海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.01.11
16年のフィリピン新車販売台数は25%増の35.9万台、所得上昇などが追い風

フィリピン自動車工業会(CAMPI)とトラック製造者協会(TMA)は10日、2016年通年の新車販売台数が前年比24.6%増の35万9,572台だったと発表。目標の32万9,300台を大幅に上回る結果となった。所得上昇による購買層の拡大に加え、新型モデルの投入や積極的なプロモーションが奏功した。

メーカー別では、首位のトヨタ・モーター・フィリピンが、前年比27.0%増の15万8,728台。その他、三菱モーターズ・フィリピンズが13.5%増、いすゞ・フィリピンズが21.2%増、ホンダ・カーズ・フィリピンが20.1%増、フィリピン日産が48.0%増、スズキ・フィリピンが36.9%増、日野モータース・フィリピンが42.8%増などと、日系各社は軒並み2桁の伸びとなった。


関連記事

2017.01.19 NEW
人的資源の競争力、シンガポールが4年連続で世界2位

フランスの経営大学院インシアード(INSEAD)が16日発表した人的資源の競争力に関する国際調査報告(2017年版)で、シンガポールは4年連続で世界2位となった。首位には4年連続でスイスが選出され、以下、イギリス、アメリカ、スウェーデンと続き、日本は22位だった。 同調査で...[記事全文]

2017.01.19 NEW
タイの住宅開発大手AP、需要拡大を見込み年内に20件を開発へ

タイの住宅開発大手APのアヌポン最高経営責任者(CEO)は、景気回復に伴う住宅需要の拡大を見込み、年内に20件の新規事業に着手する計画であることを明らかにした。販売総額は350億バーツ(約1,120億円)となる。 内訳は、低層住宅が17件(販売総額150億バーツ)、コンドミ...[記事全文]

2017.01.19 NEW
タイの小売り大手ビッグC、年内にコンビニを800店に倍増へ

タイの大手財閥TCCグループの総合商社バーリ・ユッカー傘下で、ハイパーマーケット(大型小売店)などを展開する小売り大手ビッグCスーパーセンターは今年、新規出店に約100億バーツ(約320億円)を投じる計画を明らかにした。 最も重点的に出店するのはコンビニエンスストアの「ミニ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年01月11日