海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.01.10
多言語マレーシア人材の昇給率は15~20%、JACリクルート調査

人材紹介大手JACリクルートメントがこのほど発表したデータによると、マレーシアの昇給率は年5%程度である一方で、日本語を含む多言語人材の給与水準は例年より15~20%程度高まっていることがわかった。

JACによると、日系を含む外資系企業の進出増に加え、日本語人材の減少が背景にあるとしており、日本企業との取引を拡大したい外資系企業などから、日系企業に勤めていた人材が高給で引き抜かれるケースもあるという。また、外資系製薬企業のシェアードセンターや、BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)企業の進出拡大を背景に、タイ・韓国、ベトナム語人材などへの需要も高まっており、多言語人材の給与水準は全体的に上昇している。

一例として、製造業の営業職の平均給与(課長級)をみると、日系企業での日本語スピーカーが年収8万4,000~24万リンギ、英語人材が10万~15万リンギ、多国籍企業の英語人材が12万~18万リンギ、地場企業が10万~16万リンギとなっている。


関連記事

2018.06.19 NEW
4月の在外フィリピン人送金額は12.7%増の23.4億ドル

フィリピン中央銀行によると、4月のフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)を含む在外フィリピン人からの送金額(銀行経由のみ)は、前年同月比12.7%増の23億4,700万ドルとなった。内訳をみると、家政婦など陸上就労者からの送金額が15.1%増、船員など海上就労者からの送金額が4....[記事全文]

2018.06.14
スターバックス、バンコクの商業施設に国内最大の旗艦店を開業

スターバックス・コーヒーは、タイ進出20周年を記念し、バンコク中心部の大型商業施設「セントラル・ワールド」に国内最大の旗艦店「スターバックス・リザーブ・バー」を開業した。店舗面積760m2、席数230席の新店舗では、通常メニューのほか、全米で人気を博している準窒素を含ませたドラフ...[記事全文]

2018.06.14
米FRBが利上げを決定、年内の利上げ予測を計4回に上方修正

米連邦準備理事会(FRB)は13日まで開催した連邦公開市場委員会(FOMC)で、政策金利となるフェデラル・ファンド・レート(FFレート)の誘導目標を0.25ポイント引き上げ、1.75~2.00%にすることを決定した。利上げは3ヵ月ぶりで、2018年通年では2回目となる。 F...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年01月10日