海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2018.05.07
シンガポールでホテルが不足、観光客増に供給追い付かず

米不動産サービス大手コリアーズ・インターナショナルは、今年の訪シンガポール外国人観光客数が1,810万人と過去最高を記録する見通しであるなど、観光客の増加が続いている中、同国のホテル不足を指摘した上で、今後さらなる供給が不可欠との認識を示した。

コリアーズによると、シンガポールのホテル客室増加数は16年が2,567室、17年が3,400室と増勢が続いているものの、2011年以降、需要が供給を上回る状況が続いており、ピーク時のホテル稼働率はほぼ100%に達している状態だという。ホテルの新規供給は今年が628室、来年は1,300室にとどまる見通しで、中・低価格帯を中心に客室が不足すると見ている。


関連記事

2018.05.25 NEW
バンコクのコンド価格上昇率、トンロー地区が過去5年で最大

タイの不動産コンサルタント会社「Nexus Property Marketing Co.」の調査によると、過去5年間でトンロー地区とスクンビット・ソイ39のコンドミニアム価格は、1m2当たり183,000バーツから255,000バーツへと40%上昇し、バンコクで最大の伸び率を示し...[記事全文]

2018.05.24 NEW
ドンキホーテ、東南ア向け新業態のシンガポール2号店を6月オープン

ディスカウントストア大手ドン・キホーテグループの海外事業持株会社Pan Pacific International Holdings Pte. Ltd.は、東南アジア向けの新業態「DON DON DONKI」のシンガポール2号店を、6月14日に中心部の商業施設「100AM」内でオ...[記事全文]

2018.05.21
フィリピン不動産市場、チャイナマネーの流入が活発化

世界的な不動産サービス会社コリアーズ・インターナショナルは、中国政府が提唱するアジアと欧州をつなぐ広域経済圏構想「一帯一路」(現代版シルクロード構想)を背景に、フィリピン不動産市場へのチャイナマネーの流入が活発化しているとの見解を示した。同社のレポートによると、昨年のマニラ首都圏...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2018年05月07日