海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(新着一覧)

2017.11.10
フィリピン中銀が25会合連続で政策金利を据え置き

フィリピン中央銀行は9日、金融委員会の政策決定会合で翌日物貸出金利(OLF)を3.5%、翌日物借入金利(RRP)を3.0%、翌日物預金金利(ODF)を2.5%に据え置いた。据え置きは14年9月以来、25会合連続となる。また、預金準備率も現行...[記事全文]

2017.11.10
フィリピンの財閥DMCI、1~9月は2桁増益

フィリピンの財閥コンスンジ系DMCIホールディングスが発表した2017年1~9月期の連結決算は、純利益が前年同期比19%増の117億ペソ(約259億円)だった。発電・石炭、不動産、建設、ニッケル採掘が好調だった。 部門別の純利益は、発...[記事全文]

2017.11.10
韓国ODA、比インフラ整備に17億ドルを融資

フィリピン財務省は8日、韓国からインフラ整備事業への政府開発援助(ODA)として17億ドル(約1,935億円)の融資と700万ドルの無償支援を取り付けたと発表した。来週にフィリピンで開催される東南アジア諸国連合(ASEAN)の首脳会議に合わ...[記事全文]

2017.11.10
マレーシア中銀、政策金利を据え置くも先行きの利上げには含み

マレーシア中央銀行は9日に開いた金融政策会合で、翌日物政策金利(OPR)を3.00%に据え置いた。中銀は声明で、世界経済は堅調に推移していると指摘。先進諸国では経済活動の鈍化が解消し、アジア諸国では国内活動と強い外需による成長が見込まれると...[記事全文]

2017.11.10
タイ不動産のエリシアン、バンコク首都圏で別荘用低層コンドを開発へ

タイの不動産開発会社エリシアン・デベロップメントは、バンコク首都圏で1,000ライ(160ヘクタール)規模の住宅開発用地を探していることを明らかにした。東北部ナコンラチャシマ県カオヤイで建設を進めている別荘用低層コンドミニアム「スワンレーク...[記事全文]

2017.11.09
オアフ島のコンドミニアム売買件数、10月は14%増加

ホノルル不動産協会(HBR)によると、10月のオアフ島におけるコンドミニアムの売買件数は、前年同月比14.3%増の489件となった。また、中間販売価格は同0.4%増の39万7,500ドル(約4,530万円)だった。一方、一戸建て住宅は売買件...[記事全文]

2017.11.09
比不動産大手3社は増収増益、賃貸・販売ともに好調

フィリピンの不動産大手3社の1~9月期決算が出そろい、各社ともに不動産開発、商業施設の賃貸など主力事業が好調なことが示された。最大手のアヤラ・ランド(ALI)は、売上高が前年同期比16%増の989億ペソ、純利益が18%増の178億ペソだった...[記事全文]

2017.11.09
1~9月の商業不動産投資、都市別でシンガポールが世界6位

不動産仲介大手の米ジョーンズ・ラング・ラサール(JLL)によると、1~9月期のシンガポールの商業用不動産投資額は93億ドル(約1兆1,160億円)となり、都市別で世界6位だった。 1位は英ロンドンで260億ドル、2位は米ロサンゼルスで...[記事全文]

2017.11.09
旅行者にとって快適な都市ランキング、シンガポールが1位に選出

欧州のオンライン旅行会社トラベルバードが発表した「旅行者にとって快適な都市」のランキングで、シンガポールが世界1位となった。トラベルバードは今回初めて、国連世界観光機関がまとめた旅行者の行き先ランキングで上位の世界500都市について独自に調...[記事全文]

2017.11.09
世界観光都市ランキング、バンコクが2位を維持

英調査会社ユーロモニター・インターナショナルが発表した2017年版の「世界の観光都市ランキング」で、タイの首都バンコクが昨年に続き2位に選出された。バンコク以外にもタイからは、南部プーケット(11位)、東部パタヤ(24位)、北部チェンマイ(...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索