海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.06.16
日系サタパナ銀がプノンペンに新本店ビル、20年完成予定

カンボジアの日系サタパナ銀行は15日、首都プノンペンの中心部に建設する新本店ビルの起工式を開催した。新本店ビルは独立記念塔から近いノロドム通り沿いに立地。敷地面積約2,100平方メートルの土地に、地上22階建て、地下5階から成るビルを建設する。9月に着工し、2020年初頭の完成を見込んでいる。高い経済成長を追い風に、今後の資金需要が高まると判断し、自社ビルを建てて経営効率や社員の士気を高め、事業拡大に弾みをつけたい考え。

サタパナ銀行は、パチンコチェーンなどを手掛けるマルハンのカンボジア子会社マルハンジャパン銀行が、カンボジアのマイクロファイナンス(小口金融)大手サタパナを統合する形で2016年4月に誕生。統合の名残で本店機能が2ヵ所ある状況が続いているが、新本店ビルの完成後は従業員や設備を集約し、事業効率を高める。


関連記事

2018.02.23 NEW
比グローバルシティの高級コンド価格が高騰、主要地区で最高

フィリピンのLeechiu Property Consultantsによると、マニラ首都圏ボニファシオ・グローバルシティ(BGC)の高級コンドミニアムの販売価格(1m2当たり)は、最低15万9,125ペソ(約32万7,790円)、最高で30万2,588ペソとなり、主要ビジネス地区...[記事全文]

2018.02.20
アジア太平洋地域の不動産取引額、17年は過去最高

米調査会社リアル・キャピタル・アナリスティクス(RCA)によると、アジア太平洋地域における2017年の不動産取引額は前年比6%増の1,575億ドル(約16兆8,000億円)となり、15年に記録した過去最高を更新した。物件種別ごとにみると、コンドミニアムなど集合住宅取引が57%増の...[記事全文]

2018.02.19
比不動産大手アヤラ、17年決算は販売・賃貸共に好調で2桁増収増益

フィリピンの不動産開発大手アヤラ・ランドが発表した2017年決算は、売上高が前年比14%増の1,430億ペソ(約2,902億円)、純利益が同21%増の257億ペソだった。部門別では、複数の住宅やオフィスが完成した中、不動産販売部門の売上高が前年比13%増の1,220億ペソと成長を...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年06月16日