海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

【ハワイ不動産】ホテルコンド特集

TOP ハワイ拠点 おすすめ 物件検索 ホテルコンド テーマ別 エリア紹介 購入・売却 ハワイ情報

ハワイ不動産 ホテルコンド

世界屈指のリゾート地である楽園ハワイ。特に日本人にも人気が高く、世界中からの観光客が多く滞在するオアフ島ワイキキには通常のコンドミニアムだけではなく、自己利用しない時はホテルとして貸出できるコンドミニアム、通称ホテルコンド(又はコンドテル)と呼ばれる物件も多くあります。ホテルコンドは、自己利用、キャピタルゲイン、インカムゲインをまとめて享受できる魅力的な不動産として注目を集めています。

ハワイが大好きで、年に数回訪れるものの一度に長期間は滞在されない方や、管理の手間をなるべく掛けず、ハワイに別荘・セカンドハウスを所有されたい方にとって、ホテルコンドは特にオススメの不動産です。

ホテルコンドとは?

ホテルコンドは、簡単に言えば表向きホテルとして運営されているコンドミニアムで、ハワイはその発祥の地と言われています。通常時には運営会社に委託し、一般的なホテルとして観光客に合法的に短期貸し(バケーションレンタル)を行い、賃貸(宿泊)収入を得ることが可能で、ご自身のハワイ滞在時には別荘として利用できます。日本では「分譲ホテル」とも呼ばれるカテゴリーになります。
通常のコンドミニアムは賃貸契約期間が最低30日以上と定められていますが、ホテルコンドは宿泊客に1日単位で貸し出すことが可能です。

ハワイ不動産 ホテルコンド部屋 ハワイ不動産 ホテルコンド・フロント

ホテルコンド購入のメリットは?

安定した賃貸収入

最大のメリットは、ハワイに別荘を所有できることに加え、ご自身が利用していない間は、ホテルとして貸し出されて賃貸収入を得られることにあります。ハワイでは合法的に短期バケーションレンタルを行える物件は限られているため、ハワイに滞在していない間に、一日単位で貸し出して宿泊料を得られるホテルコンドは人気があります。
つまり、ご自身が利用される場合は、宿泊費(清掃代等を除く)が掛からない一方、賃料収入によって管理費や固定資産税など所有に係る維持費を一部捻出したり、稼働率次第では収益を得ることも可能です。

2016年には、ハワイへの旅行者数(900万人弱)と旅行者の消費額が過去最高を記録。今後も増加することが予想されています。また、2016年の1泊あたりの平均宿泊料は$227.50 と全米の中でもトップクラスの宿泊料となり、ハワイのホテル業界全体も過去最高の収益を記録。2016年のオアフ島のホテル稼働率は1000室以上の新規供給があったにも関わらず、通年で84.2%を記録するなど、高い稼働率を毎年維持しており、一般的なホテルとして運用されるホテルコンドも安定的な稼働率・収入が期待できます。

不動産保有時の煩わしさが少ない

ホテルコンドはホテル運営会社がオペレーションを行っているため、通常のコンドミニアムの賃貸とは異なり、家賃滞納がなく、空室リスクが低くなります。運営会社が宿泊者の集客から部屋の管理・メンテナンス、ハウスキーピング、管理報告書の作成までを行ってくれるため、海外不動産が初めての方でも煩わしさが少ない利点もあります。
また、一般的なホテルコンドでは内装・家具・備品もホテル指定の物が購入時には含まれており、ご自身が希望する内装にすることはできませんが、改めて購入・手配する必要もありません。

コンドミニアムと同じ所有権

週単位で所有できる権利を有する「タイムシェア」とは異なり、ホテルコンドの所有権は通常のコンドミニアムと同じで、土地所有権付きの物件も多くあります。そのため、ハワイに別荘・セカンドハウスを所有されることに価値を見出す方にとって、所有権付きのホテルコンドはハワイ不動産保有という所有欲を満たすだけではなく、安心して購入できる不動産と言えます。

