海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.04.20
セブは世界で2番目に友好的な島、米旅行誌トラベル+レジャー

米ニューヨーク拠点の旅行誌「トラベル+レジャー」で、セブが世界で2番目に友好的な島に選ばれた。1位はパラワン島、3位はルソン島、4位はボラカイ島、5位はニュージーランドで、上位4島をフィリピンが独占した。

投票は世界の旅行者が料理、空港、リゾートや滞在施設などの旅行経験を基に評価を行った。セブは親切な人柄、保存状態の良い植民地時代の建築、英語での意思疎通が可能なことなどが高く評価された。セブはこのほか、雑誌「ニューヨーク・マガジン」でも、世界で6番目に良い島に認定されている。


関連記事

2017.04.24 NEW
ミシュランガイド、12月にバンコク版を発行へ

フランスのタイヤ大手ミシュランとタイ国政府観光庁(TAT)は21日、12月にレストランやホテルの格付け本「ミシュランガイド・バンコク2018」を発行すると発表した。東南アジアでは、シンガポールに次ぐ2ヶ国目となる。 ミシュランとTATは、共同事業として5年間にわたり毎年ミシ...[記事全文]

2017.04.21
比不動産大手アヤラ、今年は3件の複合開発事業をスタート

フィリピンの不動産開発大手アヤラ・ランド(ALI)はこのほど、今年新たに3件の複合開発事業を立ち上げると発表した。対象となるのはカビテ州カウィットの「エボ・シティー」、ダバオ市での地場アルカンタラ・グループとの合弁事業「アズエラ・コーブ」、首都圏パシッグ市とケソン市にまたがる環状...[記事全文]

2017.04.20
ニノイ・アキノ空港とカジノ地区を結ぶ歩道橋が完成

フィリピンのニノイ・アキノ国際空港第3ターミナル(NAIA3)と、カジノやホテル、商業施設などの複合開発地区「ニューポート・シティー」を結ぶ歩道橋が18日に完成した。1日当たり最大21万6,000人が利用できる。 「ランウェイ・マニラ」と呼ばれる歩道橋は、高さ17.8m、全...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年04月20日