海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2018.02.09
フィリピン中銀、27会合連続で政策金利を据え置き

フィリピン中央銀行は8日に開かれた金融政策決定会合で、翌日物借入金利(RRP)を3.0%、翌日物貸出金利(OLF)を3.5%、翌日物預金金利(ODF)を2.5%に据え置くことを決めた。政策金利の据え置きは2014年9月以来、27会合連続となる。

政府の税制改革や原油価格の上昇を背景に、1月の消費者物価指数(CPI)上昇率が4.0%と3年3ヵ月ぶりの高水準となったことから、市場の一部では今回の会合で利上げに踏み切るとの予想もあったが、中銀のエスペニリヤ総裁は「物価上昇は緩やかで政府目標(2~4%)の範囲内に収まるとみている」と政策維持の理由を語っている。


関連記事

2018.02.23 NEW
比グローバルシティの高級コンド価格が高騰、主要地区で最高

フィリピンのLeechiu Property Consultantsによると、マニラ首都圏ボニファシオ・グローバルシティ(BGC)の高級コンドミニアムの販売価格(1m2当たり)は、最低15万9,125ペソ(約32万7,790円)、最高で30万2,588ペソとなり、主要ビジネス地区...[記事全文]

2018.02.20 NEW
アジア太平洋地域の不動産取引額、17年は過去最高

米調査会社リアル・キャピタル・アナリスティクス(RCA)によると、アジア太平洋地域における2017年の不動産取引額は前年比6%増の1,575億ドル(約16兆8,000億円)となり、15年に記録した過去最高を更新した。物件種別ごとにみると、コンドミニアムなど集合住宅取引が57%増の...[記事全文]

2018.02.20 NEW
シンガポール、2021~25年までに消費税を9%に引き上げへ

シンガポールのヘン・スイキャット財務相は19日、2018年度予算案で、消費税に相当する物品サービス税(GST)の税率を、2021~25年のいずれかの時点で2ポイント引き上げて9%とする方針を明らかにした。GSTの税率引き上げは、2007年に5%から7%に上げて以来となる。 ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2018年02月09日