海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.09.12
バンコクのオフィス入居率、4~6月は過去20年で最高

米不動産仲介大手CBREタイランドが発表した第2四半期(4~6月)の首都バンコクのオフィス入居率は92.5%となり、過去20年で最高となった。グレードA(最上級)を立地別に見ると、CBDが2.9ポイント上昇の92.3%だった一方、過去1年で供給が増えたCBD以外は6.8ポイント下降の91.4%となった。

また、4~6月のオフィス賃料(1m2当たり月額平均)をグレード・立地別に見ると、グレードAはCBD内が前年同期比4.7%上昇の975バーツ(約3,200円)、CBD以外が5.3%上昇の790バーツ。グレードBは、CBD内が5.8%上昇の711バーツ、CBD以外が4.6%上昇の653バーツとなった。

全グレードを合わせた空きスペースは、前年同期比9.7%減の65万m2。総供給は1.3%増の864万2、総需要は2.4%増の799万m2ルだった。CBREは、17~20年の建設中の物件が計42万m2にとどまると指摘。今年の新規需要を20万m2と見込んでいるが、同水準の需要が続いた場合、向こう3年は新規需要が供給を上回り、入居率と賃料の上昇基調が続くと見込んでいる。


関連記事

2018.05.25 NEW
バンコクのコンド価格上昇率、トンロー地区が過去5年で最大

タイの不動産コンサルタント会社「Nexus Property Marketing Co.」の調査によると、過去5年間でトンロー地区とスクンビット・ソイ39のコンドミニアム価格は、1m2当たり183,000バーツから255,000バーツへと40%上昇し、バンコクで最大の伸び率を示し...[記事全文]

2018.05.22
18年第1四半期のタイGDP成長率は4.8%、5年ぶりの高水準

タイ国家経済社会開発委員会(NESDBによると、2018年第1四半期(1~3月)の実質GDP成長率は前年同期比4.8%増となり、過去20四半期で最も高い伸び率となった。輸出や民間消費が引き続き堅調だったほか、農業生産や投資の回復も追い風となった。 GDPを需要側からみると、...[記事全文]

2018.05.21
フィリピン不動産市場、チャイナマネーの流入が活発化

世界的な不動産サービス会社コリアーズ・インターナショナルは、中国政府が提唱するアジアと欧州をつなぐ広域経済圏構想「一帯一路」(現代版シルクロード構想)を背景に、フィリピン不動産市場へのチャイナマネーの流入が活発化しているとの見解を示した。同社のレポートによると、昨年のマニラ首都圏...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年09月12日