海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.11.14
ドンムアン空港、第3ターミナルを建設へ

タイの首都バンコク北部にあるドンムアン空港は、20億バーツ(約68億6,000万円)を投じて第3旅客ターミナルを建設する。現在国内線に利用されている第2ターミナルを国際線用に改め、新設する第3ターミナルを国内線用とする計画で、今後予定されている第1、第2ターミナルの改装・拡張工事と並行して工事を進め、2021年の完工を目指す考え。

全ターミナル完工後の年間旅客収容能力は、第1ターミナルが1,250万人、第2ターミナルが1,000万人、第3ターミナルが1,000万人で計3,250万人となり、30億バーツ以上の増収効果が見込めるとしている。


関連記事

2018.01.18 NEW
タイで高技能外国人向けビザを発給へ、2月から申請受付開始

タイ政府は、高技能を持つ外国人専門家向けの長期滞在査証「スマートビザ」の申請受付を、2月1日から開始する。同ビザには、「T(科学技術分野の専門家)」「I(投資家)」「E(幹部)」「S(スタートアップ起業家)」の4種類があり、自動車、エレクトロニクス、観光、農業・バイオテクノロジー...[記事全文]

2018.01.16 NEW
ジョホール州に国内最大の屋内型テーマパークが誕生へ、年内にも開業

シンガポールの不動産開発会社Capital World Limitedは15日、マレーシア南部ジョホール州に国内最大の屋内型テーマパーク「Capital City」を年内にも開業すると発表した。同施設にはショッピングモールのほか、「ヒルトン・ガーデンイン」ブランドのホテル(315...[記事全文]

2018.01.15
プノンペン郊外に新国際空港を建設へ、観光客の増加に対応

カンボジア政府は、首都プノンペン郊外のカンダル州タカマオ市にある2600ヘクタールの敷地に、新たな国際空港を建設すると発表した。投資額は15億ドル(約1,650億円)程度を想定しており、空港の規模としては世界遺産アンコールワット近くのシェムリアップ国際空港と同等を見込んでいる。 ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年11月14日