海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.06.16
日系サタパナ銀がプノンペンに新本店ビル、20年完成予定

カンボジアの日系サタパナ銀行は15日、首都プノンペンの中心部に建設する新本店ビルの起工式を開催した。新本店ビルは独立記念塔から近いノロドム通り沿いに立地。敷地面積約2,100平方メートルの土地に、地上22階建て、地下5階から成るビルを建設する。9月に着工し、2020年初頭の完成を見込んでいる。高い経済成長を追い風に、今後の資金需要が高まると判断し、自社ビルを建てて経営効率や社員の士気を高め、事業拡大に弾みをつけたい考え。

サタパナ銀行は、パチンコチェーンなどを手掛けるマルハンのカンボジア子会社マルハンジャパン銀行が、カンボジアのマイクロファイナンス(小口金融)大手サタパナを統合する形で2016年4月に誕生。統合の名残で本店機能が2ヵ所ある状況が続いているが、新本店ビルの完成後は従業員や設備を集約し、事業効率を高める。


関連記事

2018.04.24 NEW
サンケイビルと京阪HD、フィリピンのオフィス開発事業に初参画

フジサンケイグループの不動産開発部門であるサンケイビルと京阪ホールディングス(HD)は23日、フィリピン・マニラ首都圏マカティ市のオフィスビル開発事業に参画することを発表した。両社にとって、フィリピンの不動産開発事業に参画するのは初めてとなる。堅調な経済成長と人口増加を背景に、マ...[記事全文]

2018.04.19
米系ホテル「ラディソン・レッド」がフィリピン進出、セブ州に開業へ

フィリピン・セブ州の地場デベロッパーであるセブ・ランドマスターズは18日、世界的ホテルチェーンの米ラディソン・ホテル・グループが展開する「ラディソン・レッド」ブランドのホテルを、同州マンダウエ市のASフォーチュナ通り沿いで進む複合開発「アストラ・センター」の一環として建設する計画...[記事全文]

2018.04.17
シンガポールの超高級コンド取引が活発化、海外資本が注目

シンガポールの都市再開発庁(URA)によると、2018年1~4月に1,000万Sドル(約8億1,700万円)超で取引されたコンドミニアムが、前年同期比2倍の20戸となった。海外市場の成長が鈍化する中、近年軟調が続き比較的割安感が出ていたシンガポールの物件購入を狙う海外投資家が増え...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年06月16日