海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.09.13
マレーシア格付け会社RAM、フィリピン国債見通しを「強含み」に

マレーシアの格付け会社RAMレーティング・サービシズはこのほど、フィリピン国債の格付け見通しを「ステーブル(安定的)」から「ポジティブ(強含み)」に引き上げた。東南アジア諸国連合(ASEAN)域内での信用を示す「ASEAN信用格付け」で、フィリピン国債は投資適格級の上から5番目となる「A1」となっている。

RAMは、フィリピン政府による今年上半期(1~6月)のインフラ支出が、前年同期(アキノ前政権時)より加速していることに加え、同期の実質GDP成長率が6.4%となるなど、経済のファンダメンタルズも安定していると評価。フィリピンの今年の実質成長率については6.7%の高水準を見込んでおり、経済成長が持続し、政府による税制改革が実現すれば、フィリピンの格付けを引き上げる可能性があると指摘した。


関連記事

2017.11.17 NEW
フィリピンのGDP成長率、7~9月は6.9%に加速

フィリピン統計庁(PSA)が16日に発表した今年第3四半期(7~9月)の実質GDP成長率(速報値)は、前年同期比6.9%となり、前期の6.7%(改定値)から0.2ポイント加速した。半導体関連を中心に輸出が好調で、輸出から輸入を差し引いた純輸出のマイナス幅が縮小したことが、成長率を...[記事全文]

2017.11.16 NEW
比財閥系JGサミット、セブで大型複合開発を計画

セブ市のオスメーニャ市長は、財閥ゴコンウェイ・グループの持ち株会社JGサミット・ホールディングスが、南部の埋め立て地「サウス・ロード・プロパティーズ(SRP)」での複合開発事業を市政府に打診していると明らかにした。事業費は180億ペソ(約398億円)規模。 オスメーニャ市長...[記事全文]

2017.11.16 NEW
中国政府、フィリピンのインフラ整備などに73億ドルを支援

フィリピンの財務省は14日、中国政府がインフラ整備の優先事業などへの約73億4,000万ドル(約8,291億円)の借款と無償資金協力を確約したと明らかにした。フィリピン政府のインフラ開発10事業に71億9,000万ドルの借款、マニラ首都圏の2ヵ所の橋りょう建設、ミンダナオ地方マラ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年09月13日