海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.01.10
マレーシアのEC決済規模、今後5年間で日本超えも

NTTデータ傘下でマレーシアの電子商取引(EC)決済最大手「iPay(アイペイ)88」は9日、同社のシステムを通じて2016年に行われたネット通販の分析結果を発表。マレーシアにおける全EC取引の70%以上で使用されている同社のシステムを通じて行われたEC決済件数は、15年時点で1,460万件だったものの、16年は3,820万件と約2.6倍の急成長を遂げていることが分かった。

アイペイ88の吉岡亨エグゼクティブダイレクターは、マレーシアのEC決済規模について、「5年程度で日本の規模を超える可能性がある」と指摘している。


関連記事

2017.09.25 NEW
17年上半期のフィリピン向けODA、日本が4割超でTOP

フィリピンの国家経済開発庁(NEDA)は21日、2017年上半期の各国政府・機関別の政府開発援助(ODA)で、国際協力機構(JICA)を通じた日本政府の融資額が、48.4億ドル(約5,421億円)と全体の44.8%を占め、TOPだったことを発表した。 NEDAのRolando ...[記事全文]

2017.09.22
フィリピン中銀、24会合連続で政策金利の据え置きを決定

フィリピン中央銀行は21日に開かれた金融委員会の政策決定会合で、政策金利の据え置きを決めた。翌日物貸出金利(OLF)を3.5%、翌日物借入金利(RRP)を3.0%、翌日物預金金利(ODF)を2.5%に据え置き、預金準備率も現行水準の20%を維持した。 物価上昇率が2017~19...[記事全文]

2017.09.21
米FRBが保有資産の縮小を決定、10月から段階的に

米連邦準備理事会(FRB)は20日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、2008年の金融危機後に導入した量的緩和政策を完全に終了し、保有資産の縮小に踏み出すことを決定した。08~14年に購入した米国債などの保有量を10月から段階的に減らしていく方針で、米景気の拡大局面が9年目に突...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年01月10日