海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.01.10
比不動産大手SMプライム、17年の設備投資額は前年並みの550億ペソ

フィリピンの財閥SMグループ傘下の不動産開発・ショッピングモール運営大手SMプライム・ホールディングスは、2017年の設備投資について、前年並みの500億~550億ペソ(約1,183億~1,302億円)を予定していると明らかにした。16年の設備投資額は530億ペソだった。

SMプライムは18年までに商業施設の総床面積を1,096万m2、オフィスビルの賃貸面積を46万m2、住宅を13万9,000戸、別荘を2,500戸、ホテルの客室を2,187部屋にそれぞれ拡大する計画を立てている。


関連記事

2017.09.25 NEW
17年上半期のフィリピン向けODA、日本が4割超でTOP

フィリピンの国家経済開発庁(NEDA)は21日、2017年上半期の各国政府・機関別の政府開発援助(ODA)で、国際協力機構(JICA)を通じた日本政府の融資額が、48.4億ドル(約5,421億円)と全体の44.8%を占め、TOPだったことを発表した。 NEDAのRolando ...[記事全文]

2017.09.22
フィリピン中銀、24会合連続で政策金利の据え置きを決定

フィリピン中央銀行は21日に開かれた金融委員会の政策決定会合で、政策金利の据え置きを決めた。翌日物貸出金利(OLF)を3.5%、翌日物借入金利(RRP)を3.0%、翌日物預金金利(ODF)を2.5%に据え置き、預金準備率も現行水準の20%を維持した。 物価上昇率が2017~19...[記事全文]

2017.09.21
フィリピンの大規模インフラ整備、域内で「最も準備が整っている」と評価

フィリピンの財務省はこのほど、国連アジア太平洋経済社会委員会(UNESCAP)から、東南アジア諸国連合(ASEAN)10ヵ国の中で、フィリピンは大規模なインフラ整備を実行するための準備が最も整ってると評価されたと明らかにした。 財務省を代表して協議に参加したベルトラン財務次...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年01月10日