海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.07.14
世界の若い大学ランキング、南洋工科大が4年連続で首位

英国の大学評価機関クアクアレリ・シモンズ(QS)が発表した「設立50年未満の世界の大学ランキング2018年版」で、シンガポールの南洋工科大学(NTU)が4年連続で1位となった。NTUの総合スコアは100満点中92.20点で、論文数などが高く評価された。

上位10校はNTUを含む6校がアジアの大学で、2位以下には香港科技大学、韓国科学技術院(KAIST)、香港城市大学、浦項工科大学が続いた。日本からは筑波大学が20位に入った。


関連記事

2018.04.18
2018年のGW海外旅行先、フィリピンが上昇率で世界首位

国内外の航空券・ホテル・レンタカーの比較検索サービスを提供するスカイスキャナージャパンは17日、「2018年ゴールデンウィーク 人気急上昇の旅行先トップ10」を発表。フィリピンは前年比107%増で海外部門の1位を獲得した。 同調査は、スカイスキャナーを通じた日本の空港からの...[記事全文]

2018.04.17
シンガポールの超高級コンド取引が活発化、海外資本が注目

シンガポールの都市再開発庁(URA)によると、2018年1~4月に1,000万Sドル(約8億1,700万円)超で取引されたコンドミニアムが、前年同期比2倍の20戸となった。海外市場の成長が鈍化する中、近年軟調が続き比較的割安感が出ていたシンガポールの物件購入を狙う海外投資家が増え...[記事全文]

2018.04.16
シンガポールが金融正常化にカジ、6年ぶりの引き締めへ

シンガポール金融通貨庁(MAS)は13日、6年ぶりに金融政策を引き締め方向に変更することを発表した。同日発表された2018年1~3月期の実質GDP成長率が前年同期比4.3%増となるなど、国内経済の堅調な成長が続いていることを政策変更の要因に挙げている。MASは政策金利変更の代わり...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年07月14日