海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.01.10
多言語マレーシア人材の昇給率は15~20%、JACリクルート調査

人材紹介大手JACリクルートメントがこのほど発表したデータによると、マレーシアの昇給率は年5%程度である一方で、日本語を含む多言語人材の給与水準は例年より15~20%程度高まっていることがわかった。

JACによると、日系を含む外資系企業の進出増に加え、日本語人材の減少が背景にあるとしており、日本企業との取引を拡大したい外資系企業などから、日系企業に勤めていた人材が高給で引き抜かれるケースもあるという。また、外資系製薬企業のシェアードセンターや、BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)企業の進出拡大を背景に、タイ・韓国、ベトナム語人材などへの需要も高まっており、多言語人材の給与水準は全体的に上昇している。

一例として、製造業の営業職の平均給与(課長級)をみると、日系企業での日本語スピーカーが年収8万4,000~24万リンギ、英語人材が10万~15万リンギ、多国籍企業の英語人材が12万~18万リンギ、地場企業が10万~16万リンギとなっている。


関連記事

2017.01.20 NEW
【コラム】黄金時代到来か?2017年から本格化するフィリピンのインフラ投資

column-82 2016年6月末の就任から、はや半年が過ぎたフィリピンのドゥテルテ大統領。日本ではその過激な発言や麻薬撲滅対策ばかりが注目されていますが、強かな交渉術によって各国から大規模な経済支援を引き出すなど、外交面においても一定の成果を上げています。 ドゥテルテ大統領は、日本...[記事全文]

2017.01.20 NEW
マレーシア中銀は政策金利を据え置き、国内経済は堅調と分析

マレーシア中央銀行は19日に開いた金融政策会合で、翌日物政策金利(OPR)を3.00%に据え置いた。中銀は声明で、世界経済の成長は引き続き軟調であるものの、2017年には先進国の積極的な財政政策にけん引されながら、成長ペースをやや上げるとの見通しを示した。 国内経済は、20...[記事全文]

2017.01.20 NEW
クランバレーに国内初のデジタル産業ハブを設置へ、今年3月にも

マレーシア政府は3月にも、首都圏クランバレーに国内初のデジタル産業の集積拠点を設置する。税制優遇策も整備し、国内外から企業誘致を図りたい考え。財務省のモハド・イルワン・セリガー・アブドラ事務次官によると、現在は首都圏クランバレー内の数ヵ所の候補地から開設場所を選定しているほか、税...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年01月10日