海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.04.21
タイ住宅大手AP、三菱地所との新たな共同開発プロジェクトを発表

タイの住宅開発大手AP(タイランド)は20日、三菱地所グループの三菱地所レジデンスとバンコクで開発するコンドミニアム「ライフ・ラプラオ」を発表した。ライフ・ラプラオは、地下鉄パホンヨーティン駅から徒歩5分の7ライ(1万1,200m2)の土地に建設。45階建てと46階建ての2棟、計1,615戸で構成され、スタジオタイプ(26~29m2)、1ベッドルーム(35m2)、2ベッドルーム(48.5~75m2)の3タイプからなる。1戸290万バーツからで、年内に着工、、2020年中の完工を見込む。

AP社は今年、三菱地所との事業を計3件計画しており、バンコクのウィタユ通りでライフ・ラプラオと同程度の事業規模のコンドミニアムを開発するほか、下半期(7~12月)にもラマ9世通りで「ライフ」ブランドの物件を発売する計画。


関連記事

2017.11.17 NEW
アンダーズホテルがシンガポールに開業、東南アジア初

米ホテル大手ハイアット・ホテルズ・コーポレーションは15日、シンガポールにアンダーズホテルを開業したと発表した。同ブランドのホテルは東南アジアで初めて。中心部ブギスの2棟から成る39階建ての複合施設「デュオ」の1棟のうち17フロアを使用し、客室数は342室。MRT(地下鉄・高架鉄...[記事全文]

2017.11.17 NEW
アスコット、カンボジアに初のサービスレジデンスを開業

シンガポール政府系不動産開発会社キャピタランド傘下のサービスアパート運営大手アスコットは、カンボジアの首都プノンペンのダイヤモンド島に、サービスレジデンス「CASAメリディアン・レジデンス」を開業した。同社がカンボジアで物件を運営するのは初めてで、旅行や仕事などで訪れる長期滞在の...[記事全文]

2017.11.16 NEW
比財閥系JGサミット、セブで大型複合開発を計画

セブ市のオスメーニャ市長は、財閥ゴコンウェイ・グループの持ち株会社JGサミット・ホールディングスが、南部の埋め立て地「サウス・ロード・プロパティーズ(SRP)」での複合開発事業を市政府に打診していると明らかにした。事業費は180億ペソ(約398億円)規模。 オスメーニャ市長...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年04月21日