海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.01.10
多言語マレーシア人材の昇給率は15~20%、JACリクルート調査

人材紹介大手JACリクルートメントがこのほど発表したデータによると、マレーシアの昇給率は年5%程度である一方で、日本語を含む多言語人材の給与水準は例年より15~20%程度高まっていることがわかった。

JACによると、日系を含む外資系企業の進出増に加え、日本語人材の減少が背景にあるとしており、日本企業との取引を拡大したい外資系企業などから、日系企業に勤めていた人材が高給で引き抜かれるケースもあるという。また、外資系製薬企業のシェアードセンターや、BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)企業の進出拡大を背景に、タイ・韓国、ベトナム語人材などへの需要も高まっており、多言語人材の給与水準は全体的に上昇している。

一例として、製造業の営業職の平均給与(課長級)をみると、日系企業での日本語スピーカーが年収8万4,000~24万リンギ、英語人材が10万~15万リンギ、多国籍企業の英語人材が12万~18万リンギ、地場企業が10万~16万リンギとなっている。


関連記事

2017.11.22 NEW
マレーシア経済研究所、今年の成長率予想を5.6%に上方修正

政府系シンクタンクのマレーシア経済研究所(MIER)は21日、マレーシアの今年の実質GDP成長率予測を先月の発表から0.2ポイント上方修正し、5.6%とした。7~9月の成長率が、予想を上回る6.2%だったことを反映した。ザカリア・アブドゥル・ラシド上席ディレクターは、「製造業の回...[記事全文]

2017.11.22 NEW
10月の訪タイ外国人旅行者は20.9%増、今年最高の伸び

タイ観光・スポーツ省は20日、10月にタイを訪れた外国人旅行者数が前年同月比20.9%増の272万3,971人だったと発表した。プラス成長は8ヵ月連続で、伸び率は今年最高となった。外国人旅行者数を国・地域別にみると、中国が69.8%増の80万5,574人で首位。以下、マレーシアが...[記事全文]

2017.11.21 NEW
三菱商事、マニラ首都圏のLRT車両を300億円で受注へ

三菱商事は20日、フィリピン・マニラ首都圏のLRT(軽量高架鉄道)1号線向けの鉄道車両120両(30編成)の受注が内定したと発表した。契約予定額は約300億円。モーターやブレーキ、インバーターなど日本製の機器類を採用し、スペインの鉄道車両メーカー最大手CAFが製造する。同社がフィ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年01月10日