海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.03.16
マレーシアの金産出量、10年で3倍超の拡大

マレーシア鉱業会議所(MCM)のモハマド・ノール専務理事によると、同国の金産出量は2006年からの10年間で3倍以上に拡大した。マレーシアの年間産出量は03年に過去最高の4.739トンに達してから減少し、09年に2.794トンまで落ち込んだが、金価格の上昇を受けて15年には4.732トンに回復。15年の産出額は7億8,080万リンギ(約201億円)となり、06年の2億1,100万リンギの3倍以上になった。

国内の金鉱山は、国内最大の産出量を誇るパハン州のほか、クランタン州、トレンガヌ州など計14ヵ所にあるが、天然資源・環境省の鉱物・地学局による金鉱探査で、ジョホール、クランタン、パハン、サバ、サラワクの各州で大規模な金鉱が確認されており、数年後には産出量が最高記録を更新する可能性があるという。


関連記事

2018.01.22 NEW
17年7~9月期のフィリピンGDP成長率、7%に上方修正

フィリピン統計庁(PSA)は、2017年第3四半期(7~9月)のGDP成長率を前年同期比6.9%から7.0%に上方修正したことを明らかにした。製造業、自動車や二輪車の販売や修理、鉱業、採石などが上方修正に寄与したという。...[記事全文]

2018.01.17
高級ホテル「バンヤンツリーKL」が6月に開業、マレーシア初進出

シンガポールのホテル運営会社バンヤンツリー・ホテルズ&リゾーツは今年6月、マレーシアの首都クラルンプール中心部のジャラン・コンレイ沿いに、高級ホテル「バンヤンツリー・クアラルンプール」を開業する。同ブランドのマレーシア進出は初となる。 同ホテルは、人気ショッピングモール「パ...[記事全文]

2018.01.16
11月の在外フィリピン人送金額、3.2%増の25.2億ドル

フィリピン中央銀行によると、2017年11月のフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)を含む在外フィリピン人からの送金額(銀行経由のみ)は、前年同月比2.0%増の22億6,200万ドル(約2,500億円)となった。送金額の増加への寄与度は、米国(1.1%ポイント)とドイツ(0.9%...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年03月16日