海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

売買物件[物件詳細情報]

シンガポール クラモント レジデンス( Clermont Residence )

(写真01)
種別 コンドミニアム (2016年完成予定)
国/エリア シンガポール / CBD周辺
開発会社 GuocoLand Group
所在地 3, Wallich Street
基本情報 総戸数181戸 (64階建て)
タイプ 間取り 参考価格 専有面積 お気に入りに追加
タイプA 1Bed 17,941万円 (2,196,000SGD) 57㎡ お気に入りに追加
タイプB 2Bed 24,412万円 (2,988,000SGD) 80㎡ お気に入りに追加
タイプC 3Bed 31,888万円 (3,903,000SGD) 102㎡ お気に入りに追加

※ユニット価格は階数、諸条件などにより上下します。詳細はお問い合わせください。


設備・条件 病院近い、プール、ジム、ジャグジー、BBQエリア、展望デッキ、図書室、屋上庭園、先行販売、アウトドアエクササイズ、スチームルーム、カジュアルダイニング、グルメダイニング、シアタールーム
コメント

◆世界的建築事務所が設計を手掛ける、国内最高層の超高級レジデンス。
◇MRT駅直結の好立地、ビジネス中心地までも軽快アクセス。
◆古き良き街並みを生かしたお洒落なお店が軒を連ねる人気エリア。

「Clermont Residence(クラモント レジデンス)」は、シンガポール経済の中心地「ラッフルズ プレイス」から直線約900m、MRTイーストウェスト線「タンジョン パガー駅」を足元に収める絶好のロケーションで開発が進む、シンガポール国内No.1の高さを誇る超高層複合開発ビル「タンジョン パガー センター(64階建て/290m)」の上層部に、2016年誕生予定、全181邸の超高級タワーレジデンス(超高級タワーマンション)です。
本複合開発ビル内には、飲食店等の入居が想定されるリテールスペース、高級オフィス、高級ホテルなどが入居する予定となっています。

本物件の開発を手掛けるのは、シンガポール証券取引所に上場する大手デベロッパー「グオコ ランド」。また、設計は世界最高層のビルとして名高いドバイの「ブルジュ ハリファ(828m)」、全米最高層ビル「ワン ワールドトレードセンター(541m)」などを手掛けたことで知られる、アメリカ最大級の建築設計事務所「スキッドモア オーウィングズ&メリル」が担当しています。日本でも「東京ミッドタウン(248m)」の設計を手掛けるなど、世界各国でランドマークとなる超高層ビルの建築に携わってきた世界的な事務所であり、“国内最高層”という唯一無二の付加価値を持つ「クラモント レジデンス」も、シンガポールの新たなランドマークとなることが期待されています。

本物件の周辺は、古くからの街並みを上手く生かしたお洒落なカフェやレストランが建ち並んでいることから、近隣で働く欧米人も多く訪れる人気エリアとなっています。また、本物件と地下で直結するMRT駅からは、商業施設や飲食店も多い「ラッフルズ プレイス」まで僅か1駅であるなど、生活利便性に恵まれた周辺環境を備えています。

今なら最大10%の割引キャンペーン実施中です。
ご興味をお持ちの方は、是非お早めにお問い合わせください。

  • (写真02)
  • (写真03)
  • (写真04)
  • (写真05)