海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.03.16
マレーシアの金産出量、10年で3倍超の拡大

マレーシア鉱業会議所(MCM)のモハマド・ノール専務理事によると、同国の金産出量は2006年からの10年間で3倍以上に拡大した。マレーシアの年間産出量は03年に過去最高の4.739トンに達してから減少し、09年に2.794トンまで落ち込んだが、金価格の上昇を受けて15年には4.732トンに回復。15年の産出額は7億8,080万リンギ(約201億円)となり、06年の2億1,100万リンギの3倍以上になった。

国内の金鉱山は、国内最大の産出量を誇るパハン州のほか、クランタン州、トレンガヌ州など計14ヵ所にあるが、天然資源・環境省の鉱物・地学局による金鉱探査で、ジョホール、クランタン、パハン、サバ、サラワクの各州で大規模な金鉱が確認されており、数年後には産出量が最高記録を更新する可能性があるという。


関連記事

2017.11.17 NEW
フィリピンのGDP成長率、7~9月は6.9%に加速

フィリピン統計庁(PSA)が16日に発表した今年第3四半期(7~9月)の実質GDP成長率(速報値)は、前年同期比6.9%となり、前期の6.7%(改定値)から0.2ポイント加速した。半導体関連を中心に輸出が好調で、輸出から輸入を差し引いた純輸出のマイナス幅が縮小したことが、成長率を...[記事全文]

2017.11.14
マレーシア企業の18年昇給率、管理職は平均5.53%の見通し

マレーシア経営者連盟(MEF)が10日に発表した調査結果によると、2018年に会員企業が見込む平均昇給率は、管理職が5.53%、非管理職が5.42%となった。また、18年の賞与額の見通しをみると、管理職が平均2.14ヵ月分で、17年の2.09ヵ月から上昇。非管理職も2.02ヵ月分...[記事全文]

2017.11.13
シンガポール富裕層人口、16年は6%増の11万人で過去最高

仏コンサルティング大手キャップジェミニが発表した「アジア太平洋資産報告書2017」によると、投資可能資産を100万ドル(約1億1,400万円)以上保有するシンガポールの個人富裕層の人口は、2016年に前年比6.0%増の10万9,800人となり、過去最高を記録した。キャップジェミニ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年03月16日