海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.04.21
タイ住宅大手AP、三菱地所との新たな共同開発プロジェクトを発表

タイの住宅開発大手AP(タイランド)は20日、三菱地所グループの三菱地所レジデンスとバンコクで開発するコンドミニアム「ライフ・ラプラオ」を発表した。ライフ・ラプラオは、地下鉄パホンヨーティン駅から徒歩5分の7ライ(1万1,200m2)の土地に建設。45階建てと46階建ての2棟、計1,615戸で構成され、スタジオタイプ(26~29m2)、1ベッドルーム(35m2)、2ベッドルーム(48.5~75m2)の3タイプからなる。1戸290万バーツからで、年内に着工、、2020年中の完工を見込む。

AP社は今年、三菱地所との事業を計3件計画しており、バンコクのウィタユ通りでライフ・ラプラオと同程度の事業規模のコンドミニアムを開発するほか、下半期(7~12月)にもラマ9世通りで「ライフ」ブランドの物件を発売する計画。


関連記事

2017.07.25 NEW
6月の米中古住宅販売は在庫難の中1.8%減、価格は過去最高

全米リアルター協会(NAR)が24日に発表した6月の米中古住宅販売戸数(季節調整済み)は、年率換算で前月比1.8%減の552万戸だった。深刻な供給不足によって、販売が抑制される状況が続いている。一方、供給不足の中でも物件の取得競走は激しく、中古住宅価格(中央値)は前年同月比6.5...[記事全文]

2017.07.24
フィリピン不動産オルティガス、1250億ペソを再開発投資へ

フィリピンの不動産開発会社オルティガス・アンド・カンパニーは、マニラ首都圏で予定する3件の再開発計画に総額1,250億ペソ(約2,760億円)を投入する計画。投資予定先の再開発事業は、サンフアン市の商業施設「グリーンヒルズ・ショッピング・センター」(投資額600億ペソ)、パシッグ...[記事全文]

2017.07.24
タイ不動産開発ブティック、プラカノン駅前に複合施設

タイの不動産開発会社ブティック・コーポレーションは20日、バンコクの高架鉄道(BTS)のプラカノン駅前に商業施設とオフィスビルから成る複合施設「サマーヒル」の建設を進めていることを明らかにした。投資額は5億5,000万バーツ(約18億3,000万円)で、12月に開業する。 ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年04月21日