海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.01.10
比不動産大手SMプライム、17年の設備投資額は前年並みの550億ペソ

フィリピンの財閥SMグループ傘下の不動産開発・ショッピングモール運営大手SMプライム・ホールディングスは、2017年の設備投資について、前年並みの500億~550億ペソ(約1,183億~1,302億円)を予定していると明らかにした。16年の設備投資額は530億ペソだった。

SMプライムは18年までに商業施設の総床面積を1,096万m2、オフィスビルの賃貸面積を46万m2、住宅を13万9,000戸、別荘を2,500戸、ホテルの客室を2,187部屋にそれぞれ拡大する計画を立てている。


関連記事

2017.05.26 NEW
比銀行最大手BDO、セブン銀行と送金簡素化などで提携

フィリピンの商業銀行最大手BDOユニバンクは24日、日本のセブン銀行と業務提携すると発表。日本からフィリピンへの送金手続きを簡素化するアプリの提供を7月をめどに開始することを明らかにした。 BDOはサービス開始の理由について、「日本で働くフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW...[記事全文]

2017.05.26 NEW
バンコク東部バンナー・オンヌット地区の地価上昇、年15~20%

タイの住宅開発会社リアルアセット・デベロップメントは、バンコク東部のバンナー・オンヌット地区の地価が年15~20%のペースで上昇しているとの試算を明らかにした。首都圏鉄道の整備が進んでいることやスワンナプーム国際空港へのアクセスに便利なことからオフィスビルが増加しているためで、現...[記事全文]

2017.05.26 NEW
トンブリ病院が高齢者住宅を開発へ、バンコク首都圏で最大

私立病院チェーンを運営するタイのトンブリ・ヘルスケア・グループは25日、バンコク北郊パトゥムタニ県ランシットで高齢者向け複合住宅「ジン・ウェルビーイング・カウンティー」を開発すると発表した。投資総額は100億バーツ(約327億円)超で、バンコク首都圏で最大規模の施設となる。タイで...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年01月10日