コンドミニアムと同じ資産価値

資産価値を持ちづらく、売却もしづらい「タイムシェア」の物件とは異なり、ホテルコンドは通常のコンドミニアムや一戸建てと同様の資産価値を持ち、一般の不動産として売買されており、好立地の著名ホテルコンドのユニットが売りに出された際は、直ぐに買い手がつくことも少なくないなど、売却もスムーズです。
特にワイキキのホテルコンドは、新規開発用地が少なく、ゾーニングによって土地の利用も制限されている中、不動産需要は旺盛で、築年数に左右されない安定した高い資産価値を誇っており、キャピタルゲインを得られる機会もあります。

減価償却

ハワイのホテルコンドを所有している場合でも、日本の居住者であれば、日本の税制では国内・海外の区別はなく、減価償却を活用することで、購入した不動産の建物部分を法律で定められた耐用年数で配分して、日本で費用計上することができます。
また、ハワイの場合、一般的に土地と建物の評価比率は「土地:建物=2:8」程度となり、償却可能額が大きいため、減価償却による節税効果は日本の物件と比べて非常に高くなります。特にワイキキには、1960年代、1970年代に建設されたホテルコンドが少なくない中、日本の法定耐用年数(ホテル用・鉄筋コンクリート造)の39年を超えた物件を購入すれば、日本において「7年間の加速度償却」を取ることが可能です。

ホテルコンド購入時に注意する点

利用したいときに利用できないケースも

運営会社に委託していれば、通常時はホテルとして運用されているため、ハワイご滞在時に宿泊される際には事前に予約する必要があり、繁忙期など、タイミングによってはご自分が所有されている部屋であっても利用できない可能性もあります。
また、部屋の所有者が宿泊できる日数に上限が設けられている物件もあるため、特に長期滞在を予定されている方は購入前に確認が必要です。

オーナーの所有物を保管しづらい

部屋の所有者であっても、通常時は一般的にホテルとして運用されているため、多くのホテルコンドでは、基本的にご自身の部屋に所有物を保管することができません。所有物を置かれたい方は、所有者専用エリアがある物件を選ばれるか、貸し倉庫などをご利用されるのが良いでしょう。

所有時の維持費が高い

ホテルコンドは、ホテル運営会社によって一般的なホテルとして運営されますが、運営会社側が徴収する運営費用は比較的高いと言えます。また、固定資産税も通常のコンドミニアムと比べて、高い税率が課されるなど、ホテルコンド所有時の維持費は安くはありません。

ただし、ホテルとしての稼働率が高ければ、宿泊収入がホテル運営費、管理費、固定資産税、保険料など物件所有時の維持費を上回って収益を得たり、維持費の多くを賄うことが可能です。収入をより増やすには、宿泊者にとっても魅力がある立地で稼働率が高く、名の知れたホテルコンドを購入することが重要です。

オススメのホテルコンド

Luana Waikiki(ルアナ ワイキキ)

ハワイ不動産 Luana Waikiki外観 ハワイ不動産 Luana Waikiki室内

売り出し中ユニット検索:⇒最新順⇒価格順

「Luana Waikiki(ルアナ ワイキキ)」は、ワイキキの喧騒を忘れさせてくれる緑豊かなビーチパーク「フォート・デ・ルッシー公園」に隣接した静かな住環境が広がる好立地に1971年に完成した、17階建て、全230戸、全室ラナイ付きの人気ホテルコンドです。
2004年には建物の改装が行われ、綺麗で清潔なユニットを維持しており、一部ユニットから緑豊かな公園の先にオーシャンビューが楽しめます。

Waikiki Shore(ワイキキ ショア)

ハワイ不動産 Waikiki Shore外観 ハワイ不動産 Waikiki Shore室内

売り出し中ユニット検索:⇒最新順⇒価格順

「Waikiki Shore(ワイキキ ショア)」は、ハワイを代表する景色が広がるワイキキビーチに面した希少性の高い一等地に1960年に完成した、15階建て、全168戸の人気ホテルコンドです。
オーシャンフロント唯一のコンドミニアムでもあり、希少価値は抜群。目の前には世界屈指のビーチ、隣接地には緑豊かなビーチパーク「フォート・デ・ルッシー公園」があり、部屋からはオーシャンビュー、パークビューが楽しめます。

