海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

売買物件[物件詳細情報]

カンボジア ボダイジュ レジデンス( Bodaiju Residences )

(写真01)
種別 コンドミニアム (2017年末完成予定)
国/エリア カンボジア / プノンペン
開発会社 Creed Group
所在地 Phum Tangoun, Sangkat Kakap,Khan Porsen Chey,Phnom Penh, Cambodia
基本情報 総戸数約900戸 (14階建て)
タイプ 間取り 参考価格 専有面積 お気に入りに追加
タイプA 1Bed 1,174万円 (103,700USD) 55㎡ お気に入りに追加
タイプB 2Bed 1,804万円 (159,400USD) 87㎡ お気に入りに追加

※ユニット価格は階数、諸条件などにより上下します。詳細はお問い合わせください。


設備・条件 学校近い、病院近い、プール、ジム、駐車場(無料)、ジョギングトラック、BBQエリア、ガーデン、カフェテリア、屋上庭園、クラブハウス、先行販売、ミニマート、スカイフィットネス、キッズスペース、日本庭園、ガーデンパビリオン、サンデッキ、ガードハウスなど
コメント

「Bodaiju Residences(ボダイジュ レジデンス)」は、カンボジアの政治・経済の中心地「プノンペン」にある国際空港至近で開発が進む大型商業施設の隣接地に、同国初の日系企業による総合プロデュース物件として誕生する、6棟構成、14階建て、総戸数約900戸の高級コンドミニアムです。
今回ご紹介するのは、第1フェーズとして2017年末に完成予定のA・B棟(全372戸)であり、「3年間・年7%の利回り保証付」という大変魅力的な条件を備えた物件となります。


本物件の開発・施工管理は、1996年に東京で創業し、現在は東南アジアを中心に不動産開発やプロジェクトファイナンスなどを展開している「クリード・グループ」が担当。加えて、物件引き渡し後の賃貸管理・売却サポートについても、クリード社が本プロジェクトのために設立するプロパティマネジメント会社が行う予定であるなど、「ボダイジュ レジデンス」には日系企業がトータルサポートを行ってくれるという安心感があります
緑豊かで住み心地の良い住環境が広がる本物件には、プール、ジム、BBQエリア、ミニマート、フォレストカフェ、キッズスペース、クラブハウスなど、カンボジア有数の充実した共有施設も設置予定であり、居住者に快適な時間をもたらしてくれることでしょう。


市内中心部から西に約7kmの場所に誕生する本物件は、日本からの定期直行便も運航する「プノンペン国際空港」まで徒歩約15分と至近。また、物件西側約8kmの場所には、トヨタ自動車や味の素など40社超の日系企業が進出する「プノンペン経済特区(PPSEZ)」もあり、都心部と経済特区に挟まれた利便性の高いロケーションを誇ります。
隣接区画では、ショッピングモール、スーパーマーケット、ホテル、映画館、ボーリング場などからなる大型複合商業施設「Lion City Gateway」の開発が進行しており、カンボジアに住む人々のライフスタイルに変化をもたらす新たなランドマークとなることが期待されています。


さらに、本物件はカンボジア初の日本人学校である「プノンペン日本人学校」まで車で約7分と近距離にあるほか、市内中心部に数多く集まるインター校へのアクセス性も良好。日本語通訳サービスも提供しているカンボジア最大級の総合病院「ロイヤル・プノンペン病院」までも車で13分程度であるなど、物件周辺には外国人駐在員でも生活しやすい環境が広がっています。


現在プノンペンでは、ボンケンコン地区などの中枢エリアで人口の過密化や不動産価格の高騰が進んでいることから、川に遮られていない西側方向に市街地が拡大傾向にあります。また、渋滞が厳しくなり、職住近接のニーズが増加する中、優れたアクセス性を誇りながらも物件の平均単価が都心部の半額程度と割安感がある空港周辺エリアへの注目度が高まっています
新規物件の供給が都心部に偏る一方で、空港周辺では外国人が好む質の高いコンドミニアムの供給はほとんどないため、本物件は賃貸需要の受け皿として高い競争力を発揮することが期待されます。


本物件の購入にあたっては、物件購入代金の最大80%を日本円の固定金利3.85%(追加担保不要)で借り入れできる限定ファイナンスも提供されています(詳細はお問い合わせください)。
ご興味をお持ちの方は、是非お早めにお問い合わせください。

  • (写真02)
  • (写真03)
  • (写真04)
  • (写真05)