海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.09.13
マレーシア格付け会社RAM、フィリピン国債見通しを「強含み」に

マレーシアの格付け会社RAMレーティング・サービシズはこのほど、フィリピン国債の格付け見通しを「ステーブル(安定的)」から「ポジティブ(強含み)」に引き上げた。東南アジア諸国連合(ASEAN)域内での信用を示す「ASEAN信用格付け」で、フィリピン国債は投資適格級の上から5番目となる「A1」となっている。

RAMは、フィリピン政府による今年上半期(1~6月)のインフラ支出が、前年同期(アキノ前政権時)より加速していることに加え、同期の実質GDP成長率が6.4%となるなど、経済のファンダメンタルズも安定していると評価。フィリピンの今年の実質成長率については6.7%の高水準を見込んでおり、経済成長が持続し、政府による税制改革が実現すれば、フィリピンの格付けを引き上げる可能性があると指摘した。


関連記事

2018.05.22
18年第1四半期のタイGDP成長率は4.8%、5年ぶりの高水準

タイ国家経済社会開発委員会(NESDBによると、2018年第1四半期(1~3月)の実質GDP成長率は前年同期比4.8%増となり、過去20四半期で最も高い伸び率となった。輸出や民間消費が引き続き堅調だったほか、農業生産や投資の回復も追い風となった。 GDPを需要側からみると、...[記事全文]

2018.05.21
フィリピン不動産市場、チャイナマネーの流入が活発化

世界的な不動産サービス会社コリアーズ・インターナショナルは、中国政府が提唱するアジアと欧州をつなぐ広域経済圏構想「一帯一路」(現代版シルクロード構想)を背景に、フィリピン不動産市場へのチャイナマネーの流入が活発化しているとの見解を示した。同社のレポートによると、昨年のマニラ首都圏...[記事全文]

2018.05.18
18年第1四半期のマレーシアGDP成長率は5.4%、内需と輸出が貢献

マレーシア中央銀行が発表した2018年1~3月期(第1四半期)の実質GDP成長率は、前年同期比5.4%だった。民間支出が同5.2%増となるなど、内需が引き続き堅調だったほか、純輸出が同62.4%と大幅に回復したことが下支えとなった。産業別の成長率では、GDP全体の約半分を占めるサ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年09月13日