海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.12.07
カンボジアの行政都市開発エリアに高さ600mの超高層ビル建設へ

カンボジア建設省は、同国の首都プノンペン郊外で進められる行政都市開発プロジェクト「サムデク・テチョ・フン・セン・ドラゴンシティー」の一環として、高さ600mに上る超高層ビルの建設を検討していることを明らかにした。同ビルの建設が実現すれば、東南アジアで最高層のビルとなる見通し。

トンレサップ川東岸の南部カンダル州と南東部コンポンチャム州の境界付近に誕生予定のドラゴンシティーは、1万5,000ヘクタールの敷地に首相の私邸、各種政府機関が集積する行政地区、商業ビル、住居、娯楽施設などを建設する計画で、今回計画が浮上した超高層ビルにはフン・セン首相の執務室が設けられる予定だという。


関連記事

2017.12.05
プノンペン近郊の衛星都市計画、第4期開発がスタート

カンボジアの首都プノンペン北西部で衛星都市開発計画「グランド・プノンペン・インターナショナル・シティー(GPPIC)」が進む中、第4期開発の一環としてフラット式住宅など300戸の建設が今月2日に開始された。第4期開発では住宅のほか、プールや運動場、湖なども整備される予定だという。...[記事全文]

2017.11.28
比不動産大手アヤラランド、来年の投資額を1000億ペソに拡大

フィリピンの不動産開発大手アヤラ・ランド(ALI)は、需要が拡大する住宅を中心に新規プロジェクトの立ち上げが見込まれることから、来年の設備投資額が今年の880億ペソ(約1,932億円)を超える最大1,000億ペソにまで拡大する見通しであることを明らかにした。同社は国内景気が拡大す...[記事全文]

2017.11.28
星不動産大手ケッペルランド、バンコクで高級コンド開発へ

シンガポールの不動産開発大手ケッペル・ランドは23日、タイの同業KPNランドと合弁会社を設立し、バンコク中心部で2件の高級コンドミニアム開発プロジェクトを手掛けると発表した。ケッペル・ランドは、KPNランドなどが保有するバンコクのスクンビット通り沿いの2区画の用地を22億バーツ(...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年12月07日