海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.01.10
16年1~10月のダバオ投資認可額、15年通年の1.6倍超に増加

フィリピンの投資委員会(BOI)によると、2016年1~10月にダバオ地域で認可された事業は10件で、投資認可額は76億8,400万ペソ(約181億円)だった。投資認可額は、15年通年の47億900万ペソの1.6倍超となった。投資額の3分の1はダバオ市に集中しており、全体で4,010人の雇用創出が見込まれるとしている。

投資額が最も大きかったのは、大手複合企業サンミゲル・コーポレーションの食品部門サンミゲル・フーズが、南ダバオ州サンタクルスに建設する飼料工場の22億4,000万ペソ。以下、ミンダナオ地方を拠点とする投資会社アンフロ・マネジメント&インベストメントの18億8,000万ペソが続いた。


関連記事

2017.03.30 NEW
フィリピン優良企業ランキング、メトロパシフィックが首位

香港の経済紙ファイナンス・アジアが、「アジアの優良企業」ランキングを発表。フィリピンでは、複合企業メトロ・パシフィック・インベストメンツ(MPIC)が首位となった。同ランキングは、世界中から180人以上の資産運用マネジャーや証券アナリストが、フィリピン、シンガポール、タイ、インド...[記事全文]

2017.03.30 NEW
タイ政策金利、15会合連続で1.5%に据え置き

タイ中央銀行(BOT)は29日に開いた金融政策委員会(MPC)で、政策金利(翌日物レポ金利)を1.50%に据え置くことを満場一致で決定した。政策金利の据え置きは2015年4月以降、15会合連続となる。また、今年のGDP成長率については、昨年12月時点の3.2%から3.4%に見通し...[記事全文]

2017.03.30 NEW
タイホテル大手デュシットが日本進出へ、20年までに京都に開業

タイのホテル大手デュシット・インターナショナルは、日本のホテル運営会社カラーズ・インターナショナルと合弁会社を設立し、2020年までに京都で「デュシタニ」ブランドのホテルを開業する計画を明らかにした。客室数約150室、宿泊料金1泊5万円前後の高級ホテルとなる見通しで、将来的には日...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年01月10日