海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2018.06.08
QS世界大学ランキング、シンガポール国立大が2年ぶりにアジア首位

世界的な大学評価機関である英クアクアレリ・シモンズ(QS)が7日に発表した2019年版の世界大学ランキングで、シンガポール国立大学(NUS)が世界11位に入り、2年ぶりにアジア最高位となった。

アジアのトップ5にはこの他、シンガポールの南洋工科大学(世界12位)、中国の清華大学(同17位)、東京大学(同23位)、香港大学(同25位)がランクイン。また、世界全体ではマサチューセッツ工科大学(米国)が7年連続で首位となり、以下、スタンフォード大学(米国)、ハーバード大学(米国)、カリフォルニア工科大学(米国)、オックスフォード大学(英国)と続くなど、トップ10を欧米の大学が独占した。

同ランキングは各大学を「学術的評価」「企業からの評価」「教員と学生の比率」「教員1人当たりの論文引用数」「留学生数」「外国人教員数」の6項目で評価している。


関連記事

2018.06.21 NEW
スワンナプーム国際空港、2021年にも第2ターミナルを開設へ

タイ国営の空港運営企業エアポーツ・オブ・タイランド(AOT)は20日の理事会で、バンコク郊外にあるスワンナプーム国際空港に第2ターミナルを建設するための、約420億バーツの投資予算を承認した。第2ターミナルは2021年の完成見込んでおり、完成後の旅客処理能力は現在の年6,000万...[記事全文]

2018.06.19 NEW
ADBとJICA、マニラ南北通勤鉄道の延伸事業に協調融資を検討

アジア開発銀行(ADB)は、日本政府が円借款を供与する方針を示しているマニラ首都圏の南北通勤鉄道(マニラ市トゥトゥバン~ブラカン州マロロス)の南北延伸事業に、国際強力機構(JICA)との協調融資を検討していることを明らかにした。 ADBのケリー・バード・フィリピン担当カント...[記事全文]

2018.06.05
セブ空港の第2ターミナルが7月開業、旅客処理能力は2.8倍に

フィリピン中部のセブ州にあるマクタン・セブ国際空港(MCIA)の第2ターミナルが、7月1日にオープンすることが明らかとなった。セブでは空港インフラの整備の遅れが課題となっていたが、新ターミナルの誕生によって、同空港の旅客処理能力は年間450万人から同1,250万人へと大幅に増強さ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2018年06月08日