海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.01.10
比不動産大手SMプライム、17年の設備投資額は前年並みの550億ペソ

フィリピンの財閥SMグループ傘下の不動産開発・ショッピングモール運営大手SMプライム・ホールディングスは、2017年の設備投資について、前年並みの500億~550億ペソ(約1,183億~1,302億円)を予定していると明らかにした。16年の設備投資額は530億ペソだった。

SMプライムは18年までに商業施設の総床面積を1,096万m2、オフィスビルの賃貸面積を46万m2、住宅を13万9,000戸、別荘を2,500戸、ホテルの客室を2,187部屋にそれぞれ拡大する計画を立てている。


関連記事

2017.04.21
比不動産大手アヤラ、今年は3件の複合開発事業をスタート

フィリピンの不動産開発大手アヤラ・ランド(ALI)はこのほど、今年新たに3件の複合開発事業を立ち上げると発表した。対象となるのはカビテ州カウィットの「エボ・シティー」、ダバオ市での地場アルカンタラ・グループとの合弁事業「アズエラ・コーブ」、首都圏パシッグ市とケソン市にまたがる環状...[記事全文]

2017.04.21
タイ住宅大手AP、三菱地所との新たな共同開発プロジェクトを発表

タイの住宅開発大手AP(タイランド)は20日、三菱地所グループの三菱地所レジデンスとバンコクで開発するコンドミニアム「ライフ・ラプラオ」を発表した。ライフ・ラプラオは、地下鉄パホンヨーティン駅から徒歩5分の7ライ(1万1,200m2)の土地に建設。45階建てと46階建ての2棟、計...[記事全文]

2017.04.20
セブは世界で2番目に友好的な島、米旅行誌トラベル+レジャー

米ニューヨーク拠点の旅行誌「トラベル+レジャー」で、セブが世界で2番目に友好的な島に選ばれた。1位はパラワン島、3位はルソン島、4位はボラカイ島、5位はニュージーランドで、上位4島をフィリピンが独占した。 投票は世界の旅行者が料理、空港、リゾートや滞在施設などの旅行経験を基...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年01月10日