海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.09.13
JAL、ニノイ・アキノ空港の自社ラウンジを拡張

日本航空(JAL)は12日、マニラ首都圏のニノイ・アキノ国際空港(NAIA)において、ビジネスクラスの旅客やマイレージの上級会員などに提供している「サクララウンジ」を新装オープンした。

室内の一部を拡張して座席数を33席から58席に拡大。専用のトイレを取り付けたほか、9割近い座席にAC電源とUSB電源を装備するなど、内装も一新して使いやすい仕様に改良した。


関連記事

2018.05.24 NEW
ドンキホーテ、東南ア向け新業態のシンガポール2号店を6月オープン

ディスカウントストア大手ドン・キホーテグループの海外事業持株会社Pan Pacific International Holdings Pte. Ltd.は、東南アジア向けの新業態「DON DON DONKI」のシンガポール2号店を、6月14日に中心部の商業施設「100AM」内でオ...[記事全文]

2018.05.21
フィリピン不動産市場、チャイナマネーの流入が活発化

世界的な不動産サービス会社コリアーズ・インターナショナルは、中国政府が提唱するアジアと欧州をつなぐ広域経済圏構想「一帯一路」(現代版シルクロード構想)を背景に、フィリピン不動産市場へのチャイナマネーの流入が活発化しているとの見解を示した。同社のレポートによると、昨年のマニラ首都圏...[記事全文]

2018.05.16
三菱商事、フィリピン大手と合弁で新興中間層向け分譲住宅を開発

三菱商事は16日、フィリピン大手不動産開発会社センチュリープロパティーズと新興中間層向け住宅デベロッパー設立の合弁契約書を締結したことを発表した。合弁会社には三菱商事が40%、センチュリープロパティーズが60%出資する。 毎年3~5件の新規開発プロジェクトを立ち上げ、設立後...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年09月13日