海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(新着一覧)

2017.01.10
シンガポールの政府や企業、フィリピンへの投資拡大に意欲

在フィリピン・シンガポール大使コック・リペン氏は、シンガポール政府や企業が、フィリピンへの投資拡大と首都マニラへの航空路線の増設を検討していることを明らかにした。コック大使は、シンガポールの民間企業がフィリピンの観光産業、小売り、輸送、イン...[記事全文]

2017.01.10
ドゥテルテ大統領の支持率は83%、地元の南部ミンダナオ島では92%

フィリピンの世論調査機関パルス・アジアによると、昨年12月時点におけるドゥテルテ大統領の支持率は83%に上り、不支持率は4%だった。また、地元ダバオがある南部ミンダナオ島では、支持率が92%に上った。同機関の昨年7月の調査では支持率が91%...[記事全文]

2017.01.10
サービスオフィス世界大手リージャス、フィリピンの空港への進出を計画

企業向けサービスオフィス世界大手のリージャスは、フィリピン国内の空港にレンタルオフィスを開設する計画を明らかにした。マニラ首都圏、ミンダナオ地方ダバオ市、セブ市の空港から導入を始め、最終的には全ての国際空港に開設したい考えだという。 ...[記事全文]

2017.01.10
比不動産大手アヤラランド、ダバオの複合開発地区を拡張へ

フィリピンの不動産開発大手アヤラ・ランドは、ミンダナオ地方ダバオ市の複合開発地区「アブリーザ」を拡張する。ミンダナオ地方を拠点とする投資会社アンフロ・マネジメント&インベストメントとの合弁会社アクセンド・コマーシャルが、既存の10ヘクタール...[記事全文]

2017.01.10
比不動産大手SMプライム、17年の設備投資額は前年並みの550億ペソ

フィリピンの財閥SMグループ傘下の不動産開発・ショッピングモール運営大手SMプライム・ホールディングスは、2017年の設備投資について、前年並みの500億~550億ペソ(約1,183億~1,302億円)を予定していると明らかにした。16年の...[記事全文]

2017.01.10
16年1~10月のダバオ投資認可額、15年通年の1.6倍超に増加

フィリピンの投資委員会(BOI)によると、2016年1~10月にダバオ地域で認可された事業は10件で、投資認可額は76億8,400万ペソ(約181億円)だった。投資認可額は、15年通年の47億900万ペソの1.6倍超となった。投資額の3分の...[記事全文]

2017.01.10
多言語マレーシア人材の昇給率は15~20%、JACリクルート調査

人材紹介大手JACリクルートメントがこのほど発表したデータによると、マレーシアの昇給率は年5%程度である一方で、日本語を含む多言語人材の給与水準は例年より15~20%程度高まっていることがわかった。 JACによると、日系を含む外資系企...[記事全文]

2017.01.10
マレーシアのEC決済規模、今後5年間で日本超えも

NTTデータ傘下でマレーシアの電子商取引(EC)決済最大手「iPay(アイペイ)88」は9日、同社のシステムを通じて2016年に行われたネット通販の分析結果を発表。マレーシアにおける全EC取引の70%以上で使用されている同社のシステムを通じ...[記事全文]

2017.01.10
バンコク首都圏の商業施設、17年は14軒が新規開業の見通し

米系不動産コンサルタントのコリアーズ・インターナショナル・タイランドによると、今年はバンコク首都圏で14軒の商業施設が開業する見通し。年内に開業する14軒のうち、5軒が大型ショッピングモール、7軒が小規模モール(コミュニティーモール)、1軒...[記事全文]

2017.01.10
タイでモノレールの新設を計画、プーケットやチェンマイなど3県で

タイのスウィット首相府相は、北部チェンマイ、東北部コンケン、南部プーケットの3県でモノレールを建設する計画を明らかにした。渋滞緩和や観光振興、地方経済の活性化などが目的で、地方18県の「産業クラスター政策」の一環として実施する。 プー...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索