海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.09.12
バンコクのオフィス入居率、4~6月は過去20年で最高

米不動産仲介大手CBREタイランドが発表した第2四半期(4~6月)の首都バンコクのオフィス入居率は92.5%となり、過去20年で最高となった。グレードA(最上級)を立地別に見ると、CBDが2.9ポイント上昇の92.3%だった一方、過去1年で供給が増えたCBD以外は6.8ポイント下降の91.4%となった。

また、4~6月のオフィス賃料(1m2当たり月額平均)をグレード・立地別に見ると、グレードAはCBD内が前年同期比4.7%上昇の975バーツ(約3,200円)、CBD以外が5.3%上昇の790バーツ。グレードBは、CBD内が5.8%上昇の711バーツ、CBD以外が4.6%上昇の653バーツとなった。

全グレードを合わせた空きスペースは、前年同期比9.7%減の65万m2。総供給は1.3%増の864万2、総需要は2.4%増の799万m2ルだった。CBREは、17~20年の建設中の物件が計42万m2にとどまると指摘。今年の新規需要を20万m2と見込んでいるが、同水準の需要が続いた場合、向こう3年は新規需要が供給を上回り、入居率と賃料の上昇基調が続くと見込んでいる。


関連記事

2018.01.18
タイで高技能外国人向けビザを発給へ、2月から申請受付開始

タイ政府は、高技能を持つ外国人専門家向けの長期滞在査証「スマートビザ」の申請受付を、2月1日から開始する。同ビザには、「T(科学技術分野の専門家)」「I(投資家)」「E(幹部)」「S(スタートアップ起業家)」の4種類があり、自動車、エレクトロニクス、観光、農業・バイオテクノロジー...[記事全文]

2018.01.17
高級ホテル「バンヤンツリーKL」が6月に開業、マレーシア初進出

シンガポールのホテル運営会社バンヤンツリー・ホテルズ&リゾーツは今年6月、マレーシアの首都クラルンプール中心部のジャラン・コンレイ沿いに、高級ホテル「バンヤンツリー・クアラルンプール」を開業する。同ブランドのマレーシア進出は初となる。 同ホテルは、人気ショッピングモール「パ...[記事全文]

2018.01.15
コナミがタイ現地法人設立、東南アジア事業を強化

大手ゲーム会社コナミホールディングスは11日、タイに現地法人「KONAMI AMUSEMENT(THAILAND)CO.,LTD.」を設立した。営業開始は4月以降を予定している。経済成長の著しい東南アジア地域における現地販売体制の構築を目的としたもので、東南アジア地域においてアー...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年09月12日