海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.04.21
タイ住宅大手AP、三菱地所との新たな共同開発プロジェクトを発表

タイの住宅開発大手AP(タイランド)は20日、三菱地所グループの三菱地所レジデンスとバンコクで開発するコンドミニアム「ライフ・ラプラオ」を発表した。ライフ・ラプラオは、地下鉄パホンヨーティン駅から徒歩5分の7ライ(1万1,200m2)の土地に建設。45階建てと46階建ての2棟、計1,615戸で構成され、スタジオタイプ(26~29m2)、1ベッドルーム(35m2)、2ベッドルーム(48.5~75m2)の3タイプからなる。1戸290万バーツからで、年内に着工、、2020年中の完工を見込む。

AP社は今年、三菱地所との事業を計3件計画しており、バンコクのウィタユ通りでライフ・ラプラオと同程度の事業規模のコンドミニアムを開発するほか、下半期(7~12月)にもラマ9世通りで「ライフ」ブランドの物件を発売する計画。


関連記事

2017.04.24 NEW
ミシュランガイド、12月にバンコク版を発行へ

フランスのタイヤ大手ミシュランとタイ国政府観光庁(TAT)は21日、12月にレストランやホテルの格付け本「ミシュランガイド・バンコク2018」を発行すると発表した。東南アジアでは、シンガポールに次ぐ2ヶ国目となる。 ミシュランとTATは、共同事業として5年間にわたり毎年ミシ...[記事全文]

2017.04.21
比不動産大手アヤラ、今年は3件の複合開発事業をスタート

フィリピンの不動産開発大手アヤラ・ランド(ALI)はこのほど、今年新たに3件の複合開発事業を立ち上げると発表した。対象となるのはカビテ州カウィットの「エボ・シティー」、ダバオ市での地場アルカンタラ・グループとの合弁事業「アズエラ・コーブ」、首都圏パシッグ市とケソン市にまたがる環状...[記事全文]

2017.04.21
日本食レストラン「やよい軒」、今後5年でタイの店舗数を300店へ

タイの外食チェーン、MKレストラン・グループは、日本食レストラン「やよい軒」の出店ペースを加速させ、タイ店舗数を向こう5年で約2倍の300店舗に増やす考え。同社は日本の同業プレナスからやよい軒のフランチャイズ(FC)権を取得しており、同チェーン店の海外店のうち9割近くを担っている...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年04月21日