海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.01.10
比不動産大手アヤラランド、ダバオの複合開発地区を拡張へ

フィリピンの不動産開発大手アヤラ・ランドは、ミンダナオ地方ダバオ市の複合開発地区「アブリーザ」を拡張する。ミンダナオ地方を拠点とする投資会社アンフロ・マネジメント&インベストメントとの合弁会社アクセンド・コマーシャルが、既存の10ヘクタールの複合開発地区を2ヘクタール拡張し、コンドミニアムを建設するという。

アクセンドは2011年にアブリーザを竣工。地区内ではホテル、コンドミニアム、ショッピングモール、BPO企業向けのオフィスビルが稼働しており、米BPO大手のコンバージスなどが入居するオフィスビルの入居率は100%となっている。


関連記事

2017.09.22 NEW
フィリピン中銀、24会合連続で政策金利の据え置きを決定

フィリピン中央銀行は21日に開かれた金融委員会の政策決定会合で、政策金利の据え置きを決めた。翌日物貸出金利(OLF)を3.5%、翌日物借入金利(RRP)を3.0%、翌日物預金金利(ODF)を2.5%に据え置き、預金準備率も現行水準の20%を維持した。 物価上昇率が2017~19...[記事全文]

2017.09.21 NEW
フィリピンの大規模インフラ整備、域内で「最も準備が整っている」と評価

フィリピンの財務省はこのほど、国連アジア太平洋経済社会委員会(UNESCAP)から、東南アジア諸国連合(ASEAN)10ヵ国の中で、フィリピンは大規模なインフラ整備を実行するための準備が最も整ってると評価されたと明らかにした。 財務省を代表して協議に参加したベルトラン財務次...[記事全文]

2017.09.19
フィリピン保険委員会、損保会社の不動産投資を解禁

フィリピン財務省傘下の保険委員会(IC)は14日、損害保険会社の投資規制を緩和し、運用する資金で不動産に投資することを解禁すると発表した。低金利で資産運用が厳しい状況にある損保会社が、新たな収益源を確保できるようにする狙いがある。 規制緩和の対象となるのは、純資産が少なくと...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年01月10日