海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.11.14
全日空商事、チャンギ空港に日本食フードコートを開業

ANAグループの総合商社である全日空商事は14日、シンガポールのチャンギ空港第2ターミナル3階に日本食のフードコード「ジャパン・グルメ・ホール・ソラ」を開業する。同空港で最大規模となる店舗面積約721m2のフードコートには、日系飲食店6店舗と日本酒バーが出店し、座席は約300席が設けられる。全日空商事が同様のフードコートを日本国外の空港に開業するのは初。

出店したのは、和風イタリアン「ジャポリ・キッチン」、お好み焼き「鶴橋風月」、鶏ラーメン「麺屋武一」、海鮮丼「黒鮪」、「天丼琥珀」、「東京純豆腐(スンドゥブ)」の6店。


関連記事

2018.04.17
シンガポールの超高級コンド取引が活発化、海外資本が注目

シンガポールの都市再開発庁(URA)によると、2018年1~4月に1,000万Sドル(約8億1,700万円)超で取引されたコンドミニアムが、前年同期比2倍の20戸となった。海外市場の成長が鈍化する中、近年軟調が続き比較的割安感が出ていたシンガポールの物件購入を狙う海外投資家が増え...[記事全文]

2018.04.16
シンガポールが金融正常化にカジ、6年ぶりの引き締めへ

シンガポール金融通貨庁(MAS)は13日、6年ぶりに金融政策を引き締め方向に変更することを発表した。同日発表された2018年1~3月期の実質GDP成長率が前年同期比4.3%増となるなど、国内経済の堅調な成長が続いていることを政策変更の要因に挙げている。MASは政策金利変更の代わり...[記事全文]

2018.04.11
イノベーション環境が整った国、シンガポールがアジアで唯一の選出

米民生技術協会(CTA)は、世界38ヵ国と欧州連合(EU)を対象に技術革新(イノベーション)を推進する環境を評価し、上位13ヵ国を「イノベーション・チャンピオン」として選出。シンガポールは総合評価は2.921点で6位にランクインし、アジア勢で唯一「イノベーション・チャンピオン」に...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年11月14日