海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.03.21
マニラ首都圏のBRT整備、世界銀行が6460万ドル融資へ

世界銀行は16日、マニラ首都圏のバス高速輸送システム(BRT)整備事業に6,460万ドル(72億8,000万円)を融資することを承認した。対象はマニラ市とケソン市をつなぐBRT第1レーン(エスパーニャ大通り~ケソン通り)。

BRT第1レーンの事業費1億940万ドルのうち、世銀が4,070万ドル、発展途上国の気候変動対策を支援する世銀内のクリーン・テクノロジー基金(CTF)が2,390万ドルを融資、残りの4,480万ドルはフィリピン政府が負担する。事業にはBRTレーンの建設だけではなく、バスターミナルや分離帯建設なども含まれる。BRT第1レーンは2020年完成予定で、1日当たり30万人の利用者が想定されている。


関連記事

2017.09.22 NEW
フィリピン中銀、24会合連続で政策金利の据え置きを決定

フィリピン中央銀行は21日に開かれた金融委員会の政策決定会合で、政策金利の据え置きを決めた。翌日物貸出金利(OLF)を3.5%、翌日物借入金利(RRP)を3.0%、翌日物預金金利(ODF)を2.5%に据え置き、預金準備率も現行水準の20%を維持した。 物価上昇率が2017~19...[記事全文]

2017.09.22 NEW
ビアードパパ、東南アジア初の直営店をシンガポールにオープン

永谷園傘下の麦の穂は21日、シュークリーム専門店「ビアードパパ」の東南アジア初の直営店をシンガポールにオープンした。新直営店は繁華街オーチャードの商業施設「プラザ・シンガプーラ」の地下2階にあり、MRT(地下鉄・高架鉄道)ドービーゴート駅の改札を出てすぐの場所に位置している。新商...[記事全文]

2017.09.21 NEW
フィリピンの大規模インフラ整備、域内で「最も準備が整っている」と評価

フィリピンの財務省はこのほど、国連アジア太平洋経済社会委員会(UNESCAP)から、東南アジア諸国連合(ASEAN)10ヵ国の中で、フィリピンは大規模なインフラ整備を実行するための準備が最も整ってると評価されたと明らかにした。 財務省を代表して協議に参加したベルトラン財務次...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年03月21日