海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.09.22
フィリピン中銀、24会合連続で政策金利の据え置きを決定

フィリピン中央銀行は21日に開かれた金融委員会の政策決定会合で、政策金利の据え置きを決めた。翌日物貸出金利(OLF)を3.5%、翌日物借入金利(RRP)を3.0%、翌日物預金金利(ODF)を2.5%に据え置き、預金準備率も現行水準の20%を維持した。
物価上昇率が2017~19年の目標である2~4%に収まる見通しであるなど、管理可能であることから利上げは不要と判断した。据え置きは14年9月以来、24会合連続。

中銀は声明で、税制改革などが物価上昇の一時的な圧力となるものの、中期的には政府が進める社会福祉計画とそれに伴う生産性の向上が下押し圧力になると指摘。物価上昇率などを注意深く監視し、持続的な経済成長のために必要な政策をとっていくとコメントした。


関連記事

2018.02.26 NEW
1月の訪フィリピン外国人旅行者数は73万人、過去最高に

フィリピン観光省によると、2018年1月に同国を訪れた外国人旅行者数(在外フィリピン人を含む)は、前年同月比15.9%増の73万2,506人となり、単月として過去最高を記録した。官民がプロモーション活動や航空便の強化を積極的に進めたことが、旅行者の増加を後押しした。 国・地...[記事全文]

2018.02.23 NEW
比グローバルシティの高級コンド価格が高騰、主要地区で最高

フィリピンのLeechiu Property Consultantsによると、マニラ首都圏ボニファシオ・グローバルシティ(BGC)の高級コンドミニアムの販売価格(1m2当たり)は、最低15万9,125ペソ(約32万7,790円)、最高で30万2,588ペソとなり、主要ビジネス地区...[記事全文]

2018.02.20
アジア太平洋地域の不動産取引額、17年は過去最高

米調査会社リアル・キャピタル・アナリスティクス(RCA)によると、アジア太平洋地域における2017年の不動産取引額は前年比6%増の1,575億ドル(約16兆8,000億円)となり、15年に記録した過去最高を更新した。物件種別ごとにみると、コンドミニアムなど集合住宅取引が57%増の...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年09月22日