海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.05.19
フィリピンの1~3月期GDP成長率は6.4%、選挙の反動で政府支出が鈍化

フィリピン統計庁(PSA)が18日発表した今年第1四半期(1~3月)の実質GDP成長率(速報値)は、前年同期比6.4%だった。大統領選挙に関連した政府支出が景気を押し上げた前年同期(6.9%成長)からは、やや伸びが鈍化した。

支出別では、資本形成が前年の31.5%から7.9%、政府支出が11.8%から0.2%、個人消費が7.1%から5.7%に縮小した。個人消費の成長鈍化は、原油価格の上昇に伴う交通の減速の影響が大きかった。また産業別では、鉱工業が9.3%から6.1%、サービス業が7.5%から6.8%に減速。一方、農林水産業はマイナス4.3%から4.9%のプラス成長に転じた。

国家経済開発庁(NEDA)のペル二ア長官は、減速が目立った政府支出に関して、「政権交代に伴う政策変更や見直しには時間がかかる」と説明した上で、「アキノ前政権が発足した翌年、2011年第1四半期の政府支出が15%減だったことと比べれば、良い状況にある」と強調した。

国民1人当たりの名目GDPは推定で前年比7.7%増の3万4,354ペソ、名目国民総所得(GNI)は7.2%増の4万1,801ペソだった。


関連記事

2018.04.24 NEW
サンケイビルと京阪HD、フィリピンのオフィス開発事業に初参画

フジサンケイグループの不動産開発部門であるサンケイビルと京阪ホールディングス(HD)は23日、フィリピン・マニラ首都圏マカティ市のオフィスビル開発事業に参画することを発表した。両社にとって、フィリピンの不動産開発事業に参画するのは初めてとなる。堅調な経済成長と人口増加を背景に、マ...[記事全文]

2018.04.19
米系ホテル「ラディソン・レッド」がフィリピン進出、セブ州に開業へ

フィリピン・セブ州の地場デベロッパーであるセブ・ランドマスターズは18日、世界的ホテルチェーンの米ラディソン・ホテル・グループが展開する「ラディソン・レッド」ブランドのホテルを、同州マンダウエ市のASフォーチュナ通り沿いで進む複合開発「アストラ・センター」の一環として建設する計画...[記事全文]

2018.04.18
2018年のGW海外旅行先、フィリピンが上昇率で世界首位

国内外の航空券・ホテル・レンタカーの比較検索サービスを提供するスカイスキャナージャパンは17日、「2018年ゴールデンウィーク 人気急上昇の旅行先トップ10」を発表。フィリピンは前年比107%増で海外部門の1位を獲得した。 同調査は、スカイスキャナーを通じた日本の空港からの...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年05月19日