海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.01.10
16年1~10月のダバオ投資認可額、15年通年の1.6倍超に増加

フィリピンの投資委員会(BOI)によると、2016年1~10月にダバオ地域で認可された事業は10件で、投資認可額は76億8,400万ペソ(約181億円)だった。投資認可額は、15年通年の47億900万ペソの1.6倍超となった。投資額の3分の1はダバオ市に集中しており、全体で4,010人の雇用創出が見込まれるとしている。

投資額が最も大きかったのは、大手複合企業サンミゲル・コーポレーションの食品部門サンミゲル・フーズが、南ダバオ州サンタクルスに建設する飼料工場の22億4,000万ペソ。以下、ミンダナオ地方を拠点とする投資会社アンフロ・マネジメント&インベストメントの18億8,000万ペソが続いた。


関連記事

2017.01.20 NEW
【コラム】黄金時代到来か?2017年から本格化するフィリピンのインフラ投資

column-82 2016年6月末の就任から、はや半年が過ぎたフィリピンのドゥテルテ大統領。日本ではその過激な発言や麻薬撲滅対策ばかりが注目されていますが、強かな交渉術によって各国から大規模な経済支援を引き出すなど、外交面においても一定の成果を上げています。 ドゥテルテ大統領は、日本...[記事全文]

2017.01.20 NEW
マニラ首都圏の統合駅、19年完工に向けて覚書締結

フィリピン・マニラ首都圏の鉄道3路線が乗り入れる「統合駅」の設置について、2019年の完工を目指し、政府や関係企業が覚書を締結した。統合駅を巡っては、09年に構想が浮上して以降、関係各者の間で利害が対立していたものの、昨年9月にようやく合意成立となっていた。 覚書の調印式に...[記事全文]

2017.01.20 NEW
マレーシア中銀は政策金利を据え置き、国内経済は堅調と分析

マレーシア中央銀行は19日に開いた金融政策会合で、翌日物政策金利(OPR)を3.00%に据え置いた。中銀は声明で、世界経済の成長は引き続き軟調であるものの、2017年には先進国の積極的な財政政策にけん引されながら、成長ペースをやや上げるとの見通しを示した。 国内経済は、20...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年01月10日