海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.05.19
東横イン・セブが18日にグランドオープン、フィリピン初進出

日系ホテルチェーンの東横インは18日、フィリピンで1軒目となる「東横イン・セブ」をグランドオープンした。場所は、マクタン・セブ国際空港から8km離れたマンダウエ市のショッピングモール「Jセンターモール」の6~18階。今年度(2017年4月~18年3月)の稼働率は、80%を目指すとしている。

設備は基本的に日本の東横インと同じ仕様で、客室料金1,900ペソのシングルルームが25室、2,400ペソのダブルルームが22室、3,000ペソのミニキッチン付きデラックスツインルームが37室など、全582室を提供する。従業員数は161人で、日本人の支配人以外は地元から採用しているが、日本語を話すスタッフが数人いるという。


関連記事

2018.04.24 NEW
サンケイビルと京阪HD、フィリピンのオフィス開発事業に初参画

フジサンケイグループの不動産開発部門であるサンケイビルと京阪ホールディングス(HD)は23日、フィリピン・マニラ首都圏マカティ市のオフィスビル開発事業に参画することを発表した。両社にとって、フィリピンの不動産開発事業に参画するのは初めてとなる。堅調な経済成長と人口増加を背景に、マ...[記事全文]

2018.04.19
米系ホテル「ラディソン・レッド」がフィリピン進出、セブ州に開業へ

フィリピン・セブ州の地場デベロッパーであるセブ・ランドマスターズは18日、世界的ホテルチェーンの米ラディソン・ホテル・グループが展開する「ラディソン・レッド」ブランドのホテルを、同州マンダウエ市のASフォーチュナ通り沿いで進む複合開発「アストラ・センター」の一環として建設する計画...[記事全文]

2018.04.18
2018年のGW海外旅行先、フィリピンが上昇率で世界首位

国内外の航空券・ホテル・レンタカーの比較検索サービスを提供するスカイスキャナージャパンは17日、「2018年ゴールデンウィーク 人気急上昇の旅行先トップ10」を発表。フィリピンは前年比107%増で海外部門の1位を獲得した。 同調査は、スカイスキャナーを通じた日本の空港からの...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年05月19日