海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.04.20
セブは世界で2番目に友好的な島、米旅行誌トラベル+レジャー

米ニューヨーク拠点の旅行誌「トラベル+レジャー」で、セブが世界で2番目に友好的な島に選ばれた。1位はパラワン島、3位はルソン島、4位はボラカイ島、5位はニュージーランドで、上位4島をフィリピンが独占した。

投票は世界の旅行者が料理、空港、リゾートや滞在施設などの旅行経験を基に評価を行った。セブは親切な人柄、保存状態の良い植民地時代の建築、英語での意思疎通が可能なことなどが高く評価された。セブはこのほか、雑誌「ニューヨーク・マガジン」でも、世界で6番目に良い島に認定されている。


関連記事

2018.01.16 NEW
11月の在外フィリピン人送金額、3.2%増の25.2億ドル

フィリピン中央銀行によると、2017年11月のフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)を含む在外フィリピン人からの送金額(銀行経由のみ)は、前年同月比2.0%増の22億6,200万ドル(約2,500億円)となった。送金額の増加への寄与度は、米国(1.1%ポイント)とドイツ(0.9%...[記事全文]

2018.01.16 NEW
ジョホール州に国内最大の屋内型テーマパークが誕生へ、年内にも開業

シンガポールの不動産開発会社Capital World Limitedは15日、マレーシア南部ジョホール州に国内最大の屋内型テーマパーク「Capital City」を年内にも開業すると発表した。同施設にはショッピングモールのほか、「ヒルトン・ガーデンイン」ブランドのホテル(315...[記事全文]

2018.01.15
プノンペン郊外に新国際空港を建設へ、観光客の増加に対応

カンボジア政府は、首都プノンペン郊外のカンダル州タカマオ市にある2600ヘクタールの敷地に、新たな国際空港を建設すると発表した。投資額は15億ドル(約1,650億円)程度を想定しており、空港の規模としては世界遺産アンコールワット近くのシェムリアップ国際空港と同等を見込んでいる。 ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年04月20日