海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.06.16
日系サタパナ銀がプノンペンに新本店ビル、20年完成予定

カンボジアの日系サタパナ銀行は15日、首都プノンペンの中心部に建設する新本店ビルの起工式を開催した。新本店ビルは独立記念塔から近いノロドム通り沿いに立地。敷地面積約2,100平方メートルの土地に、地上22階建て、地下5階から成るビルを建設する。9月に着工し、2020年初頭の完成を見込んでいる。高い経済成長を追い風に、今後の資金需要が高まると判断し、自社ビルを建てて経営効率や社員の士気を高め、事業拡大に弾みをつけたい考え。

サタパナ銀行は、パチンコチェーンなどを手掛けるマルハンのカンボジア子会社マルハンジャパン銀行が、カンボジアのマイクロファイナンス(小口金融)大手サタパナを統合する形で2016年4月に誕生。統合の名残で本店機能が2ヵ所ある状況が続いているが、新本店ビルの完成後は従業員や設備を集約し、事業効率を高める。


関連記事

2017.10.17 NEW
世界最大級の「AIハブ」がシンガポールCBDに来年誕生へ

シンガポールの投資会社マーベルストーン・グループは16日、人工知能(AI)に関する世界最大級の拠点「AIハブ」を来年、中央商業地区(CBD)に開設すると発表した。これにより、AI分野でシンガポールの主導的な地位を確立する考えで、将来的には同様の施設を日本、スコットランド、カナダに...[記事全文]

2017.10.16 NEW
最高の雇用主ランキング、フィリピンのアヤラが世界18位

米経済誌フォーブスが発表した「最高の雇用主」ランキングで、全世界500社の中にフィリピンから6社がランクインした。フィリピン企業の最上位は大手財閥アヤラ・コーポレーションの18位で、その他、財閥SMグループ系の商業銀行最大手BDOユニバンクが23位、大手商銀メトロポリタン銀行(メ...[記事全文]

2017.10.16 NEW
世界の都市総合力ランク、シンガポールは9年連続で5位

森記念財団のシンクタンク、都市戦略研究所が12日発表した「世界の都市総合力ランキング」において、シンガポールは9年連続で5位となった。世界全体では1位が英ロンドン、2位が米ニューヨーク、3位が東京、4位が仏パリだった。 同ランキングは世界の主要44都市を対象に、「経済」「研...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年06月16日