海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.01.10
比不動産大手アヤラランド、ダバオの複合開発地区を拡張へ

フィリピンの不動産開発大手アヤラ・ランドは、ミンダナオ地方ダバオ市の複合開発地区「アブリーザ」を拡張する。ミンダナオ地方を拠点とする投資会社アンフロ・マネジメント&インベストメントとの合弁会社アクセンド・コマーシャルが、既存の10ヘクタールの複合開発地区を2ヘクタール拡張し、コンドミニアムを建設するという。

アクセンドは2011年にアブリーザを竣工。地区内ではホテル、コンドミニアム、ショッピングモール、BPO企業向けのオフィスビルが稼働しており、米BPO大手のコンバージスなどが入居するオフィスビルの入居率は100%となっている。


関連記事

2017.07.28 NEW
今後5年間のフィリピンGDP成長率は平均6.6%、格付け会社フィッチ予測

大手格付け会社のフィッチ・レーティングスはこのほど、向こう5年間のフィリピンのGDP成長率を、年平均6.6%とする予想を発表した。フィッチは、健全な財政状況や政府のインフラ支出などを背景に、今年のGDP成長率を6.8%と予測。大統領選挙が実施された昨年通年の6.9%は下回るものの...[記事全文]

2017.07.25 NEW
6月の米中古住宅販売は在庫難の中1.8%減、価格は過去最高

全米リアルター協会(NAR)が24日に発表した6月の米中古住宅販売戸数(季節調整済み)は、年率換算で前月比1.8%減の552万戸だった。深刻な供給不足によって、販売が抑制される状況が続いている。一方、供給不足の中でも物件の取得競走は激しく、中古住宅価格(中央値)は前年同月比6.5...[記事全文]

2017.07.24
フィリピン不動産オルティガス、1250億ペソを再開発投資へ

フィリピンの不動産開発会社オルティガス・アンド・カンパニーは、マニラ首都圏で予定する3件の再開発計画に総額1,250億ペソ(約2,760億円)を投入する計画。投資予定先の再開発事業は、サンフアン市の商業施設「グリーンヒルズ・ショッピング・センター」(投資額600億ペソ)、パシッグ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年01月10日