海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.01.10
比不動産大手アヤラランド、ダバオの複合開発地区を拡張へ

フィリピンの不動産開発大手アヤラ・ランドは、ミンダナオ地方ダバオ市の複合開発地区「アブリーザ」を拡張する。ミンダナオ地方を拠点とする投資会社アンフロ・マネジメント&インベストメントとの合弁会社アクセンド・コマーシャルが、既存の10ヘクタールの複合開発地区を2ヘクタール拡張し、コンドミニアムを建設するという。

アクセンドは2011年にアブリーザを竣工。地区内ではホテル、コンドミニアム、ショッピングモール、BPO企業向けのオフィスビルが稼働しており、米BPO大手のコンバージスなどが入居するオフィスビルの入居率は100%となっている。


関連記事

2017.03.30 NEW
フィリピン優良企業ランキング、メトロパシフィックが首位

香港の経済紙ファイナンス・アジアが、「アジアの優良企業」ランキングを発表。フィリピンでは、複合企業メトロ・パシフィック・インベストメンツ(MPIC)が首位となった。同ランキングは、世界中から180人以上の資産運用マネジャーや証券アナリストが、フィリピン、シンガポール、タイ、インド...[記事全文]

2017.03.30 NEW
三菱地所、プトラジャヤでマレーシア2件目の住宅開発へ

三菱地所グループの三菱地所レジデンスは29日、マレーシア・クアラルンプール近郊の行政都市プトラジャヤで、国内2件目の住宅開発に参画すると発表。マレーシアの不動産大手IOIプロパティーズ傘下のパイン・プロパティーズと共に、プトラジャヤ郊外の「IOIリゾート」内の住宅開発「ザ・ジェム...[記事全文]

2017.03.30 NEW
タイホテル大手デュシットが日本進出へ、20年までに京都に開業

タイのホテル大手デュシット・インターナショナルは、日本のホテル運営会社カラーズ・インターナショナルと合弁会社を設立し、2020年までに京都で「デュシタニ」ブランドのホテルを開業する計画を明らかにした。客室数約150室、宿泊料金1泊5万円前後の高級ホテルとなる見通しで、将来的には日...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年01月10日