海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.05.19
フィリピンの1~3月期GDP成長率は6.4%、選挙の反動で政府支出が鈍化

フィリピン統計庁(PSA)が18日発表した今年第1四半期(1~3月)の実質GDP成長率(速報値)は、前年同期比6.4%だった。大統領選挙に関連した政府支出が景気を押し上げた前年同期(6.9%成長)からは、やや伸びが鈍化した。

支出別では、資本形成が前年の31.5%から7.9%、政府支出が11.8%から0.2%、個人消費が7.1%から5.7%に縮小した。個人消費の成長鈍化は、原油価格の上昇に伴う交通の減速の影響が大きかった。また産業別では、鉱工業が9.3%から6.1%、サービス業が7.5%から6.8%に減速。一方、農林水産業はマイナス4.3%から4.9%のプラス成長に転じた。

国家経済開発庁(NEDA)のペル二ア長官は、減速が目立った政府支出に関して、「政権交代に伴う政策変更や見直しには時間がかかる」と説明した上で、「アキノ前政権が発足した翌年、2011年第1四半期の政府支出が15%減だったことと比べれば、良い状況にある」と強調した。

国民1人当たりの名目GDPは推定で前年比7.7%増の3万4,354ペソ、名目国民総所得(GNI)は7.2%増の4万1,801ペソだった。


関連記事

2017.11.22 NEW
マレーシア経済研究所、今年の成長率予想を5.6%に上方修正

政府系シンクタンクのマレーシア経済研究所(MIER)は21日、マレーシアの今年の実質GDP成長率予測を先月の発表から0.2ポイント上方修正し、5.6%とした。7~9月の成長率が、予想を上回る6.2%だったことを反映した。ザカリア・アブドゥル・ラシド上席ディレクターは、「製造業の回...[記事全文]

2017.11.22 NEW
10月の訪タイ外国人旅行者は20.9%増、今年最高の伸び

タイ観光・スポーツ省は20日、10月にタイを訪れた外国人旅行者数が前年同月比20.9%増の272万3,971人だったと発表した。プラス成長は8ヵ月連続で、伸び率は今年最高となった。外国人旅行者数を国・地域別にみると、中国が69.8%増の80万5,574人で首位。以下、マレーシアが...[記事全文]

2017.11.21 NEW
三菱商事、マニラ首都圏のLRT車両を300億円で受注へ

三菱商事は20日、フィリピン・マニラ首都圏のLRT(軽量高架鉄道)1号線向けの鉄道車両120両(30編成)の受注が内定したと発表した。契約予定額は約300億円。モーターやブレーキ、インバーターなど日本製の機器類を採用し、スペインの鉄道車両メーカー最大手CAFが製造する。同社がフィ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年05月19日