海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.09.12
日本でOFWの雇用拡大へ、11月にも覚書を締結

フィリピン海外雇用局(POEA)は、11月に日本政府と日比経済連携協定(JPEPA)に基づく人材派遣の要件などを緩和する覚書(MOU)を締結する計画であると明らかにした。派遣人材を看護師、介護福祉士のみから、熟練・半熟練の技能労働者全般に広げる。

POEAのバーナード・オラリア担当官は、「言語能力といった資格要件の緩和や、受け入れ先の拡大について交渉したい」とコメント。高齢化による人材不足に悩む日本では、10万人のOFW受け入れも可能と指摘した。

また、ベリオ労働雇用相は、北朝鮮情勢で緊張の高まる韓国や、幼少期に親に連れられて不法入国した若者を対象にした救済策「DACA」の存続が危ぶまれる米国に滞在するOFWの移動先としても、日本が有望との見方を示した。


関連記事

2018.05.21
フィリピン不動産市場、チャイナマネーの流入が活発化

世界的な不動産サービス会社コリアーズ・インターナショナルは、中国政府が提唱するアジアと欧州をつなぐ広域経済圏構想「一帯一路」(現代版シルクロード構想)を背景に、フィリピン不動産市場へのチャイナマネーの流入が活発化しているとの見解を示した。同社のレポートによると、昨年のマニラ首都圏...[記事全文]

2018.05.16
三菱商事、フィリピン大手と合弁で新興中間層向け分譲住宅を開発

三菱商事は16日、フィリピン大手不動産開発会社センチュリープロパティーズと新興中間層向け住宅デベロッパー設立の合弁契約書を締結したことを発表した。合弁会社には三菱商事が40%、センチュリープロパティーズが60%出資する。 毎年3~5件の新規開発プロジェクトを立ち上げ、設立後...[記事全文]

2018.05.11
フィリピン中銀、物価抑制のため14年9月以来となる利上げを決定

フィリピン中央銀行は10日に開催した金融政策決定会合にて、インフレ抑制のため、政策金利である翌日物借入金利を3.00%から3.25%に0.25%引き上げることを決定した。利上げは市場の予想通りだった。 政策金利の引き上げは2014年9月以来。今年1月の物品税・ガソリン税の引...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年09月12日