海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.05.18
ジョホールバル中心部の国際ビジネス地区に連絡橋を整備へ

マレーシア・ジョホール州ジョホールバル中心部に建設されるイブラヒム国際ビジネス地区(IIBD)内に2億5,000万リンギ(約65億円)を投じ、連絡橋や歩道橋が整備されることとなった。

一連の整備事業に含まれるプルサダ連絡橋は、公共交通機関のハブとなる「JBセントラル」と「プルサダ・アネックス」を結ぶ全長268mの歩行者専用橋となる。歩道橋は「トゥブラウ・コリドー」や高層ビル街の「コロネーション・スクエア」を結ぶ。 

IIBDはジョホール州政府系の投資会社ジョホール・コープの主導により、ジョホールバルのコーズウェイ近くの市街地を再開発し、約100ヘクタールの用地にオフィスビル、医療施設、商業施設などを建設するプロジェクトとなる。


関連記事

2018.04.24 NEW
サンケイビルと京阪HD、フィリピンのオフィス開発事業に初参画

フジサンケイグループの不動産開発部門であるサンケイビルと京阪ホールディングス(HD)は23日、フィリピン・マニラ首都圏マカティ市のオフィスビル開発事業に参画することを発表した。両社にとって、フィリピンの不動産開発事業に参画するのは初めてとなる。堅調な経済成長と人口増加を背景に、マ...[記事全文]

2018.04.19
米系ホテル「ラディソン・レッド」がフィリピン進出、セブ州に開業へ

フィリピン・セブ州の地場デベロッパーであるセブ・ランドマスターズは18日、世界的ホテルチェーンの米ラディソン・ホテル・グループが展開する「ラディソン・レッド」ブランドのホテルを、同州マンダウエ市のASフォーチュナ通り沿いで進む複合開発「アストラ・センター」の一環として建設する計画...[記事全文]

2018.04.17
シンガポールの超高級コンド取引が活発化、海外資本が注目

シンガポールの都市再開発庁(URA)によると、2018年1~4月に1,000万Sドル(約8億1,700万円)超で取引されたコンドミニアムが、前年同期比2倍の20戸となった。海外市場の成長が鈍化する中、近年軟調が続き比較的割安感が出ていたシンガポールの物件購入を狙う海外投資家が増え...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年05月18日