海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.05.19
ペナン州のアイランド病院、600床の医療ハブ開発を計画

ペナン州ジョージタウンの民間病院であるアイランド病院は、メディカルツーリズム(医療観光)需要をターゲットとするベッド数600床規模の「アイランド・メディカルシティー」開発を計画している。開発規模は20億リンギ(約510億円)を超える見通し。

建設予定地は、既存のアイランド病院に隣接するピール大通りとピアス通りに囲まれた州の所有地。既存病院の300床と合わせてベッド数を600床に拡充する計画で、長期的には1,000床規模を目指す。同病院幹部は「完成すれば、マレーシアで初めて最新の医療器材と最先端の専門医療設備を備えた医療ハブになる」と説明した。


関連記事

2017.05.26 NEW
日系病院DYM、バンコクに3院目を開設

ウェブコンサルティングや医療関連事業などを手掛けるDYM(東京都品川区)のタイ関連会社DYMメディカルサービスは25日、バンコクで3ヵ所目となる病院「DYMインターナショナルクリニック39院」を開設したと発表した。日本人駐在員やその家族などを対象に診療を行う。 新病院は、ス...[記事全文]

2017.05.25 NEW
ユニクロがダバオ1号店を26日開業、ミンダナオ地方で初

ファーストリテイリングは26日、フィリピン・ミンダナオ地方で初の「ユニクロ」をダバオ市の商業施設「SMラナン・プレミア」にオープンする。また、翌週の6月2日には、同市の「SMシティー・ダバオ・アネックス」にダバオ2号店を開業する予定で、短期間に2店を展開することで、ダバオ市での存...[記事全文]

2017.05.24
スポーツ用品商業施設を開発へ、バンコクの国立競技場脇に

イベント運営などを手掛けるタイのスポーツ・ソサエティーは、バンコク中心部のスパチャラサイ国立競技場の隣接地に、スポーツ用品店を中心とした商業施設「スタジアム・ワン」を建設する計画を明らかにした。 3億バーツ(約9億7,000万円)を投じ、競技場に隣接する国立チュラロンコン大...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年05月19日