海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2018.06.05
セブ空港の第2ターミナルが7月開業、旅客処理能力は2.8倍に

フィリピン中部のセブ州にあるマクタン・セブ国際空港(MCIA)の第2ターミナルが、7月1日にオープンすることが明らかとなった。セブでは空港インフラの整備の遅れが課題となっていたが、新ターミナルの誕生によって、同空港の旅客処理能力は年間450万人から同1,250万人へと大幅に増強されることとなり、観光客誘致を加速させることが期待されている。新ターミナルの誕生により、マクタンセブ国際空港は、マニラ首都圏のニノイ・アキノ国際空港(NAIA)の3,100万人に次ぐ、国内2番目の規模の空港となる。

第2ターミナルは3階建てで、延べ床面積は6万5,500m2。グルーラムと呼ばれる木材を階層状に重ね接着させた素材を、波のうねりを思わせる曲線的に加工したセブ伝統のグルーラム・アーチの屋根が特徴で、これにより高い天上高(26m)と柱がほとんどない環境を実現しており、空調の必要性を極力減らした空気循環効率の高い施設となっている。


関連記事

2018.06.21 NEW
フィリピン中央銀行、2会合連続で利上げを決定

フィリピン中央銀行は20日に開いた金融政策決定会合で、政策金利を25ベーシスポイント引き上げることを決定した。利上げの決定は2会合連続で、これにより翌日物借入金利(RRP)が3.25%から3.50%、翌日物貸出金利(OLF)が3.75%から4.00%、翌日物預金金利(ODF)が2...[記事全文]

2018.06.21 NEW
スワンナプーム国際空港、2021年にも第2ターミナルを開設へ

タイ国営の空港運営企業エアポーツ・オブ・タイランド(AOT)は20日の理事会で、バンコク郊外にあるスワンナプーム国際空港に第2ターミナルを建設するための、約420億バーツの投資予算を承認した。第2ターミナルは2021年の完成見込んでおり、完成後の旅客処理能力は現在の年6,000万...[記事全文]

2018.06.19 NEW
4月の在外フィリピン人送金額は12.7%増の23.4億ドル

フィリピン中央銀行によると、4月のフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)を含む在外フィリピン人からの送金額(銀行経由のみ)は、前年同月比12.7%増の23億4,700万ドルとなった。内訳をみると、家政婦など陸上就労者からの送金額が15.1%増、船員など海上就労者からの送金額が4....[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2018年06月05日