海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2018.03.13
フィリピンのFDI純流入が過去最高、成長性が投資呼びこむ

フィリピン中央銀行によると、2017年の外国直接投資(FDI)の流入額(引き揚げ分を差し引いたネットベース)が100億4,900万ドル(約1兆672億円)となり、過去最高を記録した。成長性を見込んだ海外からの投資が堅調で、株式資本の流入が前年比21.4%増の82億8,000万ドルと拡大した。

国・地域別では、オランダ、シンガポール、米国、日本、香港が上位となり、業種別ではガス・蒸気・空調供給、製造、不動産、建設、卸売り・小売りへの投資が目立った。


関連記事

2018.06.21 NEW
フィリピン中央銀行、2会合連続で利上げを決定

フィリピン中央銀行は20日に開いた金融政策決定会合で、政策金利を25ベーシスポイント引き上げることを決定した。利上げの決定は2会合連続で、これにより翌日物借入金利(RRP)が3.25%から3.50%、翌日物貸出金利(OLF)が3.75%から4.00%、翌日物預金金利(ODF)が2...[記事全文]

2018.06.19 NEW
4月の在外フィリピン人送金額は12.7%増の23.4億ドル

フィリピン中央銀行によると、4月のフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)を含む在外フィリピン人からの送金額(銀行経由のみ)は、前年同月比12.7%増の23億4,700万ドルとなった。内訳をみると、家政婦など陸上就労者からの送金額が15.1%増、船員など海上就労者からの送金額が4....[記事全文]

2018.06.19 NEW
ADBとJICA、マニラ南北通勤鉄道の延伸事業に協調融資を検討

アジア開発銀行(ADB)は、日本政府が円借款を供与する方針を示しているマニラ首都圏の南北通勤鉄道(マニラ市トゥトゥバン~ブラカン州マロロス)の南北延伸事業に、国際強力機構(JICA)との協調融資を検討していることを明らかにした。 ADBのケリー・バード・フィリピン担当カント...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2018年03月13日