海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.05.18
ジョホールバル中心部の国際ビジネス地区に連絡橋を整備へ

マレーシア・ジョホール州ジョホールバル中心部に建設されるイブラヒム国際ビジネス地区(IIBD)内に2億5,000万リンギ(約65億円)を投じ、連絡橋や歩道橋が整備されることとなった。

一連の整備事業に含まれるプルサダ連絡橋は、公共交通機関のハブとなる「JBセントラル」と「プルサダ・アネックス」を結ぶ全長268mの歩行者専用橋となる。歩道橋は「トゥブラウ・コリドー」や高層ビル街の「コロネーション・スクエア」を結ぶ。 

IIBDはジョホール州政府系の投資会社ジョホール・コープの主導により、ジョホールバルのコーズウェイ近くの市街地を再開発し、約100ヘクタールの用地にオフィスビル、医療施設、商業施設などを建設するプロジェクトとなる。


関連記事

2017.07.28 NEW
アマゾンがシンガポールでサービス開始、東南アジア初

米インターネット通販大手アマゾンは27日、シンガポールで注文後2時間以内に配達するサービス「プライムナウ」の提供を開始した。同社が東南アジアで事業展開するのは初となる。プライムナウでは、食料品や家電、玩具、ゲーム、文具、化粧品など様々な商品を取り扱う。利用者はプライムナウの携帯端...[記事全文]

2017.07.27 NEW
マレーシアで8月から観光税開始、外国人のみ10リンギ

マレーシアのナズリ・アジズ観光・文化相は26日、国内の宿泊施設を利用する利用者に課される観光税を8月1日から開始すると明らかにした。マレーシア人は免除で、外国人からは宿泊施設のランクにかかわらず、1泊1室あたり10リンギ(約260円)徴収する。ホテル側は宿泊費用に含める形で観光税...[記事全文]

2017.07.26 NEW
ジョホール州、化学系など日本企業4社が新規投資へ

マレーシア・ジョホール州のモハメド・カレド州首相は、同州パシルグダンのタンジュンランサット工業団地に、日本企業4社による20億リンギ(約520億2,630万円)相当の投資が見込まれていると語った。 4社の業種は、プラスチックエンジニアリング、化学、ポリマー基礎製品などの分野...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年05月18日