海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.01.10
多言語マレーシア人材の昇給率は15~20%、JACリクルート調査

人材紹介大手JACリクルートメントがこのほど発表したデータによると、マレーシアの昇給率は年5%程度である一方で、日本語を含む多言語人材の給与水準は例年より15~20%程度高まっていることがわかった。

JACによると、日系を含む外資系企業の進出増に加え、日本語人材の減少が背景にあるとしており、日本企業との取引を拡大したい外資系企業などから、日系企業に勤めていた人材が高給で引き抜かれるケースもあるという。また、外資系製薬企業のシェアードセンターや、BPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)企業の進出拡大を背景に、タイ・韓国、ベトナム語人材などへの需要も高まっており、多言語人材の給与水準は全体的に上昇している。

一例として、製造業の営業職の平均給与(課長級)をみると、日系企業での日本語スピーカーが年収8万4,000~24万リンギ、英語人材が10万~15万リンギ、多国籍企業の英語人材が12万~18万リンギ、地場企業が10万~16万リンギとなっている。


関連記事

2018.02.26 NEW
1月の訪フィリピン外国人旅行者数は73万人、過去最高に

フィリピン観光省によると、2018年1月に同国を訪れた外国人旅行者数(在外フィリピン人を含む)は、前年同月比15.9%増の73万2,506人となり、単月として過去最高を記録した。官民がプロモーション活動や航空便の強化を積極的に進めたことが、旅行者の増加を後押しした。 国・地...[記事全文]

2018.02.20
アジア太平洋地域の不動産取引額、17年は過去最高

米調査会社リアル・キャピタル・アナリスティクス(RCA)によると、アジア太平洋地域における2017年の不動産取引額は前年比6%増の1,575億ドル(約16兆8,000億円)となり、15年に記録した過去最高を更新した。物件種別ごとにみると、コンドミニアムなど集合住宅取引が57%増の...[記事全文]

2018.02.20
シンガポール、2021~25年までに消費税を9%に引き上げへ

シンガポールのヘン・スイキャット財務相は19日、2018年度予算案で、消費税に相当する物品サービス税(GST)の税率を、2021~25年のいずれかの時点で2ポイント引き上げて9%とする方針を明らかにした。GSTの税率引き上げは、2007年に5%から7%に上げて以来となる。 ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年01月10日