海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.04.21
タイ住宅大手AP、三菱地所との新たな共同開発プロジェクトを発表

タイの住宅開発大手AP(タイランド)は20日、三菱地所グループの三菱地所レジデンスとバンコクで開発するコンドミニアム「ライフ・ラプラオ」を発表した。ライフ・ラプラオは、地下鉄パホンヨーティン駅から徒歩5分の7ライ(1万1,200m2)の土地に建設。45階建てと46階建ての2棟、計1,615戸で構成され、スタジオタイプ(26~29m2)、1ベッドルーム(35m2)、2ベッドルーム(48.5~75m2)の3タイプからなる。1戸290万バーツからで、年内に着工、、2020年中の完工を見込む。

AP社は今年、三菱地所との事業を計3件計画しており、バンコクのウィタユ通りでライフ・ラプラオと同程度の事業規模のコンドミニアムを開発するほか、下半期(7~12月)にもラマ9世通りで「ライフ」ブランドの物件を発売する計画。


関連記事

2017.09.21 NEW
8月の訪タイ外国人旅行者は8.7%増、6ヵ月連続のプラス成長

タイ観光・スポーツ省は19日、8月にタイを訪れた外国人旅行者数が前年同月比8.7%増の313万3,411人だったと発表した。プラス成長は6ヵ月連続。外国人旅行者数を国・地域別にみると、中国が10.3%増の98万3,212人で首位。以下、2位がマレーシアで9.9%増の27万7,60...[記事全文]

2017.09.19
フィリピン保険委員会、損保会社の不動産投資を解禁

フィリピン財務省傘下の保険委員会(IC)は14日、損害保険会社の投資規制を緩和し、運用する資金で不動産に投資することを解禁すると発表した。低金利で資産運用が厳しい状況にある損保会社が、新たな収益源を確保できるようにする狙いがある。 規制緩和の対象となるのは、純資産が少なくと...[記事全文]

2017.09.19
バンコクに健康テーマの複合商業施設、11月中旬開業

イベント運営などを手掛けるタイのスポーツ・ソサエティーは18日、バンコク中心部のラマ1世通りに健康とスポーツをテーマにした複合商業施設「スタジアム・ワン」を開業すると発表した。投資額は2億バーツ(約6億7,300万円)で、11月中旬の開業を見込んでいる。 10ライ(1万6,...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年04月21日