海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.03.17
タイ住宅大手サンシリ、都心中枢の超高級物件を10%値上げへ

タイの住宅開発大手センシリは、バンコクのウィタユ通りで開発を進めている超高級コンドミニアム「98ワイヤレス」(全77戸)の販売価格を10%引き上げると明らかにした。首都中心部の超高級物件は供給が少なく、さらに価格上昇が続く見通し。現在、1戸の分譲価格は7,000万~6億5,000万バーツ(約2億2,680万~21億600万円)で、最高値のペントハウス3戸は既に完売している。

98ワイヤレスの予約率は50%以上で、これまでに予約した顧客は主にタイ人。今後は、中国、シンガポール、香港、台湾、日本などの需要を取り込み、年内に完売したい考えで、購入者の外国人比率は最終的に20%程度になるとみている。


関連記事

2017.09.21 NEW
8月の訪タイ外国人旅行者は8.7%増、6ヵ月連続のプラス成長

タイ観光・スポーツ省は19日、8月にタイを訪れた外国人旅行者数が前年同月比8.7%増の313万3,411人だったと発表した。プラス成長は6ヵ月連続。外国人旅行者数を国・地域別にみると、中国が10.3%増の98万3,212人で首位。以下、2位がマレーシアで9.9%増の27万7,60...[記事全文]

2017.09.19
フィリピン保険委員会、損保会社の不動産投資を解禁

フィリピン財務省傘下の保険委員会(IC)は14日、損害保険会社の投資規制を緩和し、運用する資金で不動産に投資することを解禁すると発表した。低金利で資産運用が厳しい状況にある損保会社が、新たな収益源を確保できるようにする狙いがある。 規制緩和の対象となるのは、純資産が少なくと...[記事全文]

2017.09.19
バンコクに健康テーマの複合商業施設、11月中旬開業

イベント運営などを手掛けるタイのスポーツ・ソサエティーは18日、バンコク中心部のラマ1世通りに健康とスポーツをテーマにした複合商業施設「スタジアム・ワン」を開業すると発表した。投資額は2億バーツ(約6億7,300万円)で、11月中旬の開業を見込んでいる。 10ライ(1万6,...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年03月17日