海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.03.21
マニラ首都圏のBRT整備、世界銀行が6460万ドル融資へ

世界銀行は16日、マニラ首都圏のバス高速輸送システム(BRT)整備事業に6,460万ドル(72億8,000万円)を融資することを承認した。対象はマニラ市とケソン市をつなぐBRT第1レーン(エスパーニャ大通り~ケソン通り)。

BRT第1レーンの事業費1億940万ドルのうち、世銀が4,070万ドル、発展途上国の気候変動対策を支援する世銀内のクリーン・テクノロジー基金(CTF)が2,390万ドルを融資、残りの4,480万ドルはフィリピン政府が負担する。事業にはBRTレーンの建設だけではなく、バスターミナルや分離帯建設なども含まれる。BRT第1レーンは2020年完成予定で、1日当たり30万人の利用者が想定されている。


関連記事

2017.07.28 NEW
今後5年間のフィリピンGDP成長率は平均6.6%、格付け会社フィッチ予測

大手格付け会社のフィッチ・レーティングスはこのほど、向こう5年間のフィリピンのGDP成長率を、年平均6.6%とする予想を発表した。フィッチは、健全な財政状況や政府のインフラ支出などを背景に、今年のGDP成長率を6.8%と予測。大統領選挙が実施された昨年通年の6.9%は下回るものの...[記事全文]

2017.07.28 NEW
アマゾンがシンガポールでサービス開始、東南アジア初

米インターネット通販大手アマゾンは27日、シンガポールで注文後2時間以内に配達するサービス「プライムナウ」の提供を開始した。同社が東南アジアで事業展開するのは初となる。プライムナウでは、食料品や家電、玩具、ゲーム、文具、化粧品など様々な商品を取り扱う。利用者はプライムナウの携帯端...[記事全文]

2017.07.24
フィリピン不動産オルティガス、1250億ペソを再開発投資へ

フィリピンの不動産開発会社オルティガス・アンド・カンパニーは、マニラ首都圏で予定する3件の再開発計画に総額1,250億ペソ(約2,760億円)を投入する計画。投資予定先の再開発事業は、サンフアン市の商業施設「グリーンヒルズ・ショッピング・センター」(投資額600億ペソ)、パシッグ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年03月21日