海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.08.09
比不動産大手アヤラランド、17年上期は住宅販売の好調で2桁増収益

フィリピンの不動産開発大手アヤラ・ランド(ALI)が発表した2017年上半期(1~6月)の連結決算は、売上高が前年同期比18%増の645億ペソ(約1,419億円)、純利益も同18%増の115億ペソだった。売上高の内訳は、住宅、オフィス、商業、工業用地を販売する不動産開発が32%増の443億ペソと全体の7割近くを占め、商業施設などの賃料収入は11%増の141億7,000万ペソだった。


関連記事

2017.12.11 NEW
大手格付け会社フィッチ、フィリピンの信用格付けを引き上げ

英米系格付け会社フィッチ・レーティングスは11日、フィリピンの長期信用格付けを「トリプルBマイナス(BBB-)」から「トリプルB(BBB)」に引き上げた。今後の格付け見通しについては「安定的」とした。同社は格上げの主な理由として、好調なマクロ経済動向や安定した政策を背景に、フィリ...[記事全文]

2017.12.08
メガネ専門店「JINS」、来年にもフィリピン進出へ

メガネ専門店「JINS」を運営するジンズは5日、フィリピンでアパレルや化粧品などのショップ運営を手掛けるSuyen Corporationと今後の事業展開に向けた覚書を締結したと発表した。まずは今月9日にマニラ首都圏マンダルヨン市のショッピングモール「SMメガモール」にポップアッ...[記事全文]

2017.12.07
カンボジアの行政都市開発エリアに高さ600mの超高層ビル建設へ

カンボジア建設省は、同国の首都プノンペン郊外で進められる行政都市開発プロジェクト「サムデク・テチョ・フン・セン・ドラゴンシティー」の一環として、高さ600mに上る超高層ビルの建設を検討していることを明らかにした。同ビルの建設が実現すれば、東南アジアで最高層のビルとなる見通し。 ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年08月09日