海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.09.13
マレーシア格付け会社RAM、フィリピン国債見通しを「強含み」に

マレーシアの格付け会社RAMレーティング・サービシズはこのほど、フィリピン国債の格付け見通しを「ステーブル(安定的)」から「ポジティブ(強含み)」に引き上げた。東南アジア諸国連合(ASEAN)域内での信用を示す「ASEAN信用格付け」で、フィリピン国債は投資適格級の上から5番目となる「A1」となっている。

RAMは、フィリピン政府による今年上半期(1~6月)のインフラ支出が、前年同期(アキノ前政権時)より加速していることに加え、同期の実質GDP成長率が6.4%となるなど、経済のファンダメンタルズも安定していると評価。フィリピンの今年の実質成長率については6.7%の高水準を見込んでおり、経済成長が持続し、政府による税制改革が実現すれば、フィリピンの格付けを引き上げる可能性があると指摘した。


関連記事

2018.01.22 NEW
17年7~9月期のフィリピンGDP成長率、7%に上方修正

フィリピン統計庁(PSA)は、2017年第3四半期(7~9月)のGDP成長率を前年同期比6.9%から7.0%に上方修正したことを明らかにした。製造業、自動車や二輪車の販売や修理、鉱業、採石などが上方修正に寄与したという。...[記事全文]

2018.01.16
11月の在外フィリピン人送金額、3.2%増の25.2億ドル

フィリピン中央銀行によると、2017年11月のフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)を含む在外フィリピン人からの送金額(銀行経由のみ)は、前年同月比2.0%増の22億6,200万ドル(約2,500億円)となった。送金額の増加への寄与度は、米国(1.1%ポイント)とドイツ(0.9%...[記事全文]

2018.01.12
フィリピンの消費市場、アジア太平洋地域で「最も楽観的」

米クレジットカード大手マスターカードが発表したアジア太平洋地域の消費者景況感調査「Mastercard Index of Consumer Confidence」によると、フィリピンは94.5ポイントで域内最高値だった。以下、中国とカンボジアが92.2ポイント、ミャンマーが91....[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年09月13日