海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.01.10
サービスオフィス世界大手リージャス、フィリピンの空港への進出を計画

企業向けサービスオフィス世界大手のリージャスは、フィリピン国内の空港にレンタルオフィスを開設する計画を明らかにした。マニラ首都圏、ミンダナオ地方ダバオ市、セブ市の空港から導入を始め、最終的には全ての国際空港に開設したい考えだという。

リージャス・フィリピンは昨年、首都圏マカティ市やセブ市、ダバオ市などに計8ヵ所のレンタルオフィスを開設。顧客からの問い合わせは、前年比65%増の月1,000件に上っているという。


関連記事

2018.01.18 NEW
タイで高技能外国人向けビザを発給へ、2月から申請受付開始

タイ政府は、高技能を持つ外国人専門家向けの長期滞在査証「スマートビザ」の申請受付を、2月1日から開始する。同ビザには、「T(科学技術分野の専門家)」「I(投資家)」「E(幹部)」「S(スタートアップ起業家)」の4種類があり、自動車、エレクトロニクス、観光、農業・バイオテクノロジー...[記事全文]

2018.01.17 NEW
高級ホテル「バンヤンツリーKL」が6月に開業、マレーシア初進出

シンガポールのホテル運営会社バンヤンツリー・ホテルズ&リゾーツは今年6月、マレーシアの首都クラルンプール中心部のジャラン・コンレイ沿いに、高級ホテル「バンヤンツリー・クアラルンプール」を開業する。同ブランドのマレーシア進出は初となる。 同ホテルは、人気ショッピングモール「パ...[記事全文]

2018.01.16 NEW
11月の在外フィリピン人送金額、3.2%増の25.2億ドル

フィリピン中央銀行によると、2017年11月のフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)を含む在外フィリピン人からの送金額(銀行経由のみ)は、前年同月比2.0%増の22億6,200万ドル(約2,500億円)となった。送金額の増加への寄与度は、米国(1.1%ポイント)とドイツ(0.9%...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年01月10日