海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.05.19
ペナン州のアイランド病院、600床の医療ハブ開発を計画

ペナン州ジョージタウンの民間病院であるアイランド病院は、メディカルツーリズム(医療観光)需要をターゲットとするベッド数600床規模の「アイランド・メディカルシティー」開発を計画している。開発規模は20億リンギ(約510億円)を超える見通し。

建設予定地は、既存のアイランド病院に隣接するピール大通りとピアス通りに囲まれた州の所有地。既存病院の300床と合わせてベッド数を600床に拡充する計画で、長期的には1,000床規模を目指す。同病院幹部は「完成すれば、マレーシアで初めて最新の医療器材と最先端の専門医療設備を備えた医療ハブになる」と説明した。


関連記事

2018.02.20 NEW
アジア太平洋地域の不動産取引額、17年は過去最高

米調査会社リアル・キャピタル・アナリスティクス(RCA)によると、アジア太平洋地域における2017年の不動産取引額は前年比6%増の1,575億ドル(約16兆8,000億円)となり、15年に記録した過去最高を更新した。物件種別ごとにみると、コンドミニアムなど集合住宅取引が57%増の...[記事全文]

2018.02.16
「しゃぶしゃぶ温野菜」がタイ進出、トンローに1号店をオープン

株式会社レインズ・インターナショナルは9日、バンコク・トンローのスクンビット・ソイ55に、しゃぶしゃぶチェーン「しゃぶしゃぶ温野菜」のタイ1号店をオープンした。同店はサービスアパート「サマセット・スクンビット・トンロー・バンコク」の1階に設けられており、店舗面積234m2、席数9...[記事全文]

2018.02.14
17年通年のマレーシアGDP成長率は5.9%増、3年ぶりの高水準

マレーシア中央銀行が発表した2017年通年のマレーシアGDP成長率は、雇用情勢の改善に伴う国内消費の好調や、外需の回復による輸出の拡大などを背景に、前年比5.9%増と3年ぶりの高水準を記録した。なお、同日発表された2017年第4四半期(10~12月)のGDP成長率は、民間セクター...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年05月19日