海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.03.16
マレーシアの金産出量、10年で3倍超の拡大

マレーシア鉱業会議所(MCM)のモハマド・ノール専務理事によると、同国の金産出量は2006年からの10年間で3倍以上に拡大した。マレーシアの年間産出量は03年に過去最高の4.739トンに達してから減少し、09年に2.794トンまで落ち込んだが、金価格の上昇を受けて15年には4.732トンに回復。15年の産出額は7億8,080万リンギ(約201億円)となり、06年の2億1,100万リンギの3倍以上になった。

国内の金鉱山は、国内最大の産出量を誇るパハン州のほか、クランタン州、トレンガヌ州など計14ヵ所にあるが、天然資源・環境省の鉱物・地学局による金鉱探査で、ジョホール、クランタン、パハン、サバ、サラワクの各州で大規模な金鉱が確認されており、数年後には産出量が最高記録を更新する可能性があるという。


関連記事

2017.09.22 NEW
フィリピン中銀、24会合連続で政策金利の据え置きを決定

フィリピン中央銀行は21日に開かれた金融委員会の政策決定会合で、政策金利の据え置きを決めた。翌日物貸出金利(OLF)を3.5%、翌日物借入金利(RRP)を3.0%、翌日物預金金利(ODF)を2.5%に据え置き、預金準備率も現行水準の20%を維持した。 物価上昇率が2017~19...[記事全文]

2017.09.21 NEW
米FRBが保有資産の縮小を決定、10月から段階的に

米連邦準備理事会(FRB)は20日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、2008年の金融危機後に導入した量的緩和政策を完全に終了し、保有資産の縮小に踏み出すことを決定した。08~14年に購入した米国債などの保有量を10月から段階的に減らしていく方針で、米景気の拡大局面が9年目に突...[記事全文]

2017.09.21 NEW
8月の訪タイ外国人旅行者は8.7%増、6ヵ月連続のプラス成長

タイ観光・スポーツ省は19日、8月にタイを訪れた外国人旅行者数が前年同月比8.7%増の313万3,411人だったと発表した。プラス成長は6ヵ月連続。外国人旅行者数を国・地域別にみると、中国が10.3%増の98万3,212人で首位。以下、2位がマレーシアで9.9%増の27万7,60...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年03月16日