海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.07.14
三菱地所がシンガポールの複合再開発に参画、キャピタランドと共同で

三菱地所は13日、シンガポールの中央商業地区(CBD)で大規模複合再開発事業に参画すると発表した。同国の政府系不動産開発会社キャピタランド、同社傘下の不動産投資信託(REIT)キャピタランド・コマーシャル・トラスト(CCT)との共同開発事業となり、三菱地所がシンガポールで大規模複合再開発事業に参画するのは今回が初となる。総事業費は約18億Sドル(約1,480億円)。

CCTがMRT(地下鉄・高架鉄道)ラッフルズ・プレイス駅近くのオフィス街に保有する6,100m2の敷地に、地上51階、高さ約280mの超高層ビルを建設。オフィスやサービスアパート、小売・飲食店、駐車場などが入る予定で、2021年上半期(1~6月)に完工する見通し。


関連記事

2017.09.22 NEW
ビアードパパ、東南アジア初の直営店をシンガポールにオープン

永谷園傘下の麦の穂は21日、シュークリーム専門店「ビアードパパ」の東南アジア初の直営店をシンガポールにオープンした。新直営店は繁華街オーチャードの商業施設「プラザ・シンガプーラ」の地下2階にあり、MRT(地下鉄・高架鉄道)ドービーゴート駅の改札を出てすぐの場所に位置している。新商...[記事全文]

2017.09.19
フィリピン保険委員会、損保会社の不動産投資を解禁

フィリピン財務省傘下の保険委員会(IC)は14日、損害保険会社の投資規制を緩和し、運用する資金で不動産に投資することを解禁すると発表した。低金利で資産運用が厳しい状況にある損保会社が、新たな収益源を確保できるようにする狙いがある。 規制緩和の対象となるのは、純資産が少なくと...[記事全文]

2017.09.19
米コンサル大手のアクセンチュア、シンガポールにデジタルハブを開設

米コンサルティング大手のアクセンチュアは14日、顧客のデジタル事業を支援する「アクセンチュア・デジタルハブ」をシンガポールに開設したと発表した。シンガポール経済開発庁(EDB)の支援で設立されたデジタルハブは、デジタル事業の立ち上げなどを目指す顧客が必要とするあらゆる技術、施設を...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年07月14日