海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.09.12
日本でOFWの雇用拡大へ、11月にも覚書を締結

フィリピン海外雇用局(POEA)は、11月に日本政府と日比経済連携協定(JPEPA)に基づく人材派遣の要件などを緩和する覚書(MOU)を締結する計画であると明らかにした。派遣人材を看護師、介護福祉士のみから、熟練・半熟練の技能労働者全般に広げる。

POEAのバーナード・オラリア担当官は、「言語能力といった資格要件の緩和や、受け入れ先の拡大について交渉したい」とコメント。高齢化による人材不足に悩む日本では、10万人のOFW受け入れも可能と指摘した。

また、ベリオ労働雇用相は、北朝鮮情勢で緊張の高まる韓国や、幼少期に親に連れられて不法入国した若者を対象にした救済策「DACA」の存続が危ぶまれる米国に滞在するOFWの移動先としても、日本が有望との見方を示した。


関連記事

2017.11.17 NEW
フィリピンのGDP成長率、7~9月は6.9%に加速

フィリピン統計庁(PSA)が16日に発表した今年第3四半期(7~9月)の実質GDP成長率(速報値)は、前年同期比6.9%となり、前期の6.7%(改定値)から0.2ポイント加速した。半導体関連を中心に輸出が好調で、輸出から輸入を差し引いた純輸出のマイナス幅が縮小したことが、成長率を...[記事全文]

2017.11.16 NEW
比財閥系JGサミット、セブで大型複合開発を計画

セブ市のオスメーニャ市長は、財閥ゴコンウェイ・グループの持ち株会社JGサミット・ホールディングスが、南部の埋め立て地「サウス・ロード・プロパティーズ(SRP)」での複合開発事業を市政府に打診していると明らかにした。事業費は180億ペソ(約398億円)規模。 オスメーニャ市長...[記事全文]

2017.11.16 NEW
中国政府、フィリピンのインフラ整備などに73億ドルを支援

フィリピンの財務省は14日、中国政府がインフラ整備の優先事業などへの約73億4,000万ドル(約8,291億円)の借款と無償資金協力を確約したと明らかにした。フィリピン政府のインフラ開発10事業に71億9,000万ドルの借款、マニラ首都圏の2ヵ所の橋りょう建設、ミンダナオ地方マラ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年09月12日