海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(新着一覧)

2017.09.12
8月のオアフ島コンドミニアム売買件数、2006年8月以来の最高値

ホノルル不動産協会(HBR)によると、8月にオアフ島で売買されたコンドミニアムの件数は前年同月比19.5%増の575件となり、2006年8月以来の最高値に達した。また、中間価格は同5.3%増の41万9000ドルだった。一方、一戸建ての売買件...[記事全文]

2017.09.12
日本でOFWの雇用拡大へ、11月にも覚書を締結

フィリピン海外雇用局(POEA)は、11月に日本政府と日比経済連携協定(JPEPA)に基づく人材派遣の要件などを緩和する覚書(MOU)を締結する計画であると明らかにした。派遣人材を看護師、介護福祉士のみから、熟練・半熟練の技能労働者全般に広...[記事全文]

2017.09.12
6月のフィリピンFDI純流入額、2.8倍増の6.7億ドル

フィリピン中央銀行は11日、2017年6月の外国直接投資(FDI)の流入額(引き揚げ分を差し引いたネットベース)が、前年同月比2.8倍の6億7,400万ドル(約730億9,400万円)だったと発表した。株式資本の流入は、主に米国、日本、台湾...[記事全文]

2017.09.12
バンコクのオフィス入居率、4~6月は過去20年で最高

米不動産仲介大手CBREタイランドが発表した第2四半期(4~6月)の首都バンコクのオフィス入居率は92.5%となり、過去20年で最高となった。グレードA(最上級)を立地別に見ると、CBDが2.9ポイント上昇の92.3%だった一方、過去1年で...[記事全文]

2017.09.11
ワイキキ中心部で新複合ビル開発計画が浮上

アメリカの不動産開発会社オリバー・マクミランは、ワイキキのクヒオ通りとカネカポレイ通りの角にある約2.5エーカーの土地に、高層複合ビルの建設を計画していることを明らかにした。今後、環境影響評価などが行われる予定で、2019年に着工し、202...[記事全文]

2017.09.11
リンガーハット、カンボジア1号店をプノンペンに開業

外食チェーン大手のリンガーハットは8日、カンボジアの首都プノンペンにあるイオンモール内に1号店を開業した。めんやスープ、餃子などは日本から輸入するものの、売価は上げない方針で、主力の「長崎ちゃんぽん」は小サイズで3.6ドル、餃子は2.9ドル...[記事全文]

2017.09.08
ブックオフ、マレーシア2号店を9月末にKLで開業

ブックオフコーポレーションは今月30日、マレーシア2号店をクアラルンプール(KL)東部の商業施設「1シャメリン・モール」の3階に開業すると発表した。売り場面積は約1万7,700平方フィート(約1,644m2)。衣類、かばん、靴、雑貨、生活用...[記事全文]

2017.09.08
イオンがジョホール州に新モール開業、州内6店舗目

イオン・マレーシアは7日、ジョホール州ケンパスに同州6店舗目となる「イオンモール・バンダーダトーオン」を開業した。総合スーパーのイオンを核に、ジョホールバル地域初出店の17店舗を含む専門店約150店を配置する。これにより、国内のモール型店舗...[記事全文]

2017.09.08
マレーシアの州別GDP、KLが1人当たりで最大

マレーシア統計局が6日に発表した2016年の州別のGDP成長率は、連邦直轄領ラブアンが7.2%で首位に立った。2位はKLの5.9%、3位はジョホール州の5.7%だった。 一方、国民1人当たりのGDPは、全国平均で15年の3万7,123...[記事全文]

2017.09.08
マレーシア中銀は政策金利の据え置きを決定、国内経済は堅調

マレーシア中央銀行は7日に開いた金融政策会合で、翌日物政策金利(OPR)を3.00%に据え置いた。中銀は声明で、世界経済は成長の度合いを増していると指摘した上で、先進諸国では消費と投資の両輪で伸びが拡大し、アジア諸国では国内活動と強い外需に...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索