海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.10.12
比大手財閥アライアンス、マニラでのモノレール整備計画を提案

フィリピンの大手財閥アライアンス・グローバル・グループは11日、モノレール事業を手がける子会社を設立し、首都マニラでのモノレール整備計画を政府に提案したと発表した。マニラ首都圏の新興エリア「フォート・ボニファシオ」と幹線道路までの2kmを5分で結ぶモノレールを敷設する計画で、1日6万~10万人の利用を見込んでいる。承認されれば3年でモノレールを建設し、政府が日本からの支援で整備する予定の地下鉄網にも接続させたい考え。


関連記事

2017.12.12 NEW
KL~シンガポール間の高速鉄道、1時間につき4本の運行を計画

マレーシアの高速鉄道事業体「MyHSR」の商業部門担当ディレクターであるトニー・イープ氏によると、2026年の開通を目指して計画が進むマレーシアの首都クアラルンプールとシンガポールを結ぶ高速鉄道(HSR)は、1時間当たり4本の運行を計画しているという。 このうち2本は、ター...[記事全文]

2017.12.11 NEW
大手格付け会社フィッチ、フィリピンの信用格付けを引き上げ

英米系格付け会社フィッチ・レーティングスは11日、フィリピンの長期信用格付けを「トリプルBマイナス(BBB-)」から「トリプルB(BBB)」に引き上げた。今後の格付け見通しについては「安定的」とした。同社は格上げの主な理由として、好調なマクロ経済動向や安定した政策を背景に、フィリ...[記事全文]

2017.12.08
メガネ専門店「JINS」、来年にもフィリピン進出へ

メガネ専門店「JINS」を運営するジンズは5日、フィリピンでアパレルや化粧品などのショップ運営を手掛けるSuyen Corporationと今後の事業展開に向けた覚書を締結したと発表した。まずは今月9日にマニラ首都圏マンダルヨン市のショッピングモール「SMメガモール」にポップアッ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年10月12日