピンのGDP成長率予想を6.5%とし、従来の6.3%から0.2ポイント上方修正した。HSBCは、フィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)からの送金が堅調なことに支えられ、...[記事全文]

2017.01.16
マレーシアをイスラムファンドのハブに、5ヵ年計画を発表

マレーシアのジョハリ・アブドゥル・ガニ第2財務相は12日、2021年までにイスラムファンドの世界的ハブを目指すとする5ヵ年計画を発表した。「イスラムファンド・資産管理青写真」と題した計画は、(1)イスラムファンドの世界的ハブとしてのマレーシ...[記事全文]

2017.01.16
17年も7%成長維持を予測、カンボジア中銀

カンボジア中央銀行は11日発表した最新の経済レポートの中で、2017年のGDP成長率が約7%になると予測し、過去6年間と同水準の成長を維持するとの見方を示した。 堅調な経済成長が続く要因としては、「包括的な構造改革」、「東南アジア域内...[記事全文]

2017.01.13
一風堂、持ち帰り用店舗「黒帯」をシンガポールに初出店

シンガポールでラーメン店を展開する一風堂シンガポールは13日、中心部にカジノ統合型リゾート(IR)「マリーナ・ベイ・サンズ」内の商業施設「ザ・ショップス」に、持ち帰り用店舗「黒帯」を正式オープンする。黒帯ブランドでの出店は、アメリカに続く2...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索