海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.04.21
日本食レストラン「やよい軒」、今後5年でタイの店舗数を300店へ

タイの外食チェーン、MKレストラン・グループは、日本食レストラン「やよい軒」の出店ペースを加速させ、タイ店舗数を向こう5年で約2倍の300店舗に増やす考え。同社は日本の同業プレナスからやよい軒のフランチャイズ(FC)権を取得しており、同チェーン店の海外店のうち9割近くを担っている。タイ店舗数は今年3月末時点で159店舗で、現在は店舗数のうちバンコクが60%を占めるが、観光客が多い地方を中心にネットワークを拡充していく。


関連記事

2017.11.22 NEW
10月の訪タイ外国人旅行者は20.9%増、今年最高の伸び

タイ観光・スポーツ省は20日、10月にタイを訪れた外国人旅行者数が前年同月比20.9%増の272万3,971人だったと発表した。プラス成長は8ヵ月連続で、伸び率は今年最高となった。外国人旅行者数を国・地域別にみると、中国が69.8%増の80万5,574人で首位。以下、マレーシアが...[記事全文]

2017.11.22 NEW
タイの交通インフラ事業、来年は1兆円超の見通し

タイのアーコム運輸相は、来年に実施する交通インフラ事業が、総額約3,100億バーツ(約1兆600億円)になるとの試算を明らかにした。内訳は、1,522億バーツが陸運事業、962億バーツが鉄道事業、535億バーツが空運事業、73億バーツが海運事業に充てられる。一方、2017年から2...[記事全文]

2017.11.21 NEW
三菱商事、マニラ首都圏のLRT車両を300億円で受注へ

三菱商事は20日、フィリピン・マニラ首都圏のLRT(軽量高架鉄道)1号線向けの鉄道車両120両(30編成)の受注が内定したと発表した。契約予定額は約300億円。モーターやブレーキ、インバーターなど日本製の機器類を採用し、スペインの鉄道車両メーカー最大手CAFが製造する。同社がフィ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年04月21日