海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.01.10
比不動産大手アヤラランド、ダバオの複合開発地区を拡張へ

フィリピンの不動産開発大手アヤラ・ランドは、ミンダナオ地方ダバオ市の複合開発地区「アブリーザ」を拡張する。ミンダナオ地方を拠点とする投資会社アンフロ・マネジメント&インベストメントとの合弁会社アクセンド・コマーシャルが、既存の10ヘクタールの複合開発地区を2ヘクタール拡張し、コンドミニアムを建設するという。

アクセンドは2011年にアブリーザを竣工。地区内ではホテル、コンドミニアム、ショッピングモール、BPO企業向けのオフィスビルが稼働しており、米BPO大手のコンバージスなどが入居するオフィスビルの入居率は100%となっている。


関連記事

2018.01.17 NEW
高級ホテル「バンヤンツリーKL」が6月に開業、マレーシア初進出

シンガポールのホテル運営会社バンヤンツリー・ホテルズ&リゾーツは今年6月、マレーシアの首都クラルンプール中心部のジャラン・コンレイ沿いに、高級ホテル「バンヤンツリー・クアラルンプール」を開業する。同ブランドのマレーシア進出は初となる。 同ホテルは、人気ショッピングモール「パ...[記事全文]

2018.01.16 NEW
11月の在外フィリピン人送金額、3.2%増の25.2億ドル

フィリピン中央銀行によると、2017年11月のフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)を含む在外フィリピン人からの送金額(銀行経由のみ)は、前年同月比2.0%増の22億6,200万ドル(約2,500億円)となった。送金額の増加への寄与度は、米国(1.1%ポイント)とドイツ(0.9%...[記事全文]

2018.01.12
フィリピンの消費市場、アジア太平洋地域で「最も楽観的」

米クレジットカード大手マスターカードが発表したアジア太平洋地域の消費者景況感調査「Mastercard Index of Consumer Confidence」によると、フィリピンは94.5ポイントで域内最高値だった。以下、中国とカンボジアが92.2ポイント、ミャンマーが91....[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年01月10日