海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.01.10
比不動産大手SMプライム、17年の設備投資額は前年並みの550億ペソ

フィリピンの財閥SMグループ傘下の不動産開発・ショッピングモール運営大手SMプライム・ホールディングスは、2017年の設備投資について、前年並みの500億~550億ペソ(約1,183億~1,302億円)を予定していると明らかにした。16年の設備投資額は530億ペソだった。

SMプライムは18年までに商業施設の総床面積を1,096万m2、オフィスビルの賃貸面積を46万m2、住宅を13万9,000戸、別荘を2,500戸、ホテルの客室を2,187部屋にそれぞれ拡大する計画を立てている。


関連記事

2018.06.19 NEW
4月の在外フィリピン人送金額は12.7%増の23.4億ドル

フィリピン中央銀行によると、4月のフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)を含む在外フィリピン人からの送金額(銀行経由のみ)は、前年同月比12.7%増の23億4,700万ドルとなった。内訳をみると、家政婦など陸上就労者からの送金額が15.1%増、船員など海上就労者からの送金額が4....[記事全文]

2018.06.19 NEW
ADBとJICA、マニラ南北通勤鉄道の延伸事業に協調融資を検討

アジア開発銀行(ADB)は、日本政府が円借款を供与する方針を示しているマニラ首都圏の南北通勤鉄道(マニラ市トゥトゥバン~ブラカン州マロロス)の南北延伸事業に、国際強力機構(JICA)との協調融資を検討していることを明らかにした。 ADBのケリー・バード・フィリピン担当カント...[記事全文]

2018.06.19 NEW
タイ、土地建物税の導入を2020年に延期へ

タイの国家立法議会(NLA)は、来年に予定していた固定資産税に相当する土地建物税法案の施行を、2020年に延期するよう政府に提案する見通し。軍事政権が来年2月に民政移管に向けた総選挙を実施する方針を示している中、現政権内でも重要法案の施行は総選挙後にすべきとの意見が強まっており、...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年01月10日