海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2018.02.13
セカンドリンク、13日から通行料を最大82%引き下げ

マレーシア政府はこのほど、同国ジョホール州とシンガポールを結ぶ第二連絡橋「セカンドリンク」の通行料を、13日から引き下げる方針を明らかにした。ピーク時間外の午前10時~午後3時と午後11時~翌午前5時に新料金が適用される見通しで、これにより二輪車を除く全車種の通行料が最大82%安くなるという。

値下げ後の新料金は、乗用車が4リンギ(現在7.5リンギ)、タクシーが3リンギ(同5.7リンギ)、バスが4.5リンギ(9.1リンギ)、商用車はバンなどクラス2が4.5リンギ(同17.1リンギ)、大型トラックなどクラス3が6.1リンギ(同34.3リンギ)となる。

現在、ジョホール州とシンガポールの間にはセカンドリンク以外に、ジョホールバル市街地から延びる連絡橋「コーズウェイ」が通っているが、慢性的に厳しい渋滞が続いていることから料金引き下げによって混雑を分散させたい狙いで、政府は今回の措置でコーズウェイを利用する商用車数を40%削減できるとしている。


関連記事

2018.05.25 NEW
イオンモールのカンボジア2号店、プノンペン郊外に30日開業

イオンモールは今月30日、カンボジアの首都プノンペン北部で再開発が進む「Pong Peay City」内に、国内2号店となる「イオンモール・センソック・シティ」をオープンする。敷地面積は10万m2、延べ床面積は18万m2で、イオンモールが海外で運営する商業施設としては最大規模にな...[記事全文]

2018.05.24 NEW
ドンキホーテ、東南ア向け新業態のシンガポール2号店を6月オープン

ディスカウントストア大手ドン・キホーテグループの海外事業持株会社Pan Pacific International Holdings Pte. Ltd.は、東南アジア向けの新業態「DON DON DONKI」のシンガポール2号店を、6月14日に中心部の商業施設「100AM」内でオ...[記事全文]

2018.05.18
18年第1四半期のマレーシアGDP成長率は5.4%、内需と輸出が貢献

マレーシア中央銀行が発表した2018年1~3月期(第1四半期)の実質GDP成長率は、前年同期比5.4%だった。民間支出が同5.2%増となるなど、内需が引き続き堅調だったほか、純輸出が同62.4%と大幅に回復したことが下支えとなった。産業別の成長率では、GDP全体の約半分を占めるサ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2018年02月13日