海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.01.10
16年1~10月のダバオ投資認可額、15年通年の1.6倍超に増加

フィリピンの投資委員会(BOI)によると、2016年1~10月にダバオ地域で認可された事業は10件で、投資認可額は76億8,400万ペソ(約181億円)だった。投資認可額は、15年通年の47億900万ペソの1.6倍超となった。投資額の3分の1はダバオ市に集中しており、全体で4,010人の雇用創出が見込まれるとしている。

投資額が最も大きかったのは、大手複合企業サンミゲル・コーポレーションの食品部門サンミゲル・フーズが、南ダバオ州サンタクルスに建設する飼料工場の22億4,000万ペソ。以下、ミンダナオ地方を拠点とする投資会社アンフロ・マネジメント&インベストメントの18億8,000万ペソが続いた。


関連記事

2017.09.25 NEW
17年上半期のフィリピン向けODA、日本が4割超でTOP

フィリピンの国家経済開発庁(NEDA)は21日、2017年上半期の各国政府・機関別の政府開発援助(ODA)で、国際協力機構(JICA)を通じた日本政府の融資額が、48.4億ドル(約5,421億円)と全体の44.8%を占め、TOPだったことを発表した。 NEDAのRolando ...[記事全文]

2017.09.22
フィリピン中銀、24会合連続で政策金利の据え置きを決定

フィリピン中央銀行は21日に開かれた金融委員会の政策決定会合で、政策金利の据え置きを決めた。翌日物貸出金利(OLF)を3.5%、翌日物借入金利(RRP)を3.0%、翌日物預金金利(ODF)を2.5%に据え置き、預金準備率も現行水準の20%を維持した。 物価上昇率が2017~19...[記事全文]

2017.09.22
ビアードパパ、東南アジア初の直営店をシンガポールにオープン

永谷園傘下の麦の穂は21日、シュークリーム専門店「ビアードパパ」の東南アジア初の直営店をシンガポールにオープンした。新直営店は繁華街オーチャードの商業施設「プラザ・シンガプーラ」の地下2階にあり、MRT(地下鉄・高架鉄道)ドービーゴート駅の改札を出てすぐの場所に位置している。新商...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年01月10日