Ilikai Marina(イリカイ マリーナ)

ハワイ不動産 Ilikai Marina外観 ハワイ不動産 Ilikai Marina室内

売り出し中ユニット検索:⇒最新順⇒価格順

「Ilikai Marina(イリカイ マリーナ)」は、美しい夕日を眺望できることで知られるワイキキ西端の「アラワイ・ヨットハーバー」に面し、落ち着いた雰囲気が広がるハーバーフロントという希少な好立地に1968年に完成した、18階建て、全261戸の人気ホテルコンドです。
ワイキキとアラモアナの間に位置し、比較的静かな環境を享受できる本物件の南向きユニットは全てがマリーナビューとなっており、全米ベストビーチにも選出されたことがある「デューク・カハナモクビーチ」まで徒歩数分の近距離とビーチアクセスも抜群です。

ブランド・ホテルコンド

The Ritz-Carlton Residences Waikiki Beach(ザ リッツカールトン レジデンス)

ハワイ不動産 Ritz-Carlton Residences外観 ハワイ不動産 Ritz-Carlton Residences室内

売り出し中ユニット検索:⇒最新順⇒価格順

「The Ritz-Carlton Residences Waikiki Beach(ザ リッツカールトン レジデンス)」は、世界屈指の美しいビーチリゾートが広がり、連日多くの観光客で賑わうワイキキ中心部の絶好ロケーションに、世界最高峰の5つ星高級ホテルブランド「リッツカールトン」の名を冠して2016年に完成した、タワー1(ウェストタワー)、38階建て、全308戸の高級ホテルコンドです。
オアフ島初の「リッツカールトン」として誕生した本物件は、全室がオーシャンビューという贅沢さです。

Trump Tower Waikiki(トランプタワー ワイキキ)

ハワイ不動産 Trump Tower Waikiki外観 ハワイ不動産 Trump Tower Waikiki室内

売り出し中ユニット検索:⇒最新順⇒価格順

「Trump Tower Waikiki(トランプタワー ワイキキ)」は、ワイキキビーチに近いレストランや高級ブティックなどが集うワイキキの人気エリア「ビーチウォーク地区」に、世界的なラグジュアリーブランド「トランプ」の5つ星ホテルとして2009年に完成した38階建て、全469戸の高級ホテルコンドです。
西側の部屋からは、隣接する緑豊かな「フォート・デ・ルッシー公園」のパークビューや、果てしなく広がる美しいハワイのオーシャンビューなど、広大な眺望を堪能できます。

物件視察ツアー&セミナー案内

ハワイ不動産 物件視察ツアー ハワイ不動産 物件視察ツアー02

ハワイ不動産の物件視察・通訳などのサポートは、日本語が堪能なディワイト D . サイネン(Dwight D. Synan)をはじめとする経験豊富な現地スタッフが丁寧に対応させて頂きます。
お客様のご要望に合わせた物件視察コースを設定し、周辺の環境も含めてじっくりご案内いたします。

只今、2017年9月末までのハワイ物件視察ツアー参加者に、ハワイの大人気コスメ「PUNA NONI」や「SoHa Living」のトートバックなど、現地スタッフが厳選した特製パッケージをプレゼントするキャンペーンを実施中です。
参加費は無料ですので、物件視察ツアー予約ページより日程をご選択の上、お気軽にお申込ください。

ハワイ不動産 物件視察ツアー特典

また、東京・帝国ホテルタワー−店舗では、ハワイ不動産の基本情報から人気の理由、主要エリア・特選物件の紹介までを網羅したセミナー(参加無料)も定期的に開催しておりますので、お気軽にご参加ください。

個別説明会のご予約も随時承っております。
お問い合わせ用Webフォーム又はフリーダイヤル(0120-978-055)にてご来店希望日時をお知らせ頂いた上、お気軽にご来店ください。(日祝を除く毎日10:00~19:00 ※完全予約制)
物件視察ツアーのご予約もお気軽にお問い合わせください。