海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.01.10
マレーシアのEC決済規模、今後5年間で日本超えも

NTTデータ傘下でマレーシアの電子商取引(EC)決済最大手「iPay(アイペイ)88」は9日、同社のシステムを通じて2016年に行われたネット通販の分析結果を発表。マレーシアにおける全EC取引の70%以上で使用されている同社のシステムを通じて行われたEC決済件数は、15年時点で1,460万件だったものの、16年は3,820万件と約2.6倍の急成長を遂げていることが分かった。

アイペイ88の吉岡亨エグゼクティブダイレクターは、マレーシアのEC決済規模について、「5年程度で日本の規模を超える可能性がある」と指摘している。


関連記事

2017.03.30 NEW
フィリピン優良企業ランキング、メトロパシフィックが首位

香港の経済紙ファイナンス・アジアが、「アジアの優良企業」ランキングを発表。フィリピンでは、複合企業メトロ・パシフィック・インベストメンツ(MPIC)が首位となった。同ランキングは、世界中から180人以上の資産運用マネジャーや証券アナリストが、フィリピン、シンガポール、タイ、インド...[記事全文]

2017.03.30 NEW
三菱地所、プトラジャヤでマレーシア2件目の住宅開発へ

三菱地所グループの三菱地所レジデンスは29日、マレーシア・クアラルンプール近郊の行政都市プトラジャヤで、国内2件目の住宅開発に参画すると発表。マレーシアの不動産大手IOIプロパティーズ傘下のパイン・プロパティーズと共に、プトラジャヤ郊外の「IOIリゾート」内の住宅開発「ザ・ジェム...[記事全文]

2017.03.30 NEW
タイ政策金利、15会合連続で1.5%に据え置き

タイ中央銀行(BOT)は29日に開いた金融政策委員会(MPC)で、政策金利(翌日物レポ金利)を1.50%に据え置くことを満場一致で決定した。政策金利の据え置きは2015年4月以降、15会合連続となる。また、今年のGDP成長率については、昨年12月時点の3.2%から3.4%に見通し...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年01月10日