海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.01.10
比不動産大手SMプライム、17年の設備投資額は前年並みの550億ペソ

フィリピンの財閥SMグループ傘下の不動産開発・ショッピングモール運営大手SMプライム・ホールディングスは、2017年の設備投資について、前年並みの500億~550億ペソ(約1,183億~1,302億円)を予定していると明らかにした。16年の設備投資額は530億ペソだった。

SMプライムは18年までに商業施設の総床面積を1,096万m2、オフィスビルの賃貸面積を46万m2、住宅を13万9,000戸、別荘を2,500戸、ホテルの客室を2,187部屋にそれぞれ拡大する計画を立てている。


関連記事

2017.01.20 NEW
【コラム】黄金時代到来か?2017年から本格化するフィリピンのインフラ投資

column-82 2016年6月末の就任から、はや半年が過ぎたフィリピンのドゥテルテ大統領。日本ではその過激な発言や麻薬撲滅対策ばかりが注目されていますが、強かな交渉術によって各国から大規模な経済支援を引き出すなど、外交面においても一定の成果を上げています。 ドゥテルテ大統領は、日本...[記事全文]

2017.01.20 NEW
マニラ首都圏の統合駅、19年完工に向けて覚書締結

フィリピン・マニラ首都圏の鉄道3路線が乗り入れる「統合駅」の設置について、2019年の完工を目指し、政府や関係企業が覚書を締結した。統合駅を巡っては、09年に構想が浮上して以降、関係各者の間で利害が対立していたものの、昨年9月にようやく合意成立となっていた。 覚書の調印式に...[記事全文]

2017.01.19 NEW
シンガポールCBDのオフィス賃料、18年末までに3%上昇を予測

米系不動産仲介のクッシュマン&ウェイクフィールド(C&W)は、シンガポールの中央商業地区(CBD)における高級オフィス賃料が、2018年末までに3%上昇するとの予測を示した。オフィスの新規供給量が減少する一方で、需要が堅調に推移していることが賃料の押し上げ要因になるとしている。 ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年01月10日