海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(新着一覧)

2018.02.05
米コンビニ「サークルK」、カンボジア1号店を開業

アメリカのコンビニエンスストア「Circle K(サークルK)」は1日、カンボジア1号店をプノンペンのトゥール・コック地区に正式オープンした。サークルKのカンボジアにおけるフランチャイズ権を持つ地場企業TH CSVグループのノルム・トン社長...[記事全文]

2018.02.02
全米で最も資産価値の高いモールにアラモアナセンターが選出

米リサーチ会社Boenning&Scattergoodの調査によると、ハワイ州にある「アラモアナ・センター」の資産価値は57億4000万ドルとなり、全米で最も資産価値の高い不動産投資信託(REIT)所有のモールとなったことが分かった。以下、...[記事全文]

2018.02.01
タイ財務省、18年のGDP成長率見通しを4.2%に上方修正

タイ財務省財政政策室(FPO)はこのほど、今年のGDP成長率見通しを従来の3.8%から4.2%に引き上げた。GDPの7割を占める輸出の見通しを5.7%から6.6%に上方修正したほか、政府によるインフラ整備の本格化を受けた公共投資や、最低賃金...[記事全文]

2018.01.31
グローバルMBAランキング、シンガポール国立大が18位に浮上

英経済紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が29日発表した「FTグローバルMBAランキング」(2018年版)で、シンガポール国立大学(NUS)は18位と、前年の26位から大きくランクアップした。その他、トップ100にはシンガポールから、南洋工...[記事全文]

2018.01.30
17年の外国直接投資流入額、シンガポールは世界8位

国連貿易開発会議(UNCTAD)がまとめた2017年の外国直接投資(FDI)によると、シンガポールのFDI流入額は推定580億ドル(約6兆3,220億円)で世界8位となり、アジアでは中国(1,440億ドル)、香港(850億ドル)に次ぐ3位だ...[記事全文]

2018.01.26
マレーシア中銀、政策金利を3.25%に利上げ

マレーシア中央銀行は25日に開催した金融政策委員会で、政策金利を3.00%から3.25%に引き上げることを決定した。利上げは2014年7月以来となる。17年第3四半期(7~9月)のGDP成長率が6.2%と、約3年ぶりの高い伸びを記録するなど...[記事全文]

2018.01.26
10月の米S&Pケースシラー住宅価格指数は6.4%上昇、14年7月以来の伸び

米S&Pダウ・ジョーンズ・インディシーズが発表した10月のS&Pコアロジック・ケース・シラー住宅価格指数(主要20都市)は、前年同月比6.4%上昇した。指数は20都市全てで上昇しており、上昇率が最も高かったのはシアトルの12.7%だった。販...[記事全文]

2018.01.25
フィリピンの雇用者数、19年までに180万人拡大の見通し

国際労働機関(ILO)は22日に公表したレポート「World Employment & Social Outlook」(2018年)の中で、フィリピンの雇用者数は2017年の4,190万人から2019年には4,370万人まで増加するとの見通...[記事全文]

2018.01.24
ユニクロ、タイに東南アジア初の路面店を開設へ

カジュアル衣料品大手のユニクロは3月23日に、タイのバンコク東部パタナカン通りで、東南アジア初となる路面店をオープンすると発表した。これまでユニクロは、東南アジアにおいて都心部の商業施設内で出店を拡大してきたが、郊外の住宅街近くに出店するこ...[記事全文]

2018.01.23
17年通年のフィリピンGDP成長率は6.7%、製造業がけん引

フィリピン統計庁(PSA)は23日、2017年通年のGDP成長率が前年比6.7%増になったと発表した。これまでの経済成長をけん引してきた民間消費の伸びはやや緩やかだったものの、政府が産業の育成に力を入れている製造業が全体の伸びを上回る好調ぶ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索