海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.10.11
7~9月のバンコク首都圏コンド価格、低・高価格帯で大きく上昇

タイ政府住宅銀行(GHB)傘下の不動産情報センター(REIC)は、今年第3四半期(7~9月)におけるバンコク首都圏(バンコク、ノンタブリ、サムットプラカン)のコンドミニアム価格動向を発表。価格帯別で最も値上がりしたのは1m2当たり5万バーツ(約17万円)以下の低価格物件で、上昇率は11.7~13.7%。以下、20万バーツ超の高級物件が9.7~11.7%、12万バーツ超~20万バーツ以下が3.1~5.1%、8万バーツ超~12万バーツ以下が0.1~2.0%だった。一方、5万バーツ超~8万バーツ以下の中価格帯は、0.7~0.9%下落した。

最も値上がりした地域は、フアイクワン~チャトゥチャック~ディンデンの14.4~16.4%。以下、スクンビット通り西部~ワタナーの13.5~15.5%、バンスー~ドゥシットの10.2~12.2%、スクンビット通り中部の9.2~12.2%、サムットプラカンの9.1~11.1%と続いた。


関連記事

2017.12.07
初の「ミシュランガイド・バンコク」が発売、星付きは17店

仏タイヤ大手のミシュランは6日、タイの首都バンコクのレストランを格付けした「ミシュランガイド・バンコク」を発表した。東南アジアで同ガイドが発売されるのは、シンガポールに次いで2都市目となる。 ミシュランガイド・バンコクには、タイ料理を中心に98店が掲載され、タイの食文化を象...[記事全文]

2017.12.07
カンボジアの行政都市開発エリアに高さ600mの超高層ビル建設へ

カンボジア建設省は、同国の首都プノンペン郊外で進められる行政都市開発プロジェクト「サムデク・テチョ・フン・セン・ドラゴンシティー」の一環として、高さ600mに上る超高層ビルの建設を検討していることを明らかにした。同ビルの建設が実現すれば、東南アジアで最高層のビルとなる見通し。 ...[記事全文]

2017.12.05
プノンペン近郊の衛星都市計画、第4期開発がスタート

カンボジアの首都プノンペン北西部で衛星都市開発計画「グランド・プノンペン・インターナショナル・シティー(GPPIC)」が進む中、第4期開発の一環としてフラット式住宅など300戸の建設が今月2日に開始された。第4期開発では住宅のほか、プールや運動場、湖なども整備される予定だという。...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年10月11日