海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.01.10
ドゥテルテ大統領の支持率は83%、地元の南部ミンダナオ島では92%

フィリピンの世論調査機関パルス・アジアによると、昨年12月時点におけるドゥテルテ大統領の支持率は83%に上り、不支持率は4%だった。また、地元ダバオがある南部ミンダナオ島では、支持率が92%に上った。同機関の昨年7月の調査では支持率が91%、同9~10月は86%で、微減しているものの、依然として高い人気を維持していることが明らかとなった。

同調査は、昨年12月6~11日に全国の18歳以上の1,200人を対象に実施されている。


関連記事

2017.02.22 NEW
フィリピン不動産大手SMプライム、16年は2桁の増収増益

フィリピンの不動産開発大手SMプライム・ホールディングスが21日発表した2016年通期の連結決算は、売上高が前年比12%増の798億ペソ(約1,791億円)、経常利益が同14%増の238億ペソとなった。モール部門や住宅部門など主力事業が好調で、2桁の増収増益を達成した。 部...[記事全文]

2017.02.21 NEW
16年のフィリピン昇給率は5%、一律昇給からボーナスに軸

米系人事・財務コンサルティング大手のウイリス・タワーズワトソン(WTW)によると、フィリピンにおける平均昇給率の昨年実績は、当初見込みの6.0%を下回る5.0%となった。能力ベースの給与やボーナスが従業員のパフォーマンスを上げると考える企業が増えたと分析しており、企業は成績の良い...[記事全文]

2017.02.17
比不動産大手アヤラ、販売・賃貸共に好調で2桁の増収増益

フィリピンの不動産開発大手アヤラ・ランド(ALI)が発表した2016年通期決算は、売上高が前年比16%増の1,246億ペソ(約2,836億円)、純利益が同19%増の209億ペソとなった。複合開発による住宅やオフィスの販売、賃貸が共に堅調に推移した。 売上高の内訳は、住宅、オ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年01月10日