海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.04.21
比不動産大手アヤラ、今年は3件の複合開発事業をスタート

フィリピンの不動産開発大手アヤラ・ランド(ALI)はこのほど、今年新たに3件の複合開発事業を立ち上げると発表した。対象となるのはカビテ州カウィットの「エボ・シティー」、ダバオ市での地場アルカンタラ・グループとの合弁事業「アズエラ・コーブ」、首都圏パシッグ市とケソン市にまたがる環状道路5号線(C5)沿いで手掛けるプロジェクト。敷地面積はエボ・シティーが250ヘクタール、アズエラ・コーブが25ヘクタール、C5沿いが35ヘクタールとなる。

ALIは低金利、ビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)業界の活況、フィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)からの送金などを背景に、不動産需要が伸びるとみており、開発事業を拡大する方針。今年は事業総額1,170億ペソ(約2,559億円)のプロジェクトを立ち上げる予定で、うち1,000億ペソ相当が住宅開発事業となる見込み。


関連記事

2017.11.21 NEW
三菱商事、マニラ首都圏のLRT車両を300億円で受注へ

三菱商事は20日、フィリピン・マニラ首都圏のLRT(軽量高架鉄道)1号線向けの鉄道車両120両(30編成)の受注が内定したと発表した。契約予定額は約300億円。モーターやブレーキ、インバーターなど日本製の機器類を採用し、スペインの鉄道車両メーカー最大手CAFが製造する。同社がフィ...[記事全文]

2017.11.21 NEW
大和ハウスのジョホール州事業、最高アワード受賞

マレーシアの不動産開発大手サンウェイ・グループ傘下のサンウェイ・プロパティーは20日、ジョホール州で大和ハウス工業と取り組む住宅事業「サクラ・レジデンス」が大手不動産情報サイト「アイ・プロパティー」のベスト・インターナショナル・デベロップメント・アワードを受賞したと発表した。 ...[記事全文]

2017.11.17
フィリピンのGDP成長率、7~9月は6.9%に加速

フィリピン統計庁(PSA)が16日に発表した今年第3四半期(7~9月)の実質GDP成長率(速報値)は、前年同期比6.9%となり、前期の6.7%(改定値)から0.2ポイント加速した。半導体関連を中心に輸出が好調で、輸出から輸入を差し引いた純輸出のマイナス幅が縮小したことが、成長率を...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年04月21日