海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.05.19
フィリピンの1~3月期GDP成長率は6.4%、選挙の反動で政府支出が鈍化

フィリピン統計庁(PSA)が18日発表した今年第1四半期(1~3月)の実質GDP成長率(速報値)は、前年同期比6.4%だった。大統領選挙に関連した政府支出が景気を押し上げた前年同期(6.9%成長)からは、やや伸びが鈍化した。

支出別では、資本形成が前年の31.5%から7.9%、政府支出が11.8%から0.2%、個人消費が7.1%から5.7%に縮小した。個人消費の成長鈍化は、原油価格の上昇に伴う交通の減速の影響が大きかった。また産業別では、鉱工業が9.3%から6.1%、サービス業が7.5%から6.8%に減速。一方、農林水産業はマイナス4.3%から4.9%のプラス成長に転じた。

国家経済開発庁(NEDA)のペル二ア長官は、減速が目立った政府支出に関して、「政権交代に伴う政策変更や見直しには時間がかかる」と説明した上で、「アキノ前政権が発足した翌年、2011年第1四半期の政府支出が15%減だったことと比べれば、良い状況にある」と強調した。

国民1人当たりの名目GDPは推定で前年比7.7%増の3万4,354ペソ、名目国民総所得(GNI)は7.2%増の4万1,801ペソだった。


関連記事

2018.02.23 NEW
比グローバルシティの高級コンド価格が高騰、主要地区で最高

フィリピンのLeechiu Property Consultantsによると、マニラ首都圏ボニファシオ・グローバルシティ(BGC)の高級コンドミニアムの販売価格(1m2当たり)は、最低15万9,125ペソ(約32万7,790円)、最高で30万2,588ペソとなり、主要ビジネス地区...[記事全文]

2018.02.20 NEW
アジア太平洋地域の不動産取引額、17年は過去最高

米調査会社リアル・キャピタル・アナリスティクス(RCA)によると、アジア太平洋地域における2017年の不動産取引額は前年比6%増の1,575億ドル(約16兆8,000億円)となり、15年に記録した過去最高を更新した。物件種別ごとにみると、コンドミニアムなど集合住宅取引が57%増の...[記事全文]

2018.02.20 NEW
シンガポール、2021~25年までに消費税を9%に引き上げへ

シンガポールのヘン・スイキャット財務相は19日、2018年度予算案で、消費税に相当する物品サービス税(GST)の税率を、2021~25年のいずれかの時点で2ポイント引き上げて9%とする方針を明らかにした。GSTの税率引き上げは、2007年に5%から7%に上げて以来となる。 ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年05月19日