海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.03.17
タイ住宅大手サンシリ、都心中枢の超高級物件を10%値上げへ

タイの住宅開発大手センシリは、バンコクのウィタユ通りで開発を進めている超高級コンドミニアム「98ワイヤレス」(全77戸)の販売価格を10%引き上げると明らかにした。首都中心部の超高級物件は供給が少なく、さらに価格上昇が続く見通し。現在、1戸の分譲価格は7,000万~6億5,000万バーツ(約2億2,680万~21億600万円)で、最高値のペントハウス3戸は既に完売している。

98ワイヤレスの予約率は50%以上で、これまでに予約した顧客は主にタイ人。今後は、中国、シンガポール、香港、台湾、日本などの需要を取り込み、年内に完売したい考えで、購入者の外国人比率は最終的に20%程度になるとみている。


関連記事

2018.04.24 NEW
サンケイビルと京阪HD、フィリピンのオフィス開発事業に初参画

フジサンケイグループの不動産開発部門であるサンケイビルと京阪ホールディングス(HD)は23日、フィリピン・マニラ首都圏マカティ市のオフィスビル開発事業に参画することを発表した。両社にとって、フィリピンの不動産開発事業に参画するのは初めてとなる。堅調な経済成長と人口増加を背景に、マ...[記事全文]

2018.04.19
米系ホテル「ラディソン・レッド」がフィリピン進出、セブ州に開業へ

フィリピン・セブ州の地場デベロッパーであるセブ・ランドマスターズは18日、世界的ホテルチェーンの米ラディソン・ホテル・グループが展開する「ラディソン・レッド」ブランドのホテルを、同州マンダウエ市のASフォーチュナ通り沿いで進む複合開発「アストラ・センター」の一環として建設する計画...[記事全文]

2018.04.17
シンガポールの超高級コンド取引が活発化、海外資本が注目

シンガポールの都市再開発庁(URA)によると、2018年1~4月に1,000万Sドル(約8億1,700万円)超で取引されたコンドミニアムが、前年同期比2倍の20戸となった。海外市場の成長が鈍化する中、近年軟調が続き比較的割安感が出ていたシンガポールの物件購入を狙う海外投資家が増え...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年03月